2018_fespos.jpg

2014年12月25日

いきなり魚市場純白伝説

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:タチウオ 500キロ、サバ 410キロ
「石橋」定置:ブリ 50キロ(7本)サバ 250キロ
       アカカマス 120キロ、小サバ 170キロ
       ホウボウ 70キロ、サバフグ 70キロ
「 岩 」定置:サバ 300キロ、サバフグ 60キロ
       小サバ 50キロ
「原辰」定置:サバ、サバフグ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 200キロ、マルアジ 100キロ
       小サバ 120キロ、アカカマス 50キロ
「福浦」定置:イナダ 170キロ、カワハギ 120キロ
       ショウゴ 80キロ
「大磯」定置:ウルメイワシ、タチウオ ほか

 伊豆方面からは、
「赤沢定置」:スルメイカ 190キロ、アオリイカ 100キロ
「川奈杉本」:ヤリイカ、ヒラスズキ ほか
「伊東釣船」:アカカマス 80キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 90キロ

小田原 ・・・(素潜)マナマコ  160キロ

20141225_tachiuo.JPG稀代の天才ピアニスト、ドン・プーレンの誕生日。真夜中の火球が一筋、海に落ちて「タチウオ」となったかのように「米神」定置で獲れました。お陰で今朝の市場はホワイトクリスマス。
今年は一体、どのような年として記憶されるのだろうか。
「ハガツオ(ホウサン)」が多かった年として記憶されるのだろうか?私も魚市場の記憶に残る男になりたいものだ。
魚市場の昔話で現れるのは、威勢の良さそのままに手鈎でぶん殴られた男や岸壁で小便をして、そのまま海に落ちた男、自転車で岸壁を走りながら海に落ちた男、凍った岸壁に足を滑らせて海に落ちた男、さらにはセリをして大声を張り上げたと思ったらあごが外れた男やけんかで包丁を持ちだして、切りつけられた男。はかりを海に落として、そのまま素潜りで取りに行った男等々。
実に様々な伝説が語り継がれる魚市場にあって、これらの栄誉に名を列することは・・・歴史的チャレンジにはならないか。

今日のヒラメ・・・ 212枚
posted by にゃー at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする