魚体中骨抜き器販売中

2015年02月26日

一同安堵、魚市場捲土

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 2.5トン、サバ 80キロ
       ブリ 3本、ホウボウ 90キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:活イシダイ 230キロ、ボラ 110キロ
       スルメイカ 70キロ
「原辰」定置:アジ 70キロ、カタクチイワシ 280キロ
「江の安」定:活ヒラメ、カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:アジ 200キロ、カタクチイワシ 200キロ
       スズキ 70キロ、サバ 60キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 200キロ、スズキ 150キロ
       アカカマス 100キロ、マイワシ 40キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 5.5トン(606本) ほか
「川奈杉本」:ブリ 250キロ(30本) ほか
「山下丸網」:ブリ 200キロ(27本)、アジ 40キロ
「下田釣船」:釣アブラボウズ 1本 ほか
「沼津底曳」:ハシキンメ 210キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:カタクチイワシ 100キロ ほか

箱根に中国人。幕山に梅。小田原に「アジ」。里山に春。春の「ブリ」
休み明けの合わせ技で魚が山の魚市場。「アジ」が獲れてもまだ「小アジ」。今後の成長は楽しみであり、気がかりでもある。そして「ブリ」は引き続き好調の好魚体を維持。まだまだ使える素材として、多くの注目を集めます。「サバ」も「イワシ」も揃って、青魚選り取り見取り。白身の魚も種類豊富でもう安心だ。

今日のヒラメ・・・ 575枚
posted by にゃー at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする