魚体中骨抜き器販売中

2014年12月13日

博奕打ち早朝魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 770キロ、サバ 770キロ
       ウルメイワシ 190キロ
「石橋」定置:サバ 930キロ、イナダ 350キロ
       ハガツオ 130キロ、アカカマス 110キロ
       ショウゴ 50キロ
「 岩 」定置:サバ 480キロ、ハガツオ 170キロ
「原辰」定置:サバ 140キロ ほか
「江の安」定:サバ 270キロ、イシダイ 60キロ
「二宮」定置:サバ 80キロ、イシダイ 40キロ
「福浦」定置:サバ 200キロ、ウルメイワシ 50キロ
「大磯」定置:メアジ、サバ ほか

 伊豆方面からは、
「伊東釣船」:アカカマス 250キロ
「熱海丸網」:アカカマス 100キロ
「西伊豆釣」:釣ヤリイカ 100キロ
「川奈杉本」:メアジ 290キロ、ウスバハギ 60キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 160キロ ほか
「国府津船」:生シラス 30キロ

全体的なボリューム(投票率)ダウンを否定することは出来ず、網の内容も「サバ」のミックスが中心。
あっさりと魚市場水揚げの過半数を確保した。続く漁獲には以前に中心を占めていた「イナダ」や今週急増の「アカカマス」、「アカヤガラ」、赤身が美味しい「ハガツオ」などが第三勢力として台頭した。
注目の別名・維新の鯛、「イシダイ」も獲れてはいたが、週の終盤に来て数を減らした模様。
そして明日の朝は「ヒラメ」の様な公平な視点を持って、丁半選挙に行くこととする。

今日のヒラメ・・・ 139枚
posted by にゃー at 13:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする