魚体中骨抜き器販売中

2015年02月07日

魚市場に閃くタチの一振り

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 110キロ ほか
「石橋」定置:サバ 140キロ ほか
「 岩 」定置:スルメイカ 120キロ、サバ 80キロ
「原辰」定置:アジ、カタクチイワシ ほか
「江の安」定:サバ 110キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 1トン ほか
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 20キロ、モクズガニ 40キロ

「サバ」中心の今朝は、全体量も少なめで今週の漁獲低迷を象徴する一日となってしまった。
「米神」定置で昨日見えた「小アジ」も今朝はほとんど消えており、群れの小ささと魚の活性の低さが際立った。来週の月曜は少し(魚が)出るかもしれないが、まだまだ期待するには酷な環境なのかもしれない。

今日のヒラメ・・・ 162枚
posted by にゃー at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする