2015年04月21日

魚市場には脂をかけるな

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ブリ 450キロ(71本)、アジ 330キロ
       イボダイ 160キロ、ウマヅラハギ 120キロ
       サバ 170キロ、マイワシ 200キロ
       スルメイカ 120キロ、ホウボウ 200キロ
       ヒラマサ 550キロ(54本)
「 岩 」定置:ブリ 410キロ(66本)、ボラ 100キロ
       メジナ 150キロ、サバ 150キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 250キロ、マイワシ 110キロ
「江の安」定:カタクチイワシ、マイワシ ほか
「二宮」定置:イシダイ 350キロ、ヒラメ 50キロ
「福浦」定置:ブリ(ワラサ) 140キロ、マダイ 60キロ
       スルメイカ 50キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ 240キロ、ヒラマサ 150キロ
「沼津底曳」:マダイ、小イカ ほか

「小田原アジ」が期待できるはずの「石橋」定置。今朝は昨日の強烈な嵐が明けての水揚げということもあり、注目が集まった。最低限「アジ」は姿を見せたものの、期待ほどではなく、それでも「ブリ(ワラサ)」や「ヒラマサ」と言った青物をはじめ、「イボダイ」や「ホウボウ」、「ウマヅラハギ」といった白身まで種類豊富に水揚げた。
「福浦」定置では活の「マダイ」が大型から中小型まで揃っており、春の乗っ込みシーズンを感じさせ、また一方で週末の投票日の近い事を我々に知らせてくれている。花の咲く候補も咲かない候補も、是非ともこの週末は脂ののった活きの良い「マダイ」を用意して、当否にかかわらず味わう事をお勧めしたい。

今日のヒラメ・・・ 304枚
posted by にゃー at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする