2015年02月23日

ヒレグロメヌケ

20150209_hireguro1.JPG
正体不明の紅い魚


釣ってきたのは「オシツケ(アブラボウズ)」漁師として名高い名門”辰清丸(根府川)”。

「オシツケ」の外道として釣れた魚だが、いつもの「アコウダイ」や「メヌケ(オオサガ)」と何かが違う。
妙に朱色がかった体色とザラッとした鱗の手触りが示すとおり、明らかに知った魚ではない雰囲気を纏っている。

ではいったい何者だ、コイツは・・・。

セリ場に並んでから早2週間。迷宮入り仕掛けた時、水産技術センター相模湾試験場普及指導員N氏より、どうやらあれは「ヒレグロメヌケ」だったと言うことを聞きました。
サイトで確認すると、神奈川県立生命の星・地球博物館の学芸員さんのお墨付きもあるとの事で、なるほど説得力が違います。納得の大発見だったようだ。

20150209_hireguro2.JPGこないだアラスカで獲れた「ヒレグロメヌケ」が、推定年齢200歳とも言われ(実際は耳石の調査で約64歳と言う事が判明)話題を集めていたが、この個体も岩手県以北と言われた分布域を大きく南下更新し、貴重な記録として残る事だろう。
とはいえ深海に棲む魚は目に触れる事が少ないので、単純に調査されるサンプル数が少ないというだけの話かもしれません。
posted by にゃー at 10:07| Comment(1) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

分散投資型魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 320キロ、スルメイカ 40キロ
「石橋」定置:アジ 130キロ、カタクチイワシ 70キロ
「 岩 」定置:活イシダイ 100キロ、アジ 60キロ
       スルメイカ 60キロ
「原辰」定置:活ヒラメ、カワハギ ほか
「江の安」定:サバ、ホウボウ ほか
「二宮」定置:活ヒラメ、ホウボウ ほか
「福浦」定置:ブリ 100キロ(14本)、サバ 710キロ
       スズキ 60キロ
「大磯」定置:サバ 120キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 90キロ ほか
「土肥釣船」:キビナゴ 110キロ

小田原  ・・・ (素潜)ワカメ 250キロ

毎日、何が獲れるか分らない定置網。漁の多少も大きく変化するこの季節は、近海はもちろん神奈川県全域から伊豆半島に至るまでの小田原を中心とした海域から水揚げ品を中心に荷を集め、販売する魚を確保します。
当然、全体的に水揚げが少ないこの時期ですから集めるのにも苦労しますが、なんとか集めた物の中には近海魚はもちろんの事、素潜りで獲った貝類もあれば、同じく海藻類もあります。さすがに干物やかまぼこと言った加工品は並びませんが、我々のアセットアロケーションを構成する魚介類は、魚が少ないこの時期、実に様々な構成要素によって成り立ちます。多種雑多な魚介類の集荷によって岸壁にはいかにも魚市場的な雰囲気があふれ、少ない荷を争って競り合う活気が生まれます。と同時に我々は誇りと価値意識を持ち、水産物の販売とさらに鮮魚の出荷や加工等、手をかけた商売も行い、漁獲高と売り上げを積み上げつつ、利を得ることを行います。
そして徐々に定置網や刺し網の漁獲が増えてくる春になってくると、魚の占める割合が増え、地魚や近海魚の占める割合が増大するのだが、その際にもできるだけ魚だけに偏ること無く魚市場としてできるだけ多くの魚介類を扱うことを旨とし、手間をかけながら量をこなす仕事を行わなければならない。それはつまり仕事量が増え、結果的に売り上げも上がることになるのだが、なかなか水産物に関しては実働と実利が比例しない現実もあり、それを称して”水商売”と言われる原因もある中で、業界の人間としてこの課題をクリアできるビジネスモデルのイノベーションを促進しないことには、今後の若い担い手と業界の成長は無いと言えるだろう。

今日のヒラメ・・・ 305枚
posted by にゃー at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

魚市場外野スタンドの夜明け

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 500キロ、ホウボウ 55キロ
「石橋」定置:アジ 450キロ ほか
「 岩 」定置:アジ 100キロ、スルメイカ 60キロ
       サバ 80キロ
「原辰」定置:アジ、サバ ほか
「江の安」定:アジ、サバ ほか
「二宮」定置:カタクチイワシ、タチウオ ほか
「福浦」定置:ブリ 910キロ(124本)、スズキ 80キロ
「大磯」定置:イシダイ、アジ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 150キロ、イシダイ 50キロ
「真鶴定置」:活ヒラメ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:ブリ、カタクチイワシ ほか

小田原 ・・・(素潜)ワカメ 300キロ
       (素潜)マナマコ 100キロ

「ブリ」がまとまり、「アジ」がまとまり、「ヒラメ」がまとまり、「ワカメ」がまとまり・・・話がまとまりシャンシャンシャン。
ということで、小田原沿岸にニョキニョキ生える「ワカメ」が絶好調。生の「ワカメ」は春の海岸の風物詩。サッと湯通ししてパアッと鮮やかな緑色に変わる時、台所に春の風が吹き込みます。シャブシャブにしてあっさりポン酢に漬ける時、パアッと目の前に広がる新緑の里山風景。シャキッとした歯応えと口にパアッと広がる磯の風味はまた格別。〆に食べたい「ワカメ」の雑炊がまた格別。ワカメちゃんの見せパンの様に白く広がる米はふんわり食感で、塩の風味と澱粉の甘味がパアッと目の前を明るく照らす時、そこにきっと夜明けがやってくる。

今日のヒラメ・・・ 634枚
posted by にゃー at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

107の魚市場が大漁になる頃

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 410キロ、サバ 160キロ
       ホウボウ 130キロ、メイタカレイ 60キロ
「石橋」定置:サバ 100キロ、ホウボウ 110キロ
       メイタカレイ 50キロ
「 岩 」定置:アジ 110キロ、イナダ 50キロ
       スルメイカ 50キロ、ホウボウ 60キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:イシダイ 30キロ、サバ 30キロ
「二宮」定置:アジ 140キロ、タチウオ 80キロ
       ホウボウ 40キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:カタクチイワシ 210キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 480キロ
「山下丸網」:サバ 170キロ、アジ 45キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:ブリ 110キロ(16本)、サザエ 40キロ

小田原 ・・・(素潜)マナマコ 150キロ

今朝の水揚げを見て、観察力のある人なら気が付くでしょう。
魚の種類が増えてきた事。量こそ低調ではあるが、少しずつ水揚げが上向きに変わりつつあることに確信を抱く時。
来週の週頭、アカデミー賞が決まった頃、港は魚であふれていることだろう。

今日のヒラメ・・・ 552枚
posted by にゃー at 12:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

量より質、質より魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ホウボウ 70キロ、サバ 50キロ
「石橋」定置:アジ 60キロ、ホウボウ 30キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 30キロ、サバ 30キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:サバ 30キロ ほか
「二宮」定置:ホウボウ 40キロ、スズキ 30キロ
「福浦」定置:サバ 450キロ ほか
「大磯」定置:スズキ、マルアジ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:カタクチイワシ 500キロ、サバ 50キロ
「下田釣船」:釣アブラボウズ 120キロ(4本)

少数精鋭揃いました。物は言い様、捉え様。
明日は増える、明日は獲れる、信じて聞かせて祈らせて。

今日のヒラメ・・・ 295枚
posted by にゃー at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

魚市場期待度上昇中

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ、サバ ほか
「石橋」定置:アジ、サバ ほか
「 岩 」定置:ヒラマサ 60キロ、ホウボウ 70キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:アジ、サバ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ブリ 110キロ(14本)、サバ 920キロ
「大磯」定置:サバ 50キロ、スズキ 30キロ
       マルアジ 30キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 25キロ(3本) ほか
「沼津釣船」:モクズガニ 50キロ

「小アジ」は獲れてるけれど「サバ」やら「イワシ」は少ないまま。しかし「アジ」の顔が見えるのは良い傾向。期待度上昇中。
「ブリ」も獲れてるけれど、少ないまま。いつになったら増えるのやら。今朝の「湘南定置」に続き、明日も定置網(二宮)復活の声聞こえ、期待度上昇中。
20150216_hotall.JPGお「ホタルイカ」。やっとこ、まとまりました。網の中でキラキラ光る光景は美しいそうです。見てみたいけど、海の上はこの時期寒いでしょうなあ〜。
刺し網では「ヒラメ」がなかなかの好漁。休み明けということもあり、まとまっていた。これからピークを迎えるか?期待度上昇中。
20150216_ei.JPG「ウスエイ」か「ムツエラエイ」の仲間と思われる「エイ」のヒレが並んでおりました。コラーゲンたっぷりでプリンプリンでしょうねえ。他にもマニアックな味覚を求めて、期待度上昇中。

今日のヒラメ・・・ 393枚
posted by にゃー at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする