2014年12月04日

魚市場の下がりボンボン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 170キロ、サバフグ 250キロ
       ヒラソウダ 160キロ、アジ 70キロ
       ヤマトカマス 100キロ、サバ 70キロ
「石橋」定置:アジ 440キロ、小サバ 4.1トン
       サバ 3.6トン、アカカマス 470キロ
       ヤマトカマス 100キロ、ハガツオ 130キロ
       サバフグ 360キロ、イナダ 90キロ
「 岩 」定置:カワハギ、サバフグ ほか
「原辰」定置:カワハギ 190キロ ほか
「江の安」定:サバ 730キロ、ハガツオ 100キロ
       ウルメイワシ 100キロ、小サバ 70キロ
「二宮」定置:アジ 220キロ、サバ 450キロ
       サバフグ 520キロ、アカカマス 160キロ
       カワハギ 110キロ、イナダ 80キロ
       小サバ 180キロ、イボダイ 60キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバフグ 100キロ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メアジ 600キロ、メジナ 160キロ
       ヒラスズキ 80キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:サバフグ 50キロ

晴れ男がいれば、雨女もいる。妖怪ウオッチの話ではない。港には大漁男、貧漁男がいるとかいないとか。
今朝は休み明けの「石橋」定置、「二宮」定置、「江の安」定置が奮闘してくれたものの、大漁を続けていた「米神」定置が一気の減量。理由は定かではないが、連日の寒波と強風が影響したとすれば、明日の漁獲も微妙な情勢?早速、大漁男を探しに行かなければ。
明日は今だ休漁を続けている「福浦」定置の漁再開に期待を込めるとして、明日の水揚げ次第では噂に聞こえる”冬枯れ”が現実のものとなるかもしれません。
週末にかけて魚のご入り用のある方は、早めの手当をオススメします。

今日のヒラメ・・・ 104枚
posted by にゃー at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする