2014年12月01日

魚市場は実録路線天国

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 3トン、ハガツオ 730キロ
       イナダ 1.8トン、アジ 200キロ
       サバフグ 750キロ、マルソウダ 240キロ
       ウルメイワシ 150キロ、小サバ 1.2トン
       ヒラソウダ 150キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 750キロ、小サバ 400キロ
       サバフグ 630キロ
「原辰」定置:サバ 200キロ、サバフグ 100キロ
「江の安」定:サバ 480キロ ほか
「二宮」定置:アジ 280キロ、サバ 400キロ
       サバフグ 570キロ、小サバ 350キロ
       アカカマス 140キロ
「福浦」定置:イナダ 380キロ、カワハギ 90キロ
「大磯」定置:小サバ 830キロ、サバフグ 180キロ
       アジ 90キロ、サバ 80キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 1.1トン、サバフグ 150キロ
       マンボウ 100キロ
「西伊豆釣」:釣ヤリイカ 80キロ
「熱海丸網」:アカカマス 100キロ
「川奈杉本」:イナダ 220キロ、メアジ 430キロ
       メジナ 100キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:サバフグ 180キロ

今朝の網には「サバ」、そして「サバフグ」、さらに「イナダ」に「ハガツオ」云々。う〜ん。
「サバ」の中には「マサバ」が多めでお得気分。「マッサン」の人気は相変わらず。そして「サバフグ」は大きめ主体で得した気分。「サバフグ」喰うなら唐揚げもいいけど、やっぱり鍋よ〜鍋、鍋。おまけに「イナダ」と「ハガツオ」は量減り気味でお値段プレミアム化の得々気分。ええじゃないかで、ニッカニカ。
それにしたって最後じゃけん言うとったるがの、狙われるもんより狙うもんのほうが強いんじゃ。そがな考えしとると隙ができるど。シビレル〜。

今日のヒラメ・・・ 110枚
posted by にゃー at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする