魚体中骨抜き器販売中

2015年06月22日

定置網で旗包みする魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 900キロ、小サバ 140キロ
       サバ 140キロ、スルメイカ 50キロ
「石橋」定置:アジ 680キロ、ウルメイワシ 120キロ
       サバ 80キロ、スルメイカ 70キロ
「 岩 」定置:アジ 410キロ、サバ 140キロ
       シイラ 180キロ
「原辰」定置:アジ 170キロ、サバ 120キロ
       ワカシ 70キロ
「江の安」定:アジ 310キロ、ウルメイワシ 220キロ
「二宮」定置:アジ 1.2トン、アカカマス 80キロ
       サバ 560キロ、ワカシ 140キロ
       ウルメイワシ 450キロ
「福浦」定置:ワラサ 260キロ、イナダ 290キロ
       サバ 250キロ、シイラ 230キロ
       小ケンサキイカ 320キロ
「大磯」定置:サバ 960キロ、アカカマス 370キロ
       アジ 80キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 220キロ、シイラ 150キロ
       アジ 90キロ
「山下丸網」:イナダ 120キロ、アジ 120キロ
       ワラサ 100キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 70キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 50キロ ほか

 東方面からは、
「湘南沖曳」:生シラス 80キロ
「二宮沖曳」:生シラス 55キロ
「湘南地引」:アカカマス 50キロ、生シラス 30キロ
「江ノ島網」:シイラ 600キロ、ワカシ 120キロ
       サゴシ 120キロ、アカカマス 150キロ
       アジ 310キロ、カタボシイワシ 75キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 710キロ、釣キメジ 440キロ

房総沖で太平洋沖へと曲がる黒潮のおこぼれを頂戴する形で、相模湾に「マアジ」復活の気配。おこぼれと言うには訳があり、その黒潮の本流が流れ込む銚子沖ではとにかく「マアジ」と「サバ」が巻き網で獲れているらしい。そのせいもあって同じ網に「小サバ」や「シイラ」、「ワカシ」も多い。間が良きゃ「イナダ」やら「カマス」やら「サワラ」やらお金になる魚も入るのだが、その道は神のみぞ知る海のワインディングロードである。
posted by にゃー at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする