2018_fespos.jpg

2015年07月09日

魚市場に訪れる賢者タイム

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 280キロ、シイラ 160キロ
「石橋」定置:アジ 160キロ、イナダ 240キロ
       サバ 220キロ、ワカシ 100キロ
「 岩 」定置:イナダ 270キロ、シイラ 440キロ
       ワカシ 150キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 520キロ、シイラ 180キロ
「江の安」定:シイラ 330キロ、サバ 170キロ
「二宮」定置:サバ 390キロ、ワカシ 130キロ
「福浦」定置:サバ 480キロ、シイラ 1トン
       ウルメイワシ 100キロ
「大磯」定置:サバ 1.2トン、ワカシ 1トン

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 800キロ ほか
「西伊豆釣」:イサキ 80キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 250キロ ほか

和歌山 ・・・ 釣カツオ 480キロ、釣キハダ 250キロ

雨続きの、魚減り続き。さらに「アジ」減り続きの、トリプル台風ジワジワ近づき。
これで「アジ」の高値は確定的。ここまで高くなると、通常の魚屋ではもはや手の届く範囲を超えて悟りの領域。逆にどこまで高くなるかの興味の方が勝ってくる。一体、一匹いくらで売るのとか、一匹売っていくら損するとか、余計な邪念が頭を擡げてくるイヤらしさ。
こんな時は魚のことなど全て忘れて、ただ海を見る。目の前に無限に拡がる海の上を自在に飛び交うカモメの群れを見ていると、自然に癒やされてくるから不思議である。
posted by にゃー at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする