2015年06月30日

魚市場ンゴゴゴゴゴ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 200キロ、小サバ 640キロ
       カタクチイワシ 100キロ、サバ 220キロ
「石橋」定置:アジ 780キロ、カタクチイワシ 120キロ
       サバ 290キロ、シイラ 90キロ
「 岩 」定置:シイラ 680キロ、ワカシ 60キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:シイラ 310キロ、カタクチイワシ 200キロ
「二宮」定置:アジ 900キロ、サバ 170キロ
       ワカシ 200キロ、ワラサ 60キロ
「福浦」定置:ワラサ 180キロ、シイラ 2.8トン
「大磯」定置:サバ 540キロ、アカカマス 470キロ
       アジ 280キロ、ワカシ 90キロ
       小サバ 120キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 730キロ、ワラサ 100キロ
       サバ 160キロ、アジ 60キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 90キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 180キロ、シイラ 4.2トン
「二宮沖曳」:生シラス 40キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 220キロ
「湘南地引」:アカカマス 100キロ

何かが近づく気配。それが雨なのか波なのか、市場の誰にもわからない。
下田では蝉がもう鳴いているという。箱根の民は4%の可能性に泣き、小田原ではアブラゼミが大暴走。安全神話の崩壊と不安と恐怖の世の中に、重箱の隅をツクツクホウシが鳴き出した。
永田町では民主主義を挑発せんとミンミンゼミが啼いている。
そして明日、あの号泣会見から一年が経とうとしている。
posted by にゃー at 12:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

魚市場流動性支援の可能性

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:シイラ 1トン、アジ 120キロ
       サバ 120キロ、ワカシ 150キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 650キロ、シイラ 790キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 350キロ、シイラ 100キロ
「二宮」定置:アジ 600キロ、サバ 320キロ
       ウルメイワシ 90キロ
「福浦」定置:サワラ 260キロ、サゴシ 500キロ
       ワラサ 385キロ、シイラ 1トン
「大磯」定置:サバ 1トン、ワカシ 220キロ
       アジ 100キロ、マイワシ 70キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 410キロ、スルメイカ 250キロ
       サバ 140キロ
「網代定置」:ワラサ 620キロ
「山下丸網」:ワラサ 260キロ ほか

「西伊豆釣」:釣イサキ 80キロ ほか
「川奈杉本」:カタクチイワシ 210キロ ほか

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 220キロ
「湘南地引」:アカカマス 90キロ
「江ノ島網」:アジ 480キロ ほか

今朝は小田原の主要定置網の二箇統が休漁(旅行のため)で、当然市場全体としての水揚げも少なくなってしまったわけだが、その割に魚の不足を感じることは無かった。休み明けにもかかわらずそう感じたのは、月末という理由もあろうが、どうやら週末から魚の荷動きが鈍いことの影響のようだ。
今後、真夏になれば水揚げを行っても獲れる魚が少ない、いわゆる「夏枯れ」の時期を迎えることとなる。魚が獲れたと言っても「マルソウダ(ウズワ)」や「小サバ」と言った雑魚がメインとなり、ますます水揚げ金額が低下する可能性がある。その時、魚が減って困ったと思っても顧客はATMから魚が引き落とせるわけでも無く、魚食の不足を社会的に保証されるわけも無い。
魚が獲れている今、行動を起こすべきなのである。
残された時間は僅かだ。残された魚も僅か、かもしれない。
posted by にゃー at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

キバ研ぎ直す魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 820キロ、サバ 120キロ
       ワカシ 310キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ワカシ 340キロ、カタクチイワシ 160キロ
「江の安」定:シイラ 450キロ ほか
「二宮」定置:ウルメ 140キロ、カタクチイワシ 170キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 290キロ、ワカシ 160キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 210キロ、サバ 100キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 130キロ、釣アカムツ 20キロ
「下田釣船」:釣キンメダイ 50キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 20キロ
「沼津底曳」:マダイ 70キロ ほか

 東方面からは、
「平塚沖曳」:生シラス 200キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 230キロ
「二宮地引」:生シラス 80キロ、アカカマス 70キロ
「江ノ島網」:シイラ 800キロ ほか

「シラス」がうじゃり。
これから夏までホワイトロード。
posted by にゃー at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

魚市場でシィシィシィのシ〜ラ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 480キロ、ウルメイワシ 80キロ
       カタクチイワシ 860キロ、サバ 510キロ
       シイラ 320キロ、小サバ 90キロ
「石橋」定置:アジ 780キロ、カタクチイワシ 860キロ
       サバ 200キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ワカシ 360キロ、カタクチイワシ 760キロ
       シイラ 150キロ
「江の安」定:シイラ 330キロ、カタクチイワシ 170キロ
「二宮」定置:アジ 210キロ、サバ 820キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アカカマス 350キロ、サバ 460キロ
       アジ 110キロ

 伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 630キロ、ワラサ 610キロ
「山下丸網」:イナダ 1.2トン、アジ 180キロ
       ワラサ 80キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 180キロ ほか
「土肥釣船」:トビウオ 100キロ

 東方面からは、
「平塚沖曳」:生シラス 150キロ
「湘南沖曳」:生シラス 70キロ
「二宮沖曳」:生シラス 25キロ
「江ノ島網」:シイラ 650キロ ほか

神津島 ・・・ 釣キンメダイ 490キロ
和歌山 ・・・ 釣キンメダイ 160キロ、釣カツオ 140キロ
        釣キメジ 120キロ

「シイラ」「シイラ」「シイラ」と来て、「生シィ〜ラス」。
今朝の市場はそんな感じ。
posted by にゃー at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

食べたいときには魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 530キロ、シイラ 650キロ
       アジ 370キロ、ワカシ 120キロ
       サバ 110キロ
「石橋」定置:アジ 1トン、ワカシ 90キロ
       サバ 80キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:カタクチイワシ 2.8トン、シイラ 180キロ
「江の安」定:アジ 200キロ、シイラ 240キロ
       カタクチイワシ 240キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 820キロ、ワラサ 1.1トン
「大磯」定置:アカカマス 1トン、サバ 400キロ
       アジ 100キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 540キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 130キロ、釣スルメ 70キロ
「土肥釣船」:トビウオ 70キロ
「川奈杉本」:シイラ 50キロ ほか
「山下丸網」:イナダ 900キロ、ワラサ 160キロ
       アジ 140キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 85キロ

 東方面からは、
「平塚沖曳」:生シラス 110キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 110キロ
「江ノ島網」:シイラ 850キロ、コノシロ 70キロ
       アジ 80キロ

和歌山 ・・・ 釣キハダ 510キロ、釣カツオ 100キロ
        釣キンメダイ 80キロ

辛うじての「小田原アジ」の水揚げに、なんとか小田原の名目を保っておりますが、これで「アジ」でも獲れなくなったらいわゆる「夏枯れ」。ドッチラケ状態。
「生シラス」の上昇に反して、釣りの「カツオ」は日に日に減少。安定した水揚げが期待できる魚が有ると無いとでは、計算が大きく異なる。この夏は「イナダ」か「イサキ」、そして「生シラス」に助けられる事になってしまうのか。
posted by にゃー at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

鰤肉祭は魚市場も大歓迎

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 120キロ、サバ 130キロ
       ウルメイワシ 60キロ、ワカシ 100キロ
「石橋」定置:アジ 1.1トン、ウルメイワシ 90キロ
「 岩 」定置:アジ 220キロ、ワカシ 970キロ
「原辰」定置:ワカシ 2.4トン、ウルメイワシ 60キロ
「江の安」定:ワカシ 290キロ、アジ 70キロ
「二宮」定置:アジ 150キロ、サバ 200キロ
       ウルメイワシ 240キロ、ワカシ 210キロ
「福浦」定置:ワラサ 3.1トン、イナダ 2.4トン
「大磯」定置:アカカマス 420キロ、サバ 160キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 100キロ、シイラ 330キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 170キロ
「山下丸網」:アジ 80キロ ほか
「土肥釣船」:トビウオ 80キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 50キロ、釣スルメイカ 50キロ

 東方面からは、
「湘南沖曳」:生シラス 70キロ
「二宮沖曳」:生シラス 10キロ
「湘南刺網」:活マゴチ 40キロ
「江ノ島網」:活スズキ 40キロ ほか

和歌山 ・・・ 釣カツオ 680キロ、釣キメジ 220キロ

「アジ」もそこそこ獲れて、「イナダ」もあった。「カマス」もよう獲れたという中にあって、今朝は「サバ」が激減し、「ワカシ」が急増した。
一時、「シイラ」やら「マルソウダ」が多くなって夏だなあと思っていたら、いつの間にやら「ワカシ」が増えて、そういえばコイツも夏の魚だと思い出さされた。
言わずと知れた「ブリ」の子供である「ワカシ」だが、まだ一方で「ワラサ」が獲れているのに、「イナダ」も併せて親子三世代そろい踏みの格好。
「ワラサ」ももう終わると思っていながらのアンコールに苦笑いしつつ、手を焼く子供の登場でまさに一年通して鰤市場の様相である。
posted by にゃー at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

定置網で旗包みする魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 900キロ、小サバ 140キロ
       サバ 140キロ、スルメイカ 50キロ
「石橋」定置:アジ 680キロ、ウルメイワシ 120キロ
       サバ 80キロ、スルメイカ 70キロ
「 岩 」定置:アジ 410キロ、サバ 140キロ
       シイラ 180キロ
「原辰」定置:アジ 170キロ、サバ 120キロ
       ワカシ 70キロ
「江の安」定:アジ 310キロ、ウルメイワシ 220キロ
「二宮」定置:アジ 1.2トン、アカカマス 80キロ
       サバ 560キロ、ワカシ 140キロ
       ウルメイワシ 450キロ
「福浦」定置:ワラサ 260キロ、イナダ 290キロ
       サバ 250キロ、シイラ 230キロ
       小ケンサキイカ 320キロ
「大磯」定置:サバ 960キロ、アカカマス 370キロ
       アジ 80キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 220キロ、シイラ 150キロ
       アジ 90キロ
「山下丸網」:イナダ 120キロ、アジ 120キロ
       ワラサ 100キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 70キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 50キロ ほか

 東方面からは、
「湘南沖曳」:生シラス 80キロ
「二宮沖曳」:生シラス 55キロ
「湘南地引」:アカカマス 50キロ、生シラス 30キロ
「江ノ島網」:シイラ 600キロ、ワカシ 120キロ
       サゴシ 120キロ、アカカマス 150キロ
       アジ 310キロ、カタボシイワシ 75キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 710キロ、釣キメジ 440キロ

房総沖で太平洋沖へと曲がる黒潮のおこぼれを頂戴する形で、相模湾に「マアジ」復活の気配。おこぼれと言うには訳があり、その黒潮の本流が流れ込む銚子沖ではとにかく「マアジ」と「サバ」が巻き網で獲れているらしい。そのせいもあって同じ網に「小サバ」や「シイラ」、「ワカシ」も多い。間が良きゃ「イナダ」やら「カマス」やら「サワラ」やらお金になる魚も入るのだが、その道は神のみぞ知る海のワインディングロードである。
posted by にゃー at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

魚市場にワラサの最後っ屁

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 330キロ、ウルメイワシ 330キロ
       カタクチイワシ 370キロ、サバ 80キロ
「石橋」定置:アジ 360キロ、サバ 110キロ
「 岩 」定置:カタクチ 260キロ、アカカマス 80キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 430キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 240キロ、アジ 70キロ
「二宮」定置:アジ 730キロ、サバ 160キロ
       ウルメイワシ 90キロ
「福浦」定置:小アカイカ 160キロ、ワカシ 90キロ
「大磯」定置:サバ 1トン、アカカマス 690キロ
       ウルメイワシ 160キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 280キロ、ワラサ 200キロ
       イナダ 450キロ、アジ 210キロ

 東方面からは、
「湘南地引」:アカカマス 50キロ、生シラス 35キロ
「二宮沖曳」:生シラス 50キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 120キロ
「江ノ島網」:サゴシ 70キロ

聞こえる。ってことで、ついに「ワラサ」が絶えそうですよ。
小田原沿岸ではほぼ終了。伊豆からの水揚げも200キロと日に日に減少。とうとうここまで来ました。
といって、週明けあたりにゃまたドカンと来るかな?いやプスンくらいか。
せいぜいプリッくらいかな。
posted by にゃー at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

錠剤買うより魚市場で魚買え

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 230キロ、サバ 60キロ
       アジ 50キロ、ウルメイワシ 70キロ
「石橋」定置:アジ 120キロ、カタクチイワシ 230キロ
       サバ 80キロ、ウルメイワシ 70キロ
「 岩 」定置:カタクチイワシ 1.3トン、ウルメ 70キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1トン、ウルメ 70キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 500キロ、アジ 30キロ
「二宮」定置:アジ 420キロ、カタクチイワシ 130キロ
       ワラサ 90キロ、ウルメイワシ 140キロ
「福浦」定置:ワラサ 650キロ、ワカシ 350キロ
「大磯」定置:サバ 600キロ、ワカシ 530キロ
       アカカマス 170キロ、ワラサ 250キロ

 伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 700キロ、アジ 500キロ
「山下丸網」:イサキ 560キロ、アジ 40キロ
「熱海丸網」:カタクチイワシ 100キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 100キロ
「二宮沖曳」:生シラス 50キロ
「江ノ島網」:ワカシ 230キロ ほか

和歌山・・・釣キンメダイ 320キロ、釣カツオ 1.3トン

♪「イワシ」「イワシ」「イワシ」〜
「イワシ」を食べると〜
からだ、からだ、からだ〜
からだに良いのさぁ〜
変な薬を輸入するより、「イワシ」を団子にして食べた方がよっぽど体が気持ちいい。
というわけで、とかく体に良いと言われる青魚の代表「ヒコイワシ(カタクチイワシ)」が増えてきました。
近年は減少傾向にあった水揚げですが、まったく獲れないわけではありません。最近獲れる「生シラス」もこの「カタクチイワシ」の稚魚が多く、また増えてくるのでしょうか。
その他、湘南方面からは「ワカシ」の姿も目立って参りました。
posted by にゃー at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

結果にコミットする魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 770キロ、ウルメイワシ 150キロ
       サバ 200キロ、スルメイカ 50キロ
「石橋」定置:アジ 1.3トン、小サバ 160キロ
       サバ 160キロ
「 岩 」定置:カタクチイワシ 1.6トン、アジ 80キロ
       ウルメイワシ 190キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 300キロ、サバ 150キロ
       ウルメ 120キロ、アカカマス 60キロ
「江の安」定:アジ 110キロ、サバ 80キロ
「二宮」定置:ワラサ 520キロ、アジ 2.2トン
       サバ 220キロ
「福浦」定置:イナダ 3.5トン、ワラサ 2.5トン
「大磯」定置:ワラサ 2トン、サバ 1.3トン
       アジ 120キロ、アカカマス 830キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 30キロ、ウルメイワシ 40キロ
「山下丸網」:ワラサ 270キロ、イサキ 110キロ
「川奈杉本」:イナダ 530キロ、シイラ 140キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 90キロ
「土肥釣船」:トビウオ 120キロ
「西伊豆釣」:釣スルメイカ、釣イサキ ほか

 東方面からは、
「二宮沖曳」:生シラス 55キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 130キロ
「湘南地引」:アカカマス 40キロ ほか
「湘南刺網」:活マゴチ 50キロ ほか
「江ノ島網」:アジ 320キロ、ワラサ 100キロ
       サゴシ 70キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 270キロ

山で遭難する人の半分以上が60歳以上だって?もちろん18歳以下でも政治判断のできるヤツはいる、そして60を超えても政治になんら関心の無い人もいる。それが世の中ってもんなんだ。
そういえば市場の競りに参加できるのって、何歳からなんですかね?そもそも年齢制限なんてあるのかしら?
市場に登録して数ヶ月は必要らしいけど、歳のことは気にしたことがないな。
老若男女問わず参加する競りとして有数の活気を誇る小田原魚市場としては、多数の人がごった返す競りの安全確保も課題の一つとして近年の買受人の高齢化は由々しき問題の一つでもあります。もっと若い人が魚の商売に目を向けて、競りに参加してくれるようになると嬉しいのですが、何しろ時代は市場外流通などと言ってハナから「競り」の存在を無視した値付けでモノが流通する時代です。競りの意義とは多数の人が参加して多数の品物が有ってこそ意味をなす取引ですから、先細りの流れは非常に寂しく恐ろしいものを感じます。
確かに今の時代、声を張り、手を翳して値を示し、競り人の判断でそれを瞬時に落札するという実にアナログな手法がとられている業界は他を見てもなかなか無く、相撲の行司ですらビデオ判定する時代にあって、まったくノンビリしたというか泥臭い手法ではありますが、そこがまたこの潮臭い業界の良いところでもあるのだと自身を納得させ、今日も布団に潜るのであった。
とにかく魚が増えても買い手が増えなきゃ意味が無いわけで、競りに参加したいと思ったら、まずは市役所か魚市場に電話だ。とにかく話はそれからだ。
posted by にゃー at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

とびだせみんなの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 200キロ、サバ 70キロ
「石橋」定置:アジ 530キロ、ウルメイワシ 150キロ
「 岩 」定置:アジ 220キロ、ワラサ 140キロ
       ウルメイワシ 130キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 460キロ、サバ 110キロ
       ウルメイワシ 250キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 300キロ、ウルメイワシ 510キロ
       サバ 110キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アカカマス 400キロ、サバ 760キロ
       アジ 90キロ、ウルメイワシ 200キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 820キロ
「網代定置」:イナダ 1トン
「川奈釣船」:釣キンメダイ 100キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 60キロ ほか
「土肥釣船」:トビウオ 90キロ
「山下丸網」:ワラサ 80キロ、イナダ 60キロ

 東方面からは、
「湘南地引」:アカカマス 35キロ
「江ノ島網」:サワラ、サゴシ ほか

和歌山 ・・・ 釣カツオ 250キロ、釣キハダ 180キロ
小田原 ・・・ 活マゴチ 60キロ

6月になってから売り場を賑わせてくれる土肥の「トビウオ」。週末には観光用に「トビウオすくい」の船が出ている(今年は残り全席満員)とか。今年は好漁続きで大盛況のようです。青々としてスラリとした魚体は、伸張した胸ビレとのバランスがグライダーのようであり、市場に夏らしさの空気を運んでくれます。
食べても塩焼きや刺身、なめろうなど夏の味覚としても大注目の魚となっております。
「イワシ」や「カマス」、「イサキ」とならんで夏の食卓を彩る地魚として、お買い求め下さい。
もちろん「小田原アジ」もお忘れなく。
posted by にゃー at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

ドM魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 250キロ、カタクチイワシ 400キロ
       マルアジ 100キロ、サバ 60キロ
「石橋」定置:アジ 1.4トン、カタクチイワシ 400キロ
       サバ 130キロ、ウルメイワシ 50キロ
       マルアジ 120キロ
「 岩 」定置:アジ 120キロ、カタクチイワシ 130キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 2.4トン、ウルメ 80キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ワラサ 1.2トン、アジ 300キロ
       サバ 210キロ、小サバ 100キロ
       ウルメイワシ 100キロ
「福浦」定置:ワラサ 260キロ、イナダ 210キロ
       サワラ 150キロ、シイラ 350キロ
「大磯」定置:サバ 700キロ、アジ 60キロ
       小サバ 100キロ、アカカマス 200キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 370キロ、シイラ 100キロ
「山下丸網」:ワラサ 230キロ、アジ 120キロ
       イナダ 170キロ、イサキ 130キロ
       小イカ 80キロ、小ムツ 70キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「川奈杉本」:カタクチイワシ 80キロ ほか
「土肥釣船」:トビウオ 60キロ

 東方面からは、
「湘南地引」:アカカマス 40キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 80キロ
「江ノ島網」:ワカシ 160キロ、シイラ 50キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 530キロ、釣キハダ 100キロ

魚が多ければ多いほど喜んでしまう体質って、どうかと思いますがね。
posted by にゃー at 12:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

魚の観念で魚市場は動かない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 50キロ ほか
「石橋」定置:アジ 140キロ、カタクチイワシ 80キロ
「 岩 」定置:シイラ 120キロ、カタクチイワシ 120キロ
       ワラサ 190キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 3.1トン ほか
「江の安」定:アジ、小イカ ほか
「二宮」定置:アジ 770キロ、サバ 220キロ
       ワラサ 70キロ
「福浦」定置:ワラサ 3.8トン、イナダ 800キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 180キロ、サバ 310キロ
       ウルメイワシ 130キロ、アジ 100キロ
       ワラサ 70キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 620キロ ほか
「山下丸網」:イナダ 1.8トン、ワラサ 130キロ
       イサキ 70キロ
「土肥釣船」:トビウオ 110キロ
「川奈杉本」:シイラ 70キロ ほか
「沼津底曳」:小イカ 70キロ ほか

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 150キロ
「湘南地引」:アカカマス 40キロ

おおっ!ついに湘南の煌めき「生シラス」が顔を出した。
まだ江ノ島周辺でしか獲れていないようで、しかも獲れ始めて間無しということもあり、すぐに獲れなくなるかもしれない。このまま相模湾一帯で獲れるようになると良いが、どうも湾内の潮回りが良くないせいか、魚全体思うように獲れてこない。夏枯れと言うには早いまだ6月というのに、交流戦のDeNAかと思うくらいの絶不調であり、心配なのはむしろこちらの方である。なんとか早いスランプ脱出を願いたいものである。
posted by にゃー at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

信じるものに救われる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 310キロ、アジ 80キロ
       ウルメイワシ 80キロ
「石橋」定置:アジ 890キロ、カタクチイワシ 310キロ
「 岩 」定置:アジ、カタクチイワシ ほか
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.8トン ほか
「江の安」定:カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:アジ 1.1トン、サバ 240キロ
       小サバ 160キロ
「福浦」定置:シイラ 410キロ、ワラサ 140キロ
「大磯」定置:ワラサ 200キロ、サバ 450キロ
       アジ 850キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 6.7トン、ワラサ 160キロ
       イサキ 220キロ
「真鶴定置」:ワラサ 1.1トン、シイラ 100キロ
「土肥釣船」:トビウオ 120キロ
「西伊豆釣」:釣アカムツ、釣マダイ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 70キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 1トン、釣キハダ 150キロ

最近コーヒーの消費量が広い年代で増えているのだそう。コンビニの100円コーヒーの普及や街角のコーヒーチェーンの増加が貢献しているのだとか。一方で一部バーガーショップの売り上げは、前年対比で大きく減り続けている。
そこにあるのは嗜好品であるコーヒーに対価という形で支払われる価格への許容が見え、そこには一時的であれ目の前でコーヒーを豆から挽いて煎れるプチ贅沢な感覚への陶酔が見え隠れするわけだが、それに対しバーガー消費の低迷にはバーガー=安価な食べ物という固定観念と中国産原料の多用による消費者離れが顕著になり、購買意欲と適正価格の消費曲線が乖離した購買層が意識的に距離を置くという卒業願望の現れとして見ることができると思う。いずれにも脱中流という意識が消費行動と結びついた結果だと考えられるが、同じく低価格を売り物にしてきたファストファッションなどのアパレル事情を見れば、相変わらずの人気で、むしろ業界の勢力図は日々塗り替えられているといった印象であり、安い品物でも質の良い物は支持されるというある意味で日本のマーケットの成熟度を象徴した現象だと考えられる。
顧みるに鮮魚流通の現状を見れば、魚価は下落を辿り、消費は低迷を続けている。売れている鮮魚の話を聞けば、居酒屋の高鮮度を売り物にした地魚や大盛りや浜焼きなどを売りにした海鮮食事処。
徐々に魚は外で食べるものという意識が定着しつつある現実に戦慄を覚えるが、家庭で食べる魚に幸福感や満足感が足りていないのではないかという疑念は頭から離れない。そりゃ小さい頃から魚を食べなきゃ、味も知らなきゃ食べ方も分らない。無い無い尽くしで手も出ない。挙げ句の果てに食べる魚は養殖物と来る。養殖物を否定はしないが、何故か素直に喜べない。
だって美味しい魚が毎日、こんなに獲れているというのに。
posted by にゃー at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

魚市場の美しい勝利

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:キハダ 60キロ、サバ 90キロ
       ウルメイワシ 70キロ
「石橋」定置:アジ 790キロ、マルアジ 340キロ
       ウルメイワシ 70キロ、サバ 70キロ
「 岩 」定置:シイラ 950キロ、アジ 210キロ
       ワラサ 140キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 500キロ、アジ 50キロ
       カタクチイワシ 2.2トン
「江の安」定:ウルメイワシ、オキヒイラギ ほか
「二宮」定置:アジ 620キロ、ワラサ 90キロ
       サバ 440キロ、小サバ 420キロ
       小イカ 100キロ
「福浦」定置:ワラサ 1.8トン、イナダ 210キロ
「大磯」定置:アジ 2トン、ワラサ 280キロ
       サバ 600キロ、ボラ 50キロ

 伊豆方面からは、
「土肥釣船」:トビウオ 100キロ
「山下丸網」:ワラサ 310キロ、イサキ 270キロ
       イナダ 70キロ
「川奈杉本」:シイラ 40キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:サゴシ 140キロ、アジ 70キロ

「もう少し魚が取れた」と悔しがりながらも堂々と大磯・二宮方面での「アジ」大漁。西からは「ワラサ」に「シイラ」、そして人気の「イナダ」と「イサキ」が脇を固めて大量得点。今日も安定の勝利であった。
明日は沖から「カツオ船」の入船も迎えて、また違った戦術で攻略することになるだろう。
posted by にゃー at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

心が風邪を引いた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 50キロ、カタクチイワシ 70キロ
「石橋」定置:アジ 150キロ、サバ 620キロ
       スルメイカ 60キロ
「 岩 」定置:シイラ 320キロ、スルメイカ 60キロ
       カタクチイワシ 100キロ、サバ 90キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.4トン、シイラ 180キロ
       ウルメイワシ 260キロ
「江の安」定:カタクチイワシ、ウルメイワシ ほか
「二宮」定置:サバ 240キロ ほか
「福浦」定置:ワラサ 1.2トン、イナダ 110キロ
「大磯」定置:サバ 670キロ、アカカマス 100キロ
       小サバ 110キロ、カタクチイワシ 100キロ
       ウルメイワシ 70キロ

 伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 1.1トン、クロマグロ 74キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 110キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 50キロ、釣小ムツ 20キロ
「土肥釣船」:トビウオ 80キロ
「熱海丸網」:トビウオ、シイラ ほか
「山下丸網」:ワラサ 100キロ、クロマグロ 22キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:サバ 40キロ、カタクチイワシ 60キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 370キロ
        釣キハダ 1.1トン(58本)

20150609_kihada1.jpgすっかり姿を消した「小田原アジ」。
思わず唄いたくなります「アジケない日々〜♪」。このライブ感が最高。
しかし「マグロ」が来てるってトコがミソ。これは夏にかけて今年も「マグロまつり」再来の前兆かもしれません。
posted by にゃー at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

雨に濡れた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 310キロ、カタクチイワシ 250キロ
       サバ 260キロ
「石橋」定置:アジ 630キロ、カタクチイワシ 240キロ
       サバ 180キロ、マルソウダ 150キロ
「 岩 」定置:アジ 110キロ、アカカマス 100キロ
       シイラ 600キロ、マルソウダ 180キロ
       ウルメイワシ 90キロ
「原辰」定置:シイラ 500キロ、マルソウダ 60キロ
       アジ 100キロ、カタクチイワシ 1.3トン
       ウルメイワシ 410キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 80キロ ほか
「二宮」定置:アジ、ワラサ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 650キロ、サバ 850キロ
       アカカマス 140キロ、ワラサ 100キロ
       小サバ 210キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 920キロ、サバ 170キロ
       スルメイカ 180キロ
「山下丸網」:アジ 180キロ、イナダ 100キロ
       ワラサ 530キロ、小ムツ 150キロ
       サバ 80キロ
「熱海丸網」:サバ、アカカマス ほか
「川奈杉本」:イナダ 60キロ、シイラ 80キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:ワラサ 530キロ

和歌山 ・・・ (釣)カツオ 1.8トン

そろそろ関東地方も梅雨入りという季節になって参りました。雨が降ると魚の動きが鈍くなるので、あまり気乗りしませんが、それにより「小田原アジ」の量が減ってこないことを祈って止みません。
一方で「カツオ」や「キハダ」が時期を迎えつつあり、沖の釣船の出入りが激しくなる季節になりました。
明日は「キハダ」の入船があると言うことで、船を迎える準備もありますが、休漁が続いた「福浦」定置の復活も予定されており、本日販売が再開された「ペヤング」同様、待望の復活祭を期待したいと思っております。
posted by にゃー at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

魚市場にも情熱のシ−ラ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 260キロ、マルソウダ 50キロ
「石橋」定置:アジ 780キロ、マルソウダ 90キロ
       サバ 200キロ、小サバ 260キロ
「 岩 」定置:シイラ 230キロ、マルソウダ 170キロ
       アジ 80キロ、ワラサ 60キロ
「原辰」定置:シイラ 100キロ、ウルメイワシ 240キロ
       マルソウダ 80キロ、アオリイカ 50キロ
「江の安」定:カワハギ、ウルメイワシ ほか
「二宮」定置:サバ 740キロ、小サバ 200キロ
「福浦」定置:ワラサ 5.6トン、イナダ 660キロ
「大磯」定置:アジ 1.6トン、ワラサ 130キロ
       サバ 400キロ、小サバ 170キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 210キロ、ワラサ 260キロ
       サバ 500キロ、イサキ 250キロ
       アジ 80キロ、小ムツ 100キロ
「川奈杉本」:シイラ 110キロ ほか
「熱海丸網」:シイラ 270キロ、アカカマス 50キロ
「西伊豆釣」:釣アカムツ、トコブシ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 100キロ、サバ 170キロ

魚偏に暑で「シイラ」。夏の魚として有名だが、安い魚としてもよく知られている。
しかし安いと行って侮るなかれ、情熱を持って「シイラ」の本当の魅力を引き出して商品作りを行えば、立派な鮮魚の一つとなります。夏場の魚の少なくなる時期に貴重な魚となるし、刺身にソテーにと大活躍。重要な惣菜魚として流通します。
例えば雑魚を「猫またぎ」などと称して呼ぶ事があります。しかし猫には料理するすべがありません、その点、人間には知恵があります。猫がまたいだとしても、我々は人間としてその素材の価値を見出し、利用する義務があるのです。
posted by にゃー at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

努々魚を獲りまくる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 60キロ、カタクチイワシ 170キロ
       サバ 240キロ、小サバ 1トン
「石橋」定置:アジ 1.2トン、サバ 180キロ
       マルソウダ 330キロ
「 岩 」定置:アジ 480キロ、カタクチイワシ 100キロ
       サバ 170キロ、シイラ 480キロ
「原辰」定置:シイラ 260キロ、マルソウダ 110キロ
       カタクチイワシ 170キロ
「江の安」定:アジ 60キロ、マルソウダ 30キロ
       サバ 40キロ
「二宮」定置:サバ 640キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 390キロ、小サバ 400キロ
       サバ 770キロ、ワラサ 910キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 1.3トン、ワラサ 130キロ
       サバ 140キロ、小ムツ 120キロ
「熱海丸網」:アカカマス 140キロ、シイラ 130キロ
       サバ 110キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 45キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:ワラサ 8.4トン

ん?「アジ」減ってきた?
今日の午後から雨が降り続いて、その影響が心配。
「サバ」は「マサバ」を含めて量を増しており、「イナダ」や「シイラ」なども含めて青魚は豊富。
これでまた釣りの「カツオ」やら昨日みたいな「マグロ」でも獲れてくれれば、品揃え的には満足できる物になるのだが。
posted by にゃー at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

魚市場は魚のウッドストック

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 170キロ、サバ 280キロ
       スルメイカ 80キロ、小サバ 200キロ
       クロマグロ 67キロ
「石橋」定置:アジ 1.2トン、サバ 660キロ
       マルアジ 70キロ、シイラ 160キロ
「 岩 」定置:アジ 210キロ、サバ 380キロ
       マルソウダ 400キロ、シイラ 500キロ
       アカカマス 60キロ、小サバ 480キロ
「原辰」定置:シイラ 110キロ ほか
「江の安」定:アジ 40キロ、カタクチイワシ 40キロ
       ウルメイワシ 60キロ
「二宮」定置:アジ 80キロ、サバ 850キロ
       ワラサ 200キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 500キロ、ワラサ 190キロ
       サバ 780キロ、シイラ 140キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 630キロ、メジナ 60キロ
「網代定置」:アジ 2.5トン
「山下丸網」:アジ 830キロ、小ムツ 60キロ
「熱海丸網」:アカカマス 130キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ、トコブシ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:ワラサ 320キロ
「江ノ島網」:アカカマス 30キロ ほか

「マグロ」を含めた大物アーティストと「アジ」や「サバ」など地元の定番メンバー出場と各地方出身の個性派も含めた多種多様な豪華共演が実現したこの舞台。ジワリジワリと相模湾へ近づいてきた黒潮というニューウェーブを先取りしたかのような先進のパフォーマンスとエンターテインメント。前線の刺激を受けた気圧の変化も相まって、ますます刺激的な日々が続くでしょう。そして、魚にとっての愛と平和の祭典は市場を舞台に永遠に続くのです。
posted by にゃー at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

テッポウエビ

20150602_nra.jpg
パキュンパキュン


片手に大きなハサミを持ち、いざという時このハサミを打ち鳴らすと言う攻殻機動隊。
かつての全米ライフル協会会長チャールトン・ヘストンも思わず喜びそうなエビである。

「コブラ」なら”サイコガン”、「ドラえもん」なら”空気砲”。これがエビになると”テッポウ”ということらしいが、パチンパチンと音を鳴らして威嚇として機能すると言うなら”紙鉄砲”とでも呼んだ方が正確な表現とも言えそうだが。、衝撃波で小動物を気絶させ補食すると言うから攻撃性も高いようだ。

しかしパッと見は「ザリガニ」で、まさか海に「サリガニ」がいるとはと驚いたのだが、さすがにそれは早とちりだったようだ。ちなみに魚市場の目の前、早川港で獲れました。

そういえばこの早川港には「ハナハゼ」やら「クツワハゼ」やら、この「テッポウエビ」と共生関係にある「ハゼ」の仲間が沢山おり、穴を掘っていても同棲相手には事欠かない恵まれた環境にあり、思っている以上に港にはこのエビが住んでいるのかもしれない。
ひょっとすると「ハゼ」の仕掛けをグイと引き込んだ犯人は、ひょっとするとコイツなのかもしれない。
posted by にゃー at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場は魚の大きさ不問

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 2.5トン、アジ 1.3トン
       サバ 990キロ、アカカマス 140キロ
       マルアジ 130キロ、小サバ 480キロ
       スルメイカ 50キロ、ウルメ 100キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 500キロ、シイラ 200キロ
       カタクチイワシ 3トン、サバ 280キロ
       アカカマス 70キロ、スルメイカ 60キロ
       小サバ 130キロ、ウルメイワシ 60キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.1トン、アジ 150キロ
       アオリイカ 120キロ、トビウオ 120キロ
       ウルメイワシ 60キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 240キロ、サバ 50キロ
「二宮」定置:ワラサ 470キロ、サバ 240キロ
       アジ 80キロ、カタクチイワシ 130キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ワラサ 820キロ、アジ 140キロ
       サバ 120キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 160キロ、スルメイカ 620キロ
「山下丸網」:アジ 240キロ、ワラサ 630キロ
       サバ 770キロ、小ムツ 50キロ
「熱海丸網」:サバ 480キロ、アカカマス 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:ワラサ 520キロ
「江ノ島網」:ワラサ 2トン
「二宮沖曳」:生シラス 60キロ

和歌山船 ・・・ 釣カツオ 510キロ

東方面に「ワラサ」接近警報発令。波乗りの間を縫って「ワラサ」出現なんてこともあってりして。
今朝は「生シラス」も増えていたが、定置網も「カタクチイワシ」類を中心として「トビウオ」や「シイラ」なども量を増やし、「サバ」や「カマス」が存在感を際立たせ、ますます夏色を濃くした感がありました。
20150602_haze.jpg濃いと言えば、港の中も濁りが濃く、いつの間にやら海底も見えない状況。水面を泳ぐ小魚も種類を増し、活性が高まっている様子。針にジャリメでも引っかけて沈めれば、すぐに掛かるわ掛かる「ハゼ」の山。この時期、天ぷら食材にお困りの際は、是非、早川港に釣り糸を垂れることをお勧めいたします。
posted by にゃー at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

魚市場にトトありき

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 180キロ、カタクチイワシ 190キロ
       スルメイカ 110キロ、サバ 90キロ
「石橋」定置:アジ 1.9トン、マルアジ 120キロ
       ウルメイワシ 140キロ
「 岩 」定置:アジ 350キロ、アカカマス 290キロ
       カタクチイワシ 260キロ、サバ 60キロ
       ウルメイワシ 100キロ、トビウオ 80キロ
       ワラサ 90キロ
「原辰」定置:アジ 210キロ、カタクチイワシ 90キロ
       アカカマス 100キロ、トビウオ 70キロ
       マルアジ 70キロ、イシダイ 90キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 30キロ ほか
「二宮」定置:ワラサ 560キロ、サバ 400キロ
       アジ 1.1トン
「福浦」定置:活マダイ、アオリイカ ほか
「大磯」定置:ワラサ 610キロ、アジ 480キロ
       アカカマス 140キロ、サバ 1.8トン
       小サバ 440キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 1トン、スルメイカ 460キロ
       メジナ 240キロ
「赤沢定置」:ワラサ 610キロ、サバ 570キロ
「山下丸網」:イナダ 510キロ、サバ 350キロ
       ワラサ 2.1トン
「西伊豆釣」:釣マダイ、釣ワラサ ほか
「熱海丸網」:アカカマス 230キロ、サバ 200キロ
「川奈杉本」:トビウオ 40キロ、アオリイカ 30キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:ワラサ 520キロ
「二宮沖曳」:生シラス 10キロ
「大磯地引」:アカカマス 40キロ ほか

下田釣船 ・・・ 釣キンメダイ 390キロ

ごっつあんです。今朝も魚がいっぱいです。一杯の魚に囲まれて今日も幸せです。
20150601_sirasira.jpgそして今朝は、今年の不漁が伝えられる「生シラス」が久しぶりに入荷。といっても朝の夜明けからが勝負の一発勝負的な漁のため、日によっての当たり外れが激しい模様で、入荷状況もそれに大きく左右されることとなっております。しかも今年は極めて不漁が続いており、獲れる方が奇跡と言うほどの貧漁続き。時間いっぱいまで漁に集中しているため、魚の到着時間はどうしても遅くなってしまっうのですが、今朝も少ない「生シラス」を幸運なお客様のみに販売することができました。明日もあるかは、それこそ漁次第、量次第、料(お値段)次第というところ。
posted by にゃー at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする