魚体中骨抜き器販売中

2014年12月12日

あ、うちの魚市場だけど

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 250キロ、サバ 430キロ
       ハガツオ 210キロ、アカヤガラ 110キロ
       アカカマス 100キロ、アジ 50キロ
「石橋」定置:イナダ 370キロ、サバ 1.5トン
       ハガツオ 1.3トン、アカヤガラ 90キロ
「 岩 」定置:サバ 130キロ、イシダイ 140キロ
「原辰」定置:サバ 50キロ ほか
「江の安」定:サバ 90キロ ほか
「二宮」定置:サバ 90キロ、アジ 25キロ
「福浦」定置:イナダ 580キロ、ショウゴ 80キロ
       イシダイ 75キロ、アカヤガラ 70キロ
「大磯」定置:アジ、アカカマス ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 100キロ、サバ 1トン
       スルメイカ 140キロ
「川奈杉本」:メアジ 680キロ ほか
「西伊豆釣」:釣ヤリイカ 120キロ
「伊東釣船」:アカカマス 150キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 160キロ

そりゃあ水揚げした(普通の大きさの)魚を氷水の中でなく、そのまま裸でセリ場に置いておいたら買う方は不快に感じるでしょう。だからといって船をUターンさせることはないですけどね。
そりゃあ獲れた魚がセリ場に並んで、その箱の中に虫が入っていたとしても、私は一切驚きません。定置網には下着も入れば、ゴミも一緒に獲れてしまいます。
そりゃあ青酸の入手ルートさえ分かれば、大したことない事件なのだが、うちのフグ加工施設に全く問題ございません。毒物一切扱っておりませんので。
そりゃあ今朝一本しか獲れていない「ブリ(福浦定置入網)」ならともかく、何万本も獲れた「サバ」が痩せていたからって全部リコールだなんて、そんなことしたら定置網はおろか、魚市場までもつぶれてしまいます。
一晩待てば、明日も獲れます。獲れますとも。そう思わなくて布団に入るようでは、この仕事は勤まりません。

今日のヒラメ・・・ 54枚
posted by にゃー at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする