2018_fespos.jpg

2015年07月18日

魚市場バイヤーズクラブ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1トン、サバ 310キロ
       小サバ 400キロ
「石橋」定置:アジ 230キロ、小サバ 850キロ
       サバ 500キロ、ウルメイワシ 330キロ
       ワカシ 80キロ、マイワシ 80キロ
「 岩 」定置:アジ 340キロ、ウルメイワシ 70キロ
「原辰」定置:マイワシ 130キロ、ワカシ 100キロ
       ウルメイワシ 60キロ、アジ 40キロ
「江の安」定:アジ 380キロ、ウルメイワシ 100キロ
「二宮」定置:サバ 100キロ、アジ 50キロ
       アカカマス 50キロ、ウルメ 40キロ
「福浦」定置:イナダ 840キロ、ワラサ 650キロ
「大磯」定置:ワカシ 540キロ、サバ 300キロ
       アカカマス 80キロ、小サバ 150キロ
       アジ 70キロ、ウルメイワシ 140キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 850キロ、小アカイカ 300キロ
       アジ 140キロ、ムツ 260キロ
       サワラ 50キロ、ワラサ 80キロ
「川奈杉本」:シイラ 70キロ ほか

狙い澄まして「アジ」ヒット。狙いを絞って「イサキ」ゲット。狙いを決めて「イナダ」キャッチ。
台風後の連休前、しかも夏休み初日という好条件が揃った今朝は各網で好漁が続いて魚市場は大賑わい。
二日間の貧漁が明けてのコレですから、買受人の食いつきが違います。競り中の取っ組み合いもいつもより激しく、倒れる人も出る始末。当然相場も高く、競り場に並んでいれば何でも売れそうな勢いでした。
毎日この勢いなら良いんですけどね〜。
posted by にゃー at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

魚市場の富貴海にあり

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:シイラ 240キロ ほか
「原辰」定置:マイワシ 360キロ、ワカシ 45キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:活ヒラメ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

台風11号は四国へ上陸し、風雨も徐々に弱まりつつあったが、今朝は残ったうねりと風雨を警戒して休漁する網が相次ぎました。上場した「二宮」定置はイケスに活かしていた魚のみ出荷し、「原辰」定置は通常通りの水揚げを行い、「岩」定置は船での小田原漁港入船を諦め、今朝は陸送にての出荷を行った。
午後には雨も止み、うねりも解消されつつあるようなので、明日には大部分の定置網が出漁できる見込みとされ、連休前に魚の多い日が期待できそうである。
posted by にゃー at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メジロザメ

20150717_mejiro2.JPG
目が白いから「メジロザメ」


潤んだ瞳のサメは「サメザメ」。

20150717_mejiro1.jpgズドーンと2メートル。立派なシンボルの持ち主。
いつもは沖の底にいた主が、台風を避けて沿岸に寄ってきて網に入ってしまったのであろうか。
その見た目から「人食いザメ」と良く言われるが、口の前に顔や腕を出したりしない限り、進んで人を襲うことは無い(と私は考えている)。
posted by にゃー at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

それでも魚市場は魚が好き

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 310キロ、マイワシ 380キロ
「石橋」定置:アジ 90キロ、小サバ 150キロ
       ウルメイワシ 210キロ、マイワシ 500キロ
「 岩 」定置:シイラ 600キロ ほか
「原辰」定置:マイワシ 460キロ、シイラ 100キロ
「江の安」定:シイラ 310キロ、アジ 180キロ
「二宮」定置:アジ 90キロ、サバ 500キロ
       アカカマス 330キロ、ワカシ 130キロ
「福浦」定置:イナダ 1.9トン、ワラサ 310キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ワラサ 130キロ、シイラ 70キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 165キロ ほか

内閣支持は高くても、法案支持はまるで少数。それでも通る、この不思議。
開催支持は多数でも、高い工費はまるで拒否。それでも待ってる、この不思議。
台風接近で魚少なくとも、風雨に波浪はまるで危険。それでも集まる、この不思議。
posted by にゃー at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

与と野の間の魚市場で

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 200キロ、マイワシ 470キロ
「石橋」定置:アジ 190キロ、マイワシ 310キロ
「 岩 」定置:アジ 580キロ ほか
「原辰」定置:マイワシ 460キロ、シイラ 110キロ
「江の安」定:アジ 550キロ ほか
「二宮」定置:イサキ 140キロ、サバ 250キロ
       ワカシ 130キロ
「福浦」定置:イナダ 3.5トン、ワラサ 1.2トン
「大磯」定置:サバ 220キロ、ワカシ 2.4トン

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 110キロ、ワラサ 160キロ

和歌山 ・・・ 釣カツオ 520キロ
神津島 ・・・ 釣キンメダイ 400キロ

台風11号は西日本へ逸れ、相模湾の危惧は次の12号へと移る中、連休前の週末の水揚げ状況が気になるわけだが、網替えした定置網もあり、量的には減ってくるものとみられるが、普段通りに水揚げは行われる模様。ただ天候次第では出漁困難な時もあるとみられ、動向注意を要する。沖に出る釣り漁師の話では、すでにうねりも入っており、釣りどころではなく皆一様に近場の港へ避難するとのこと。すでに全国各地からの入荷(特に西方面)は減り続けており、週末にかけての品薄状況が危惧され、ますます地魚の争奪戦が激しさを増すことが予想されている。
posted by にゃー at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

アヂー夏が魚市場に戻った

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 930キロ、ウルメイワシ 200キロ
       サバ 120キロ
「石橋」定置:アジ 420キロ、イサキ 180キロ
「 岩 」定置:アジ 1.6トン、ワカシ 150キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 110キロ ほか
「江の安」定:アジ 1.4トン ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 5.2トン、ワラサ 1.8トン
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 2.4トン
「西伊豆釣」:釣イサキ 130キロ ほか
「山下丸網」:ワラサ 130キロ ほか

暑い日のお仕事は、水分不足になりがちです。適度な休息と水分補給で健康にお過ごしください。
ということで、今朝の小田原は「小田原アジ」が絶好調。サイズもほどよく、台風の影響をものともしない猛者ぶりを発揮。
結果的に「アジ」中心の水揚げの中、適度な「イナダ」と「ワラサ」の補給で、健康な魚市場になりました。とさ。
posted by にゃー at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする