魚体中骨抜き器販売中

2015年03月31日

年度末ブリの異動は魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1.7トン、スルメイカ 140キロ
       サバ 100キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ブリ 4.2トン(593本)、サバ 100キロ
「原辰」定置:アジ、サバ ほか
「江の安」定:アジ 90キロ ほか
「二宮」定置:ブリ 9トン(1287本) ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ブリ 1トン(150本)、サバ 220キロ
       マルアジ 110キロ、アジ 80キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 7.9トン(1120本)
「沼津底曳」:小イカ 30キロ ほか

小田原 ・・・(素潜)ワカメ 280キロ

「ブリ」ご一行様、小田原到着ありがとうございます。とばかりに、今朝は3000本。
3000なんて大台は「イチロー」以来(2008年)聞いたことがなかったが、まだまだ増えてくるのでしょうか?
黒潮の向きは、今日には相模湾向きからまたも外洋向きへと転換してしまったようだが、まだ遅れて到着する組がいるはずで、明日以降もまだ大漁の続くことが期待されます。

今日のヒラメ・・・ 333枚
posted by にゃー at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

魚市場ブリックアウト

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ 980キロ(124本)、アジ 280キロ
       サバ 230キロ
「石橋」定置:ブリ 7トン(904本)、アジ 170キロ
       サバ 80キロ
「 岩 」定置:ブリ 2.6トン(334本)、サバ 230キロ
「原辰」定置:ブリ 100キロ(15本)、サバ 50キロ
「江の安」定:サバ 50キロ ほか
「二宮」定置:ブリ 2.6トン(347本)、アジ 70キロ
「福浦」定置:サバ 370キロ ほか
「大磯」定置:アジ 50キロ、サバ 80キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 3.8トン(525本)
「沼津沖曳」:マダイ 150キロ
「川奈杉本」:カタクチ 80キロ、クロダイ 70キロ

 東方面からは、
「二宮沖曳」:生シラス 20キロ

神津島 ・・・(釣)キンメダイ 540キロ

黒潮の向きが変わった。たったこれだけのこと。それにより相模湾方面へ魚が一直線。
まさにギャートルズのオープニングで空の上を足跡が進んでいくように、ゴンゴンゴンと相模湾に大物が近づく足音が聞こえるではないか。その先駆けがこれである。今後、この群れがどこまで大きくなるのか、マンモス級の大物に期待するばかりである。

今日のヒラメ・・・ 262枚
posted by にゃー at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

神々の魚市場、愛に恋い

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 180キロ、ヤリイカ 90キロ
「石橋」定置:サバ 140キロ、ヤリイカ 70キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 160キロ、サバ 290キロ
       ボラ 210キロ、ヤリイカ 70キロ
「原辰」定置:ボラ、サバ ほか
「江の安」定:サバ、イシダイ ほか
「二宮」定置:サバ 60キロ ほか
「福浦」定置:サバ 490キロ ほか
「大磯」定置:サバ 110キロ、アカカマス 60キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 150キロ、ヤリイカ 50キロ
       サバ 100キロ
「川奈杉本」:ボラ 140キロ、クロダイ 80キロ
「沼津底曳」:マダイ 40キロ、小イカ 60キロ

 東方面からは、
「二宮沖曳」:生シラス 20キロ ほか
「江ノ島網」:サヨリ 50キロ

小田原 ・・・(素潜)ワカメ 170キロ

「小田原アジ」が消えた今朝は、満を持して登場した代表常連の「サバ」たちの活躍もあって魚市場は辛勝した(何に?)。
20150328_okazu.jpgということで今朝はフラリと場内散歩。こちらの広島の「生カキ」と富山の「ホタルイカ」。どちらも魚の粒が大きく、品質やブランドに定評のある品物として流通している。当然、”濃”厚な味と食感を含めた味覚の評価も最上位にランクされ、ほぼ毎日完売している人気商品。フトその売り場に寄ってみたら、まだ残っていた。思わず週末という高揚感もあって即ゲット。
魚市場生活を続ける内にいつの間にやら、この時期にこれら全国の旬の味をも自然と欲してしまう体になってしまったというのだろうか。

今日のヒラメ・・・ 343枚
posted by にゃー at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

娘の反抗期は魚市場の繁忙期

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 150キロ、小サバ 480キロ
       サバ 210キロ、スルメイカ 150キロ
「石橋」定置:アジ 250キロ、サバ 170キロ
       スルメイカ 150キロ
「 岩 」定置:ボラ 230キロ、サバ 50キロ
「原辰」定置:サバ、メジナ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 50キロ、サバ 170キロ
「福浦」定置:イナダ 340キロ、スズキ 880キロ
       ブリ 50キロ、サバ 170キロ
「大磯」定置:サバ 90キロ、アカカマス 40キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 540キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 60キロ
「江ノ島網」:スズキ 20キロ ほか
「国府津船」:生シラス 15キロ

熱海から根府川に至る沿岸に小規模な赤潮が散発。海水表面の温度は上昇しているようだが、どうも底の方までは、その暖かい海水が回ってきていないようだ。これで海流でも回ってくれば、大きく海水が動き、魚もそれに乗って運ばれてくるはずなのだが。
今朝、網代へ「スルメイカ」を集荷に行く道すがら、飛び交うツバメや桜や菜の花、そして落石によるクレーターと沿道に見ゆる春らしさに目を細めれば、明日辺り「サクラエビ」でも獲れないかとフト思う渋滞の交差点であった。

今日のヒラメ・・・ 390枚
posted by にゃー at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

魚市場に魚の満つる時

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 1.3トン、スルメイカ 1.5トン
       サバ 750キロ、小サバ 750キロ
       ヤリイカ 60キロ、ホウボウ 90キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 650キロ、サバ 110キロ
       イシダイ 160キロ、アジ 80キロ
       ボラ 150キロ
「原辰」定置:サバ 100キロ ほか
「江の安」定:サバ 60キロ ほか
「二宮」定置:ブリ・ワラサ 50キロ、イシダイ 50キロ
       ホウボウ 40キロ
「福浦」定置:サバ 260キロ ほか
「大磯」定置:カタクチイワシ、アカカマス ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ブリ・ワラサ 1.2トン、サバ 200キロ
「真鶴定置」:ボラ 400キロ、スルメイカ 290キロ
「川奈杉本」:クロダイ 60キロ、カタクチ 70キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ
「熱海丸網」:アカカマス 230キロ
「沼津底曳」:マダイ 90キロ、小イカ 90キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:スズキ 40キロ
「二宮沖曳」:生シラス 15キロ

小田原 ・・・ (素潜)ワカメ 150キロ

西海子小路の桜もポツポツと開花宣言で、いよいよお花見シーズン到来。これから一気に暖かくなると言うので、桜もあっと言う間に満開でしょう。定置網の魚も休み明けと言うこともあり、ボリューム的には合格点で魚は多かった・・と言いたいところだが、実際多く獲れているのは「石橋」定置だけという謎。
明日は兄弟網である「米神」定置網を締めるでろうから、こちらも大漁はほぼ約束されているのだが、それ以外では伊豆方面沿岸の定置網などからの集荷に頼っているのが現状である。
今後の春本番に向けて、近い内に桜の満開と共に市場に小田原地魚の花が満開となることを期待したい。

今日のヒラメ・・・ 387枚
posted by にゃー at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

魚市場を考えるな、感じろ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 90キロ、サバ 240キロ
       スルメイカ 750キロ、小サバ 260キロ
「石橋」定置:アジ 340キロ、スルメイカ 360キロ
       サバ 170キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 590キロ、アジ 190キロ
       ボラ 100キロ
「原辰」定置:サバ、ヤリイカ ほか
「江の安」定:イシダイ、サバ ほか
「二宮」定置:イシダイ 110キロ、ホウボウ 40キロ
「福浦」定置:サバ 160キロ ほか
「大磯」定置:アカカマス 60キロ、サバ 90キロ
       カタクチイワシ 90キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 520キロ ほか
「熱海丸網」:アカカマス 40キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:活スズキ 60キロ
「江ノ島網」:活スズキ 90キロ
「二宮沖曳」:生シラス 若干

今年もロキソニンが活躍する季節がやってきました。過剰な活〆作業は体に毒です。整理運動をしてから寝るようにしましょう。そして、年に一度のお魚供養を忘れずに。
20150324_whiteknight.jpgさて、春の「生シラス」漁が始まりやした。これから春の本格化と共に「シラス」も成長し、大きさと美味しさを増していくことでしょう。そして、それにつれて獲る者のやる気は増大し、平行して買う者もソノ気になって値を上げてくるものと思わます。
定置網では「小田原アジ」が徐々に増えそうな予感。増えそうで増えないまま終わっていくのがここ何年かの傾向でしたが、今年は少し違うように感じます。何が?って。
・・感じます。

今日のヒラメ・・・ 336枚
posted by にゃー at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

ブリだアジだ魚市場だ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1.1トン、サバ 570キロ
       スルメイカ 600キロ、小サバ 1.5トン
       ホウボウ 60キロ、ウマヅラハギ 50キロ
       メイタガレイ 40キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:スルメイカ 630キロ、サバ 130キロ
       ウマヅラハギ 100キロ、イシダイ 60キロ
「原辰」定置:アジ、サバ ほか
「江の安」定:アジ 50キロ ほか
「二宮」定置:アジ 410キロ、ホウボウ 100キロ
       イシダイ 180キロ、ヒラメ 85キロ
       ウマヅラハギ 110キロ
「福浦」定置:アジ 180キロ、サバ 800キロ
「大磯」定置:マイワシ 130キロ、カタクチイワシ 270キロ
       アカカマス 60キロ、サバ 50キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 420キロ、アジ 110キロ
「網代定置」:スルメイカ 1.1トン
「川奈杉本」:カタクチイワシ、サバ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「沼津底曳」:マダイ 50キロ ほか
「山下丸網」:ブリ 4トン(567本) ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:活スズキ 30キロ ほか
「江ノ島網」:イナダ 120キロ、マンボウ 110キロ

小田原 ・・・ (素潜)ワカメ 560キロ

連休明けの月曜日、期待を裏切らないお魚メガ盛りマックスでお出迎え。
期待を集める「小田原アジ」も徐々にでは有るが、確実な成長を確認し、安堵。
今後は4月にかけて、さらに量を増やしてくることを祈りたい。
その中で今朝は伊豆から「ブリ」が4トンも入荷し、市場の一角を占めていた。残り少ないシーズンではあるが、こちらも春にかけ獲れ続けることが期待(予想)されている。

今日のヒラメ・・・ 645枚
posted by にゃー at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

魚市場にもハルが来るネ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 60キロ、スルメイカ 85キロ
「石橋」定置:アジ 1.7トン、スルメイカ 150キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 70キロ ほか
「原辰」定置:ウマヅラハギ、ヒラメ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:活イシダイ 200キロ ほか
「福浦」定置:イナダ 240キロ、サバ 100キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ブリ 1.4トン(180本) ほか
「赤沢定置」:アジ 450キロ ほか
「真鶴定置」:スルメイカ 240キロ
「川奈杉本」:マダイ、カタクチイワシ ほか

知ってる?知ってる?小田原駅前に再降臨した「小田原地下街」。「HaRuNe小田原」と言う名前で昨秋にオープンしたんだけど、いろんなイベントやってんだって。
知ってる?知ってる?明日はそこで「小田原駅直魚市場」とか言うイベントがあるんだって。
20150320_event.jpgどうやら小田原で獲れた鮮魚が特売されるらしいんだけど、地下で市場で魚が特売って、いかにも怪しいお買い"毒"な雰囲気でしょう。
本当なら朝獲れたての鮮魚って所なんだけど、ここだけの話、明日は市場も漁師さんも休みだから、今朝の魚が並ぶ事になるんだけど、元々鮮度抜群の地魚ばかりだから、問題ないって事なのよね。
とにかく、明日は朝から小田地下へGO!よ。

今日のヒラメ・・・ 456枚
posted by にゃー at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

魚市場の略はうおいっちゃん

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:メイタガレイ 90キロ、ホウボウ 60キロ
       ウマヅラハギ 50キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 50キロ、サバ 50キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ ほか
「江の安」定:アジ、ウマヅラハギ ほか
「二宮」定置:カタクチイワシ 50キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:カタクチイワシ 150キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 270キロ
「網代定置」:アジ 100キロ
「山下丸網」:ブリ 270キロ(35本)、サバ 70キロ
「川奈杉本」:マダイ、カタクチイワシ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:スズキ 50キロ

小田原  ・・・ (素潜)ワカメ 150キロ

「カタクチイワシ(ヒコイワシ)」なら「セグロ」とか「ヒコ」。「ウマヅラハギ」なら「ウマ」か「ウマヅラ」。「メイタガレイ」なら「メイタ」とか。「スルメイカ」なら「スルメ」でしょ〜。
注目の覚えにくい名前と言えば「ハリルホジッチ」。みんなは「ハリル」と呼んではいるようだが。
何文字以上が略されるのか、いつどこで誰が一体、略し始めるのか?覚えにくい名前の線引きとは・・・。

今日のヒラメ・・・ 379枚
posted by にゃー at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

魚諸君に面倒かける魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:スルメイカ 100キロ、ホウボウ 90キロ
       アジ 50キロ、メイタガレイ 60キロ
「石橋」定置:アジ 950キロ、スルメイカ 80キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 100キロ、ホウボウ 40キロ
       ボラ 40キロ
「原辰」定置:ヒラメ、ムシガレイ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ホウボウ 70キロ、活ヒラメ 50キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:カタクチイワシ、ボラ ほか

小田原  ・・・ (素潜)ワカメ 400キロ

魚が少ない春だなあ。
なんだ今日は水曜日か。
水曜日は魚も休みだもんな。

今日のヒラメ・・・ 329枚
posted by にゃー at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

明日の事は明日やる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 110キロ、ホウボウ 140キロ
       アジ 70キロ
「石橋」定置:ホウボウ 120キロ、サバ 110キロ
       アジ 70キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 460キロ、サバ 310キロ
       ウマヅラハギ 80キロ、アジ 60キロ
       カナガシラ 40キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ、ヤリイカ ほか
「江の安」定:イシダイ 40キロ ほか
「二宮」定置:イシダイ 200キロ、ヒラメ 220キロ
       ホウボウ 150キロ、ウマヅラハギ 70キロ
「福浦」定置:サバ 270キロ ほか
「大磯」定置:カタクチイワシ 390キロ、サバ 230キロ

小田原  ・・・ (素潜)ワカメ 330キロ

今朝は昨日の雨が嘘のようにカラリと晴れ渡り、陽気もポカポカ。
これで魚が増えてこなければ嘘だなと、明日に向けアップを始める。

今日のヒラメ・・・ 809枚
posted by にゃー at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

春闘の時、魚市場は春風駘蕩

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 170キロ、スルメイカ 130キロ
       アジ 60キロ
「石橋」定置:サバ 180キロ、スルメイカ 110キロ
       アジ 60キロ、カナガシラ 80キロ
「 岩 」定置:イシダイ 370キロ、サバ 70キロ
       ホウボウ 60キロ、スルメイカ 50キロ
「原辰」定置:サバ、カタクチイワシ ほか
「江の安」定:サバ 90キロ ほか
「二宮」定置:イシダイ 160キロ、アジ 100キロ
       サバ 110キロ、ホウボウ 90キロ
「福浦」定置:サバ 800キロ ほか
「大磯」定置:サバ 220キロ、カタクチイワシ 220キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 390キロ
「川奈杉本」:サバ、クロダイ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 70キロ

小田原  ・・・ (素潜)ワカメ  440キロ

一時、下がった水温も再び上昇に向かい、明日は4月下旬の暖かさだとか。雨が降り、気温も上がれば、魚も積極的に動き出すであろう。今週は連休も控え、桜の開花も間近と聞く。
小田原漁場には、型の良い「マアジ」が見え始めており、今後は群れの接近次第で一気に増えることも期待され、いよいよ春の魚シーズン到来となる予感がしてならない。

今日のヒラメ・・・ 745枚
posted by にゃー at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

噂の「黄金ヒラメ」

20150314_goldfinger.JPG
ゴールドフィンガーの持ち主が相模湾の底から獲って来たのは・・・
まさしく黄金に輝く金塊、「ゴールド・ヒラメ」だった。


土曜日の午前中。朝の喧噪が一段落した頃合いにそれはやって来た。

き、金色の「ヒラメ」が獲れたっ!

これは良い事の起こる前触れに違いない。と半ば興奮した声で話すのは、獲った漁師の助っ人。
「こいつぁすげえど。スーパーに持ってって、みんなに見せてやろう。」

その一言で行き先は決まったようなモノだった。




まさに「湘南ゴールド」を使って作った「どら焼き」の新発売に合わせたかのようなタイミング。
今なら間に合う。小田原のどこかの店舗の鮮魚売り場に其奴はいる(はずだ)。

その光を湛えた海の主は、息を潜めて言うだろう。
「お前も俺を笑いに来たのか…?」と。

20150314_goldman.JPGその覚悟と矜持を持った振る舞いに、我々は”現代に蘇ったネプチューン”ここにありとH・ホーガンの金髪と金色に輝く魚とをダブらせ、滅多矢鱈に見る事の出来ない貴重な魚の降臨に対し、感激もひとしおの事だろう。
posted by にゃー at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

新鮮キトキト魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 80キロ、ウマヅラハギ 80キロ
       スルメイカ 80キロ
「石橋」定置:サバ 90キロ、ヤリイカ 90キロ
「 岩 」定置:サバ 210キロ、スルメイカ 80キロ
       アジ 50キロ
「原辰」定置:サバ 60キロ ほか
「江の安」定:サバ 70キロ ほか
「二宮」定置:イシダイ 330キロ、ヒラメ 100キロ
「福浦」定置:イナダ 2.5トン ほか
「大磯」定置:サバ 100キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 270キロ
「川奈杉本」:クロダイ、サバ ほか

小田原  ・・・ (素潜)ワカメ  100キロ

今日もキラキラのかがやき「イナダ」、安定の水揚げ。
鮮度抜群のビカビカかがやき「ゴマサバ」もあるで。
白黒コントラストのかがやき「イシダイ」もバッチんこ。
ツルツル、滑らか茶色のかがやき「スルメイカ」も最高だ。
そして究極のかがやき「黄金ヒラメ」も獲れて最高潮。

今日のヒラメ・・・ 572枚
posted by にゃー at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

魚市場のある港の西北

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 120キロ、スルメイカ 90キロ
       ホウボウ 80キロ
「石橋」定置:サバ 120キロ、スルメイカ 70キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 140キロ、イシダイ 150キロ
「原辰」定置:サバ 200キロ、カタクチイワシ 180キロ
「江の安」定:サバ 270キロ、アジ 60キロ
「二宮」定置:活イシダイ 590キロ、サバ 200キロ
       ホウボウ 190キロ、小サバ 1.2トン
       ウマヅラハギ 140キロ
「福浦」定置:イナダ 11.8トン、ブリ 100キロ(12本)
       サバ 140キロ
「大磯」定置:サバ 500キロ、アカカマス 180キロ
       小サバ 440キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 160キロ、ホウボウ 80キロ

ずっとたどっていくと富士山があります。
で、今朝は「福浦」定置で「イナダ」が超新星爆発獲れ。
早い季節に獲れる「イナダ」をして、我々は「早稲田」と呼ぶ。
♪港の西南 真鶴の奥に 広がる定置は 福浦が定置。
われらが日ごろの 抱負を知るや 魚の精神 漁の独立
現世を忘れぬ 景気の理想 かがやくわれらが 北斗を見よや
イナダ イナダ イナダ イナダ イナダ イナダ イナダ〜

今日のヒラメ・・・ 258枚
posted by にゃー at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

魚市場にもハルよ来い

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ホウボウ 380キロ、カナガシラ 130キロ
       サバ 200キロ、マイワシ 180キロ
       スルメイカ 120キロ
「石橋」定置:ホウボウ 400キロ、カナガシラ 200キロ
       アジ 110キロ、サバ 280キロ
       小サバ 360キロ、スルメイカ 140キロ
       ヤリイカ 70キロ
「 岩 」定置:ホウボウ 300キロ、活イシダイ 130キロ
「原辰」定置:サバ 130キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:活イシダイ 210キロ、活ヒラメ 100キロ
「福浦」定置:サバ 170キロ ほか
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 300キロ、ブリ 60キロ(7本)
       ホウボウ 160キロ
「川奈杉本」:活イシダイ 130キロ ほか

「ホウボウ」、「イシダイ」相変わらず多し。「アジ」、「サバ」増えたり減ったり。「ヒラメ」、「ブリ」まだまだ獲れる予感あり。しかし、いかんせん風が強い。昨日も今日も、明日までも。
明日は朝は寒いが、日中は暖かくなる模様。南風に乗って土曜日あたりは魚の増量が期待される。
これからさらに暖かくなれば、「アジ」は増えるし、「サバ」は安定、「サワラ」に「ヒラマサ」、特別ゲストも多数予定(?)。
小田原の海は「トワイライト(黄昏)」どころか、今まさに魚の夜明けを迎えます。

今日のヒラメ・・・ 303枚
posted by にゃー at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

魚市場にも武蔵見つかる

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 600キロ、サバ 1.8トン
       ホウボウ 860キロ、カナガシラ 140キロ
       ウマヅラハギ 190キロ、小サバ 6.9トン
「 岩 」定置:ホウボウ 280キロ、ボラ 200キロ
       サバ 60キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 110キロ ほか
「江の安」定:サバ、カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:サバ 200キロ、ウマヅラハギ 90キロ
       ホウボウ 150キロ、小サバ 320キロ
「福浦」定置:イナダ 950キロ、サバ 140キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 160キロ ほか
「山下丸網」:サバ 2.3トン、小サバ 240キロ

川崎のグランツリー武蔵小杉にある「久世福商店」で売っている「久世福のなかなか減らない やみつき柿の種 400g」が、魚市場のとある場所に。どうやら、とあるドライバーが運転中につまむためのものらしい。少し頂いたが、これが軽くてなかなか美味かった。また川崎に行ってこよう。魚と一緒に。

今日のヒラメ・・・ 394枚
posted by にゃー at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

魚市場の仮名頭は「う」

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1トン、ホウボウ 440キロ
       小サバ 1.3トン、アジ 560キロ
       カナガシラ 350キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ホウボウ 670キロ、サバ 100キロ
       スルメイカ 80キロ
「原辰」定置:サバ 390キロ、小サバ 70キロ
「江の安」定:サバ 490キロ、ホウボウ 70キロ
「二宮」定置:ホウボウ 580キロ、小サバ 840キロ
       ウマヅラハギ 260キロ、サバ 200キロ
       ブリ・ワラサ 45キロ(13本)
「福浦」定置:サバ 460キロ ほか
「大磯」定置:サバ 420キロ、小サバ 320キロ
       マイワシ 90キロ

スマートで真っ赤に輝く魚体が美しい「ホウボウ」の後ろに控えしは、朱色の魚体にザラザラ鱗、ちょっと四角い顔が目印の「カナガシラ」。今朝は「米神」の定置に珍しくまとまった。滅多矢鱈に大獲れの無い魚だが、そういう時こそ楽しみたい味である。ちなみにコイツは漢字で書くと「金頭」。おそらく命名者は、ゴツイ頭を見て「大木金太郎」をイメージしたのかもしれない。
さて周辺の「定置網」には「サバ」も多く入り、またも魚の様子が変わりそうな気配である。
あとは「アジ」が大きくなってくれば春らしさが出てくるのだが、他にどんな役者が顔を出すかも含め、明日の嵐に少しだけ期待をしてみたい。

今日のヒラメ・・・ 563枚
posted by にゃー at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

第二のホームは魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 180キロ、小サバ 2.7トン
       サバ 1.4トン、カタクチイワシ 1.2トン
       ホウボウ 220キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 330キロ、ホウボウ 180キロ
       スルメイカ 100キロ
「原辰」定置:サバ 1.5トン、カタクチイワシ 600キロ
       小サバ 2.2トン
「江の安」定:カタクチイワシ 190キロ ほか
「二宮」定置:サバ 730キロ、小サバ 1.1トン
       ホウボウ 180キロ、イシダイ 150キロ
       ブリ 110キロ(16本)
「福浦」定置:スズキ 150キロ、ブリ 60キロ(8本)
「大磯」定置:カタクチイワシ 250キロ、サバ 60キロ

小田原に住む人間が、小田原の海や小田原の魚を応援するように、ホームタウンのサッカーチームを応援する気持ちも持ちたいと思う。
プロサッカークラブは日本でまだいくつもなく、そのトップリーグで活躍するチームがあるという誇りと存在を含め、この恵まれた環境を喜ばない理由がない。
なぜなら、かつて「ブリ」の大漁で名を馳せた小田原の海、相模湾の一歩先を行くという意味の「ベル(=ブリの一文字ずらし)」と海を意味するイタリア語の「マーレ」を組み合わせたチーム名は、まさに小田原が真のホームであることを暗示しており、次から次へと「ブリ」が水揚げされた勢いそのままに得点を重ねるという期待が込められているのである。今年、今までと違う角度でチームを応援すれば、またひとつ新たな楽しみとささやかな喜びを得ることができるだろう。

今日のヒラメ・・・ 440枚
posted by にゃー at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

四番ファースト魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 1トン、カタクチイワシ 620キロ
       サバ 450キロ、ホウボウ 370キロ
       ブリ 70キロ(8本)、小サバ 130キロ
       マイワシ 80キロ
「 岩 」定置:サバ 2.1トン、小サバ 1.8トン
       ホウボウ 90キロ、スルメイカ 40キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 930キロ ほか
「江の安」定:サバ 270キロ、カタクチイワシ 270キロ
「二宮」定置:サバ 370キロ、イシダイ 310キロ
       小サバ 320キロ、ホウボウ 190キロ
       ウマヅラハギ 110キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 470キロ、カタクチイワシ 100キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ホウボウ 800キロ

今年は「ホウボウ」の出現が遅かった。数年ぶりの大発生に市場も真っ赤に染まりつつあり、黒田復帰で優勝気運の高まりつつある赤ヘル同様、開幕前に一盛り上がりを見せています。
これからは3月も中に入り、「アジ」や「ワラサ」を筆頭に「ヒラマサ」や「サワラ」、「マダイ」といったクリーンナップ級の役者が出番を今かと伺いつつあるなかで、ここぞというタイミングで姿を見せてくれることを期待したいと思います。

今日のヒラメ・・・ 496枚
posted by にゃー at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

魚市場で世紀の空売り

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1トン、サバ 380キロ
       マイワシ 4.4トン、小サバ 560キロ
       ホウボウ 310キロ、ウマヅラハギ 90キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 430キロ、ホウボウ 130キロ
       ブリ 2本、アジ 40キロ
       マイワシ 240キロ、小サバ 360キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 180キロ、サバ 70キロ
「江の安」定:アジ 370キロ、サバ 1.4トン
「二宮」定置:サバ 400キロ、イシダイ 200キロ
       スズキ 380キロ、ホウボウ 200キロ
       小サバ 440キロ
「福浦」定置:サバ 280キロ ほか
「大磯」定置:サバ 300キロ、カタクチイワシ 200キロ
       マイワシ 140キロ、小サバ 100キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 150キロ、サワラ 65キロ(13本)
       スズキ 100キロ、ホウボウ 770キロ
「川奈杉本」:メジナ 50キロ ほか

売り売り売り〜と、売っても売っても魚が次から次に出てくると思われんばかりの獲れ具合。
まさに魚市場の盛期がやってきた感じ。春の「アジ」に代表される旬の魚が目白押しで芋洗い。
水温も上昇してきて、まさに今、魚市場の注目度はうなぎ昇りなのである。
特に注目は「真鶴」の「サワラ」であろう。型の良い「サワラ」が獲れており、今後も続くようなら春の大獲れが期待される。同じく「イナダ」も見えており、遡って見た時に今日という日が、トレンドの転換点としての重要なポイントになる日なのかもしれない。

今日のヒラメ・・・ 502枚
posted by にゃー at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

お家騒動に魚市場もメシウマ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ブリ 580キロ(72本)、アジ 1.7トン
       ホウボウ 520キロ、小サバ 1.2トン
       ウマヅラハギ 220キロ、サバ 490キロ
       ヒラメ 100キロ、メイタカレイ 80キロ
       カタクチイワシ 1.8トン
「 岩 」定置:サバ 570キロ、アジ 180キロ
       小サバ 780キロ、ホウボウ 140キロ
       マイワシ 880キロ、イシダイ 120キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 3トン ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 510キロ ほか
「二宮」定置:カタクチイワシ 1.8トン、ヒラメ 100キロ
       マイワシ 150キロ
「福浦」定置:サバ 80キロ ほか
「大磯」定置:サバ 390キロ、マイワシ 310キロ
       カタクチイワシ 140キロ、小サバ 400キロ
       ヒラメ 80キロ、スズキ 70キロ
       アカカマス 70キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ホウボウ 260キロ ほか

これだけ魚が増えてきて、網の中は大混乱のまっただ中。
魚同士で我も我も。やれアイツを下ろせだの、あの魚が気に入らないとか、陸の上でも肉親同士でやってるくらいですから、海の中でもきっとやってますって。

今日のヒラメ・・・ 499枚
posted by にゃー at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘリキホウボウ

20150302_kiho02.JPG

このL0系(最新実験用リニア車両)を思わせる超流線型の独特のスタイルをシルエットに持つこの魚。
ザラザラっとした表面と鎧か骨格のような外見も極めて奇抜な魚である。

駿河湾から揚がってきた「キホウボウ」の仲間である。この仲間は相模湾でも獲れるが、100メートル以浅の定置網漁で獲れる事は、非常に稀である。大陸棚に面する台湾では比較的珍しいので、「龍頭蝦身の怪魚」として表現され漁獲がニュースにもなっている。
私自身、この仲間との出会いは2度目ましてである。

20150302_kiho01.JPG

2本飛び出した角を鬼に見立て、横から見ると「ホウボウ」に形が似ているところから「キホウボウ」と言われる魚の仲間である。それで「鬼魴鮄」と名付け・・・と思ったら「日本語魚類専門辞典」に拠れば「黄魴鮄」と書いてある。これにはビックリ。どっからどう見ても”鬼”の雰囲気丸出しだと思うのだが・・。

生まれてこの方「鬼みたいなホウボウ」だから「キホウボウ」と思っていたので、これは少々納得がいかなかった。魚のみならず、これまで多くの生物の名前には思わず膝を打ちたくなるようなすばらしい名前があるものだが、なぜこの「キホウボウ」が「黄色いホウボウ」由来なのか。最近のキラキラネームにも疑問を呈さずにいた私でさえ、この名前には思わず首をかしげた。
確かに乾燥させると黄色っぽくなる魚ではあるが、それが為に名付けられたのだろうか?

普通、この魚を見た時にまず見た目のインパクトで頭の2本の出っ張りが目に付くだろうと思う。我々も鼻の横に大きなホクロのある人と対面すると、どうしてもそこに目が行ってしまうように、常人なら自然な成り行きだと思うのだが、この魚の名付け親は、相当の天邪鬼かひねくれ者だったらしい。そこをあえて避けて、色に注目をしたというのだから、その人にとって色は種を判別するのに相当、重要なファクターだったのだろう。

と、ここまで書いて「オニキホウボウ(鬼黄魴鮄)」の存在に気がついた。「鬼鬼魴鮄」じゃあ読みにくいし、やっぱり変だということか。
それにしても何故という思いは未だ消えない。

20150302_kasago.JPG同じ網には、駿河湾の深場に多く生息する「シロカサゴ(?)」も混じっていました。かつてはよく入荷していた魚だが、最近姿を見ないので、漁獲量は減っているのかもしれません。
ラベル:珍魚 深海魚
posted by にゃー at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

小さな魚市場の大きな魚

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 950キロ、カタクチイワシ 10.5トン
       ホウボウ 150キロ、小サバ 920キロ
       サバ 850キロ、マイワシ 250キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ブリ 530キロ(69本)、ホウボウ 260キロ
       マイワシ 160キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1トン ほか
「江の安」定:アジ 190キロ、カタクチイワシ 340キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 1.7トン(200本)、マイワシ 2.1トン
「富戸定置」:ブリ 1.2トン(135本)
「沼津底曳」:ハシキンメ 240キロ
「下田釣船」:釣アブラボウズ 2本、釣キンメ 40キロ

 東方面からは、
「大磯釣船」:釣サワラ 35キロ

12キロ頭で大きめ「ブリ」が獲れちゃってます。3〜4キロものの立派な「サワラ」釣れてます。800g〜1キロのドデカ「ホウボウ」掛かってます。4〜8キロのザブトン「ヒラメ」鎮座まします。70キロ級「アブラボウズ」いるぜよ。「カタクチイワシ」も丸っこくてブリブリ太ってます。
いずれも劣らぬ大きい魚が揃ってますが、何故か小さいままは「マアジ」だけって困りもの。これで「マアジ」が大きくなってくれたら嬉しいのだ。

今日のヒラメ・・・ 553枚
posted by にゃー at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする