2015年07月22日

日本の夏、魚市場の夏

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 300キロ、サバ 570キロ
       小サバ 200キロ、ウルメイワシ 50キロ
「石橋」定置:アジ 410キロ、サバ 410キロ
       小サバ 1.4トン、ウルメイワシ 100キロ
       イサキ 60キロ
「 岩 」定置:アジ 160キロ、サバ 110キロ
       シイラ 130キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 140キロ、サバ 70キロ
「江の安」定:アジ 90キロ、小サバ 130キロ
       ウルメイワシ 80キロ
「二宮」定置:アジ 680キロ、サバ 360キロ
       小サバ 360キロ、マルソウダ 70キロ
「福浦」定置:サゴシ 1トン、サバ 790キロ
       シイラ 280キロ、小サバ 550キロ
       マルソウダ 110キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 1.4トン、アジ 200キロ
       ウルメイワシ 630キロ、サバ 200キロ
       小サバ 400キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 170キロ ほか

山に蝉が湧き、魚市場に「小サバ」が湧く季節。この夏も「マルソウダ」や「ヒラソウダ」の集まりが悪いのは、やはり黒潮がコースを外れているためか。蝉も「小サバ」も長くは続かないとは思っているが、一時の「シイラ」や「ワカシ」といった夏の魚のまとまりも消え、なんとなく雰囲気は夏枯れモード。夏バテにはまだ早いと尻を叩きたい衝動に駆られるが、叩いた所でそう劇的に変化しない所が夏枯れの悪い所。こうなりゃ沖で釣ってくる大物のインパクトに頼りたいという心情に、付け入るように入ってくるのが「キハダ」の成果。この週末に押し寄せる大群は、この暗雲を払拭する事ができるかどうか。注目だ。
posted by にゃー at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする