2018_fespos.jpg

2015年07月13日

ウィー・アー・ザ・魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 650キロ、サバ 260キロ
       ウルメイワシ 150キロ、ワカシ 100キロ
「石橋」定置:アジ 120キロ、ウルメイワシ 200キロ
       ワカシ 110キロ、サバ 80キロ
       ヒラメ 50キロ
「 岩 」定置:アジ 140キロ、イナダ 110キロ
       ワカシ 420キロ、ワラサ 60キロ
「原辰」定置:アオリイカ、ヒラメ ほか
「江の安」定:アジ 630キロ、ワカシ 40キロ
       サバ 40キロ、スルメイカ 40キロ
「二宮」定置:アジ 410キロ、サバ 280キロ
       アカカマス 650キロ、ワカシ 280キロ
「福浦」定置:小アカイカ 280キロ、シイラ 550キロ
「大磯」定置:サバ 650キロ、アカカマス 280キロ
       マイワシ 180キロ、ワカシ 1.1トン

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 250キロ、小アカイカ 380キロ
       ワラサ 960キロ
「川奈杉本」:イナダ 330キロ ほか
「真鶴定置」:アジ 320キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 150キロ ほか

和歌山 ・・・ 釣カツオ 1.9トン

流れの中での不意な予告と飛躍的迅速を持って繰り出されるラリアットの衝撃のような報。Wiiの驚きをありがとう。そしてDSはディスれません。唯一の失敗は「手本引き札」製造を中止したことか。
ともかく今朝はスプラトゥーン的な「小アカイカ」の群れにぶち当たったかと思えば、まだまだ「ワラサ」や「イナダ」がワンサカ娘。そして主立った数字には出てこないが各地の定置網では底物が相次いで大獲れをしており「ヒラメ」、「ホウボウ」、「メイタガレイ」を筆頭に滅多に獲れない「ネズミゴチ」や「シロギス」までもがまとまっていた。おまけに「クルマエビ」、「クマエビ」、「ツノナガチヒロエビ」と言った甲殻軍団までもが顔を見せ、何やら海の底の方から追い立てられて来てしまったのではないかと疑いたくなるほどの事態が見られた。
この影響は限定的とみられるが、今日に続き明日も見られるようだと少し心配かもしれない。
posted by にゃー at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする