2018_fespos.jpg

2015年04月18日

出し惜しむのは魚市場か

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 25トン、ヒラマサ 280キロ
       カタクチイワシ 150キロ、サバ 380キロ
       イシダイ 50キロ、ウマヅラハギ 50キロ
       アジ 100キロ、小サバ 150キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ブリ 1.3トン、アジ 200キロ
       サバ 140キロ、ボラ 400キロ
       メジナ 320キロ、イシダイ 100キロ
       スルメイカ 50キロ
「原辰」定置:サバ、カタクチイワシ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 100キロ、アジ 50キロ
「二宮」定置:ブリ 250キロ、ウマヅラハギ 100キロ
       イシダイ 90キロ
「福浦」定置:マダイ 130キロ、サバ 100キロ
「大磯」定置:サバ 100キロ、イボダイ 70キロ
       マイワシ 800キロ、カタクチ 190キロ

 伊豆方面からは、
「富戸定置」:ヒラマサ 1.2トン、ブリ 90キロ
「真鶴定置」:ブリ 630キロ
「川奈杉本」:クロダイ 80キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 70キロ

今が旬と売り込みながら思うように獲れない「小田原アジ」だが、決して工場での生産が間に合わないとか、売れすぎて在庫が足りないなんてことはありませんので、あしからず。
地道な生産・販売活動をニッカにするメーカーが伸びるのも頷けますな。

今日のヒラメ・・・ 182枚
posted by にゃー at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする