2018_fespos.jpg

2014年12月28日

日本の表裏と魚市場の表裏

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 130キロ、サバ 110キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 130キロ、サバ 110キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 150キロ ほか
「原辰」定置:ショウゴ、サバ ほか
「江の安」定:サバ 50キロ ほか
「二宮」定置:カタクチイワシ、サバ ほか
「福浦」定置:イナダ、ショウゴ ほか
「大磯」定置:ウルメイワシ ほか

 伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ 1.4トン(150本)
「北川定置」:スルメイワシ 500キロ

20141228_ajiroburi.jpgちなみに今朝の氷見は、1780本。こちら小田原は、150本。それも網代の定置網で獲れたものばかり。網代では200本あまりの水揚げがあったと聞く。
う〜む。この差はなんだろう。日本海側を回る「ブリ」と太平洋側を回ってくる「ブリ」。
食べてどれほどの差があるのだろうか。どちらも美味しい「ブリ」に違いないに決まっている。
その差が分かる男になりた・・・俺はいいや。

今日のヒラメ・・・ 232枚
posted by にゃー at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする