2018_fespos.jpg

2015年07月04日

魚市場なんて心地よい響き

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 210キロ、小サバ 1.3トン
       サバ 580キロ、ワカシ 90キロ
「石橋」定置:アジ 850キロ、サバ 220キロ
「 岩 」定置:シイラ 990キロ、サバ 120キロ
       ワカシ 140キロ
「原辰」定置:サバ 130キロ ほか
「江の安」定:シイラ 90キロ、サバ 50キロ
       カタクチイワシ 50キロ
「二宮」定置:サバ 460キロ、ワラサ 120キロ
       ウルメイワシ 140キロ
「福浦」定置:シイラ 160キロ ほか
「大磯」定置:アジ 200キロ、ワカシ 2.5トン
       サバ 900キロ、小サバ 170キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 220キロ、サバ 210キロ
       アカカマス 110キロ
「真鶴定置」:ワラサ 1.6トン

 東方面からは、
「平塚定置」:小タチウオ 230キロ

今朝も魚が一杯で何でもかんでもある感じ。
天気が多少悪くても、山のご機嫌が多少斜めでも、人は美味しいモノを求めてやってくる。
美味しい魚を口にしたいがためにやってくる人のためにも、小田原の魚は頑張ります。
魚好きのための街、小田原。そんな魚市場になりたい。
posted by にゃー at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする