魚体中骨抜き器販売中

2014年12月22日

東京駅も見習う魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:スルメイカ 330キロ、アオリイカ 150キロ
       カワハギ 160キロ、アカカマス 250キロ
       ホウボウ 150キロ
「石橋」定置:マルソウダ 560キロ、サバ 380キロ
       アカカマス 390キロ、スルメイカ 130キロ
       ホウボウ 140キロ、アオリイカ 130キロ
       ウルメ 100キロ、カタクチイワシ 220キロ
       カワハギ 160キロ、ショウゴ 60キロ
「 岩 」定置:メジナ 200キロ、カタクチイワシ 110キロ
       アオリイカ 70キロ、カワハギ 70キロ
「原辰」定置:活カワハギ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イシダイ 130キロ
「福浦」定置:カタクチイワシ 900キロ、ウルメ 170キロ
「大磯」定置:ウルメイワシ、アカカマス ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 250キロ、アオリイカ 90キロ
「網代定置」:スルメイカ 570キロ
「富戸定置」:スルメイカ 820キロ ほか
「赤沢定置」:アオリイカ 80キロ、サバ 270キロ
「伊東釣船」:アカカマス 200キロ
「西伊豆釣」:活ヤリイカ 200キロ
「沼津釣船」:モクズガニ 25キロ
「熱海丸網」:アカカマス 180キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 480キロ ほか

休み明けの天皇誕生日前日、クリスマス前にして冬休み前で、年末直前にしてボーナス後。
20141222_21que.jpgこれ以上無い好条件が揃った本日。買受人の大量仕入れに備えて地元定置と伊豆方面から「スルメイカ」が大量入荷。まるまる太った「スルメイカ」は、日本人が大好きな味。
東京駅の「スイカ」は限定販売で大混乱を招いたが、こちらの「ス(ルメ)イカ」は希望者全員に行き渡る入荷量で準備万端。セリという名の手続き踏めば、千客万来、手を挙げた順に行き渡り、全員笑顔で帰途につきました。

今日のヒラメ・・・ 280枚
posted by にゃー at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする