2018_fespos.jpg

2015年07月02日

ツカンポ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 550キロ、サバ 380キロ
       シイラ 530キロ
「石橋」定置:アジ 650キロ、サバ 100キロ
「 岩 」定置:アジ 160キロ、シイラ 320キロ
       サバ 130キロ、ワカシ 240キロ
「原辰」定置:シイラ 290キロ、サバ 160キロ
       カタクチイワシ 1.2トン
「江の安」定:カタクチイワシ 230キロ、シイラ 270キロ
「二宮」定置:アジ 280キロ、サバ 500キロ
       ワカシ 200キロ
「福浦」定置:サバ 140キロ、ワカシ 220キロ
「大磯」定置:サバ 560キロ、ワカシ 1.4トン
       タチウオ 110キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ、サバ ほか
「網代定置」:イナダ 650キロ、ワラサ 440キロ
「真鶴定置」:シイラ 160キロ、サバ 230キロ
       アジ 90キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 130キロ ほか
「川奈杉本」:シイラ 180キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 170キロ

ぬおおっ。定置網で獲れる「小田原アジ」が微減香りのヘアカラーしている今、反対に「シイラ」や「ワカシ」に「カタクチイワシ」や「ゴマサバ」といった惣菜魚が続々と獲れチャッティング。天気が前線接近で下り坂、底辺潜水の毎日で魚が減るのは仕方ないとは言え、さらに太平洋沖に台風2個発生(一つはまだ熱帯低気圧)という向田邦子もビックリのシナリオ。
これが阿吽の金剛力士像の乳首のように大きくなるとすれば、文字通りの暗雲立ち込める7月前半となるでしょう。こりゃあ今月は辛抱の月となるような予感がします。
これをツキが無いととらえるか、憑かれているととらえるか。それはそれで自業自得という考え方もあるわけだが、裏を返せば、良いことの積み重ねは先々必ず報われると信じることが大切である。
posted by にゃー at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする