2018_fespos.jpg

2015年07月25日

つるつるシコシコ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 230キロ、サバ 290キロ
「石橋」定置:アジ 200キロ ほか
「 岩 」定置:イナダ 920キロ、シイラ 560キロ
「原辰」定置:サバ 300キロ、シイラ 200キロ
       カタクチイワシ 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 770キロ、ウルメイワシ 120キロ
「福浦」定置:サゴシ 2トン、サワラ 130キロ
「大磯」定置:アジ 280キロ、カタクチイワシ 2.1トン
       ワカシ 200キロ、サバ 130キロ
       マルソウダ 240キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:イナダ 170キロ、ワカシ 120キロ
「山下丸網」:サバ 110キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 180キロ、タチウオ 190キロ

今、うどんチェーン店「讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺」に行くと、トッピングに小田原産の「ミズカマス(ヤマトカマス)」を使用した「カマスフライ」と「カマス天」が出ております。ボリュームたっぷりの旬の「カマス」を凍結加工した逸品。殿方も、姫君も、「カマス」好きの人も、うどん好きの人も、そして何より小田原の人は特に行って、その地元の味を確かめて欲しいと思います。食べ応えのある「カマス」はホクホクでフワフワ。ちなみに一枚160円。
ひょっとすると神奈川県の店舗限定販売とかになっているかもしれませんが・・(無責任)、これは食べる価値ありです。
posted by にゃー at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする