2015年08月31日

魚市場でカマトトぶらないで

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 2トン、サバ 280キロ
       ワカシ 160キロ、小サバ 110キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 3.8トン、サバ 220キロ
       小サバ 170キロ、ヘダイ 90キロ
「 岩 」定置:サバ 260キロ、小サバ 260キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 490キロ、サバ 200キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 300キロ、サバ 790キロ
「二宮」定置:ヤマトカマス 350キロ、アジ 220キロ
       サバ 80キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ヤマトカマス 190キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 40キロ、シイラ 50キロ
       サバ 480キロ
「山下丸網」:アジ 200キロ、小ムツ 100キロ
「沼津底曳」:マダイ、アカカマス ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 55キロ
「川奈杉本」:ニザダイ 50キロ、メジナ 50キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 140キロ ほか

小田原港では、本日をもって噴「カマス」警戒レベルが4に引き上げられ、いよいよ”爆獲れ”宣言が発令されました。あっちの網からこっちの網から揚がってくる「カマス」は、今年の出現が遅かったせいもあってまだ小さめとはいえ、コロコロと太っており、上々の滑り出しと言えましょう。
気が付けば満タンで600キロ近く入るダンベに「カマス」が入ってズラリと7本。それが市場に並んだ所と掛けまして、「伊佐坂さんち(サザエさんの隣の家)の間取り」と解きます。その心は、ズバリ「7DK」。そう、7つのダンベ(Danbe)のカマス(Kamasu)。ちなみに磯野家は「5LDK」。
とにもかくにも、これからの季節、魚市場は「カマス」を中心に回っていくことだけは事実のようです。

今日のイセエビ・・・ なし
posted by にゃー at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

君も魚市場に逃げてこい

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 460キロ、サバ 280キロ
       ウルメイワシ 310キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 650キロ、サバ 160キロ
       ウルメイワシ 160キロ、マイワシ 160キロ
「 岩 」定置:サバ 190キロ ほか
「原辰」定置:マイワシ 400キロ、サバ 110キロ
「江の安」定:マイワシ 500キロ、サバ 200キロ
「二宮」定置:アジ 90キロ、マイワシ 110キロ
       ヒラソウダ 100キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 300キロ、アジ 240キロ
       サバ 470キロ、メアジ 130キロ
「真鶴定置」:サバ 440キロ、ワカシ 170キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 80キロ ほか

朝晩すっかり涼しくなって、魚にも人にも優しい季節となって参りました。
あとはもう少し沿岸の海水温が下がってくれば、餌も豊富に湧き始め、魚も自然と増えてくることでしょう。
それにしても、半ば自動的と言って良いほどに秋が来ると「ヤマトママス(ミズカマス)」が獲れてきます。春の「マアジ」、夏の「シイラ」、冬の「イシダイ」などと同じように季節を感じることのできる魚が、小田原には溢れております。ま「サバ」だ「イワシ」は、年がら年中獲れておりますが。
その季節に獲れるから旬なのか、旬だからこそ獲れるのか、どちらにしても小田原の豊かな海の恵みであり、365日、365種類の旬の魚が獲れていると言っても良いほどの恵みに溢れております。
年間を通し、いつ来てもその季節を象徴する魚が獲れており、その魚を買うことが、釣ることが、味わうことが出来る街。そんな小田原へ魚好きなあなたなら、新学期が始まる前に現実逃避してみませんか。

今日のイセエビ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

魚市場に役立つ三角関数

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 450キロ、サバ 130キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 2.2トン、アカカマス 150キロ
「 岩 」定置:サバ、アジ ほか
「原辰」定置:ヤマトカマス 230キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 200キロ ほか
「二宮」定置:アジ 140キロ、サバ 140キロ
       ヒラソウダ 120キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:マイワシ 200キロ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 1.2トン、イサキ 250キロ
       マイワシ 600キロ
「真鶴定置」:サバ 490キロ
「川奈杉本」:ニザダイ 760キロ、ヤマトカマス 120キロ

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 220キロ

20150828_3noji.jpg今朝の市場の地魚模様は「サバ」に「カマス」に「イナダ」の三角関係。「ニザダイ」の別名「サンノジ」は、「三本の角がある魚」という意味(実際は漢字の"三"に似た模様が尾の付け根にある意)。
20150828_sankaku.jpgそして「三角野郎はイカの耳」と来れば「スシ食いねェ!」であり、「三角筋」と聞けば「ムキムキマン体操」であろう。一方で「三角巾」と言うと小学校の掃除の時間を思い出し、「三角屋敷」という心霊スポットすら思い浮かぶ、「三角縁神獣鏡」となれば「卑弥呼」が出てくるし、もちろん「三角市場」と言えば小樽の食品市場が思い浮かぶのである。つまり「三角」はこんなにも我々魚市場の生活に密着しているのである。
え?そんな下らない事言ってると、みんなが目を三角にするって?

今日のイセエビ・・・ 90キロ
posted by にゃー at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

だいじょばない魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 900キロ、サバ 170キロ
       小サバ 140キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 870キロ、小サバ 100キロ
       サバ 100キロ、ワカシ 60キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 70キロ、サバ 260キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 450キロ、マイワシ 250キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 450キロ、サバ 180キロ
「二宮」定置:アジ 190キロ、マイワシ 710キロ
       サバ 180キロ、ヤマトカマス 140キロ
       小サバ 530キロ
「福浦」定置:サバ 190キロ、ソコイトヨリ 50キロ
「大磯」定置:マイワシ 430キロ、小サバ 560キロ
       サバ 210キロ、ヤマトカマス 200キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 2.4トン、イサキ 120キロ
       メジナ 50キロ
「川奈杉本」:ニザダイ 480キロ、ヤマトカマス 50キロ
「西伊豆釣」:釣アカムツ、釣イサキ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ
「江ノ島網」:シイラ 90キロ、ヤマトカマス 60キロ

小田原(刺網)・・・ ヤツシロガイ 150キロ

涼しい風が吹いてきた。運んできたのは「ミズカマス(ヤマトカマス)」。
伊豆からは2キロ級の「イナダ」が山。明日も期待。
明日は「カツオ」の釣船入船予定あり、量もそこそこで高値安定か。

今日のイセエビ・・・ 60キロ
posted by にゃー at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特大カゴカキダイ

20150827_kagg1.JPG
あまりの大きさに感動で手が震えて魚がブレてます

これはズッシリ、どデカイ「カゴカキダイ」です。
この大きさなら腹一杯食べられます。

黄色と黒の縞模様が可愛らしい「カゴカキダイ」も、これだけ大きくなるとラインの太さも増して迫力満点。
虎模様か鬼のパンツか、厳ついくらいの印象を与えます。

20150827_kagg2.JPG
魚のアップがコチラ


軽く25センチに達しようという超特大サイズ、ここまで大きい個体は今までに見た事がありません。

はるかニューギニアの火力発電所より100万ボルトの電線をひた走りやってきたのは「デンセンマン」ですが、この「カゴカキダイ」は、はるか南の海から黒潮に乗ってはるばる泳いできたのかもしれません。
遠い海と小田原を結ぶ縁にロマンを感じます。

一般的に獲れる大きさは10センチから大きくて15センチ。市場でも外道とか未利用魚などと言われる魚ですが、綺麗な身は刺身で食べると10人が10人「おいしい」と言う魚です。干物にしても脂があるので、珍味としてファンの方には大変人気があります。

ただ今年辺り、旬と言われる夏の時期にいつもより漁獲が少ない所が気に掛かかるのですが、もう少し期待して待ってみたいと思います。
posted by にゃー at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

ホッコクエビ

20150825_hokkk.jpg
あなたは「北国」と聞いてどこを思い浮かべますか?


広々とした大地の北海道か、千昌夫の名曲が良く似合う東北か、米所にして海の幸も豊富な新潟か、北國銀行といえばの北陸か、いずれも正解であろうが、この「ホッコクエビ」が獲れる地域と言うことならば、もっと南の海も入れなければなりそうだ。

名前は「北国」だが、生息域は北海道から鹿児島とまんま日本である。かと言って日本=北国と言うわけでもないし、どうやらこの命名者は相当の慌て者だったということだけは、今もはっきりとしているようだ。

20150825_sakura.jpg同じく、今朝は「米神」定置で「サクラエビ」が獲れ、また昨日は「キシエビ」や「サルエビ」、「アカエビ(?)」なども獲れ、さながら「かっぱえびせん」の原料大会と言った趣であった。

20150824_abs.jpgこの様な「エビ」類が獲れることは珍しく、先日の台風によるうねりの影響と黒潮の衰退による深海冷水帯の上昇がその原因として考えられる。今後も続くとは考えにくいので、欲しい人は今あるうちに買っておくことが最良の選択となることは間違いない。
posted by にゃー at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎度魚市場のご愛顧に感謝

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 120キロ、ヤマトカマス 520キロ
       アイゴ 300キロ、サバ 210キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 270キロ、サバ 240キロ
       ニザダイ 200キロ、マイワシ 920キロ
「 岩 」定置:サバ ほか
「原辰」定置:マイワシ 220キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 100キロ、アイゴ 400キロ
「二宮」定置:イシモチ 160キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 240キロ、マイワシ 300キロ
       イシモチ 150キロ

 伊豆方面からは、
「網代定置」:ワカシ 140キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ、イトヨリ ほか

愛子と言えば、昔「道傳」、今「内親王」と言われるが、ここ小田原では昨日に続き「アイゴ」の大群が来襲した。
いずれの個体もそれぞれ卵巣、精巣が発達しており、産卵による集団行動と見られ、それも近年見たことの無いほどのまとまり方である。確かにここ数年、小さな「アイゴ」が磯周辺で群泳しているのを見かけ、早川漁港内でも見たことはあったが、まさかその世代がそのまま大きくなり、またその数をも増してくるとは。油断とは恐ろしいものである。
この「アイゴ」、基本的には未利用魚として知られるが、昨日は干物を製造、本日は若干量を首都圏方面に出荷した。干物はけっこう良い味で癖も無く、心配された臭みも感じなかった。名前を聞かずに食べたら、上品な白身の干物として一定の評価が期待できる品質であった。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

唇よ、熱く魚市場を語れ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 270キロ、ヤマトカマス 270キロ
       アイゴ 300キロ、小イサキ 150キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 350キロ ほか
「原辰」定置:ヤマトカマス 240キロ、アイゴ 400キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 600キロ、サバ 120キロ
       イサキ 150キロ、アイゴ 700キロ
「二宮」定置:アジ 130キロ、ヤマトカマス 110キロ
       サバ 120キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ワカシ 450キロ、サバ 510キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 220キロ

唇よ、熱く君を語れ」と言えば小田原に工場がある「カネボウ」の昔のキャンペーンソング。
その声量と艶やかな容姿と存在感あふれる歌いっぷりは記憶に新しい・・・ことはないが、いい曲であることは確かである。
そして今朝、魚市場に現れた大群と言えば・・・
20150824_aiko.jpg唇の厚くはれぼったい顔をして、化粧もしないスッピン勝負の地味な出で立ち、思わず抱きつこうものなら、背中に屹立した棘でブスリ。その毒でどこまでも苦しめられる魔性の女。それが愛子、いや「アイゴ」である。
この魚をめぐる話にまず良い話はない。磯枯れの原因とか、他魚を傷つける迷惑者やら邪魔者やら、果てには「寝ションベン」とかいう不名誉なあだ名まで付けられ、蔑まされ苛まれ続けた魚、まるで犬神家の青沼家のような魚。この復讐に燃える恨めしそうな顔を見よ。
20150824_tengg.jpgブルッ
この子孫が小田原沿岸の磯場の海草を食べ尽くし、貴重な磯の魚介類の生息域を蝕むようなことのありませんように。今日から水天狗さまに御参りだ。

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

ザブンザブン魚市場ヘヴン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 300キロ ほか
「原辰」定置:マイワシ 750キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヤマトカマス 380キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 80キロ ほか

これだけ波が高くて港から船を指すのも大変というのに、まだ暗い夜中の内に沖へ出て、ユラユラ揺れる海面から網を手繰って魚を揚げてくるのだから、そりゃもう命懸け。この荒れ果てた海の中で僕らは、これだけの魚がある事自体に感謝の日なのである。
今もう既にMAXという波とうねりが果たして収まってくれるのかどうか、そして日曜日から週明けにかけて、台風の位置と進路についての心配は益々増すばかり。そして魚は減るばかり。

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

意識高い系で波高い系魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 100キロ、ヤマトカマス 350キロ
       サバ 430キロ、マルソウダ 1トン
       小サバ 620キロ、イサキ 150キロ
       メアジ 70キロ
「石橋」定置:サバ 200キロ、ヤマトカマス 300キロ
       小サバ 300キロ、マルソウダ 400キロ
「 岩 」定置:サバ 110キロ、マルソウダ 60キロ
「原辰」定置:アイゴ 110キロ、ヤマトカマス 130キロ
       サバ 75キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 650キロ、サバ 130キロ
       マルソウダ 100キロ
「二宮」定置:ニザダイ 150キロ、アジ 200キロ
       サバ 210キロ、小サバ 200キロ
「福浦」定置:メジナ 60キロ、イナダ 50キロ
「大磯」定置:サバ 350キロ、マイワシ 80キロ

 伊豆方面からは、
「網代釣船」:釣メダイ、釣アカイサキ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 30キロ ほか

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 230キロ、釣キメジ 50キロ

今朝あたりから、沖の台風の影響で徐々に波が高くなり出した相模湾、「サバ」や「アジ」、「カマス」に混じって「アイゴ」やら「ニザダイ(サンノジ)」に「メジナ」と言った磯魚が網に入り出した。これだけの磯魚がまとまって各地の定置網に入った所を見ると、かなり大きなうねりが湾全体に入り、海中に影響し始めていると考えられ、今後は「小イサキ」や「イセエビ」の急増も期待されるのであるが、むしろそれ以前に今後の出航の可否についての関心が高まってくる事は必至である。
本日6:30には西湘バイパス下り線が、21:00には同じく上り線も通行止めになったと言うことで、港に打ち寄せる波の高さと勢いを見ると、このまま週明けまで通行止めの可能性も高そうであり、結果的に出漁は厳しくなると考えざるを得ません。
つまり週末から週明けの漁獲及び、入荷は極めて少なくなると想定され、相場の高まりとともに全体的な流通量が減少する確率も高まったと言うことでしょう。

今日のイセエビ・・・ 80キロ
posted by にゃー at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

夏の魚市場を制する魚は

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 2.5トン、アジ 150キロ
       サバ 750キロ、ヤマトカマス 140キロ
       ワカシ 280キロ
「石橋」定置:アジ 200キロ、ヤマトカマス 200キロ
       サバ 310キロ、マルソウダ 1.1トン
「 岩 」定置:サバ 380キロ、マルソウダ 200キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 240キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 390キロ、サバ 200キロ
「二宮」定置:アジ 140キロ、サバ 530キロ
「福浦」定置:サバ 320キロ ほか
「大磯」定置:サバ 800キロ、アジ 90キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:小ムツ 170キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ 140キロ ほか


 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ

和歌山・・・釣カツオ 100キロ、釣キハダ 680キロ

「アジ」「サバ」「マグロ」「カマス」の四強に突如食い込んだ「マルソウダ」の重量打線。
圧倒的集中打で圧勝。目方で稼ぐスタイルはこの魚の持ち味。貴重な新子も混じれば、もっと喜べるはず。

今日のイセエビ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

俺は魚市場の土を持ち帰らぬ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 100キロ、サバ 240キロ
       ワカシ 1.5トン
「石橋」定置:アジ 100キロ、サバ 730キロ
       ヤマトカマス 400キロ、マイワシ 400キロ
「 岩 」定置:アジ 150キロ、サバ 250キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.5トン ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 130キロ、サバ 550キロ
「福浦」定置:サバ 740キロ ほか
「大磯」定置:ワカシ 230キロ ほか

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 330キロ、釣キメジ 80キロ
「江ノ島網」:小アジ、ヤマトカマス ほか
「平塚定置」:アジ 150キロ

台風前の旅支度とばかりに「キハダ」と「カツオ」の釣船が入港。魚を揚げたと思いきや、おみやげも持たずに速攻で出港。その身軽さに市場も共感。空になった船でどこへ行くのか、還るのか。
そしてすかさず明日も別の船が入港。相次ぐ高鮮度の「生キハダ」と「キメジ」、そして丸々と太った「カツオ」が山と揚がってくれば、市場も買受人も当然テンション上がりまくり。これから始まる「戻りガツオ」のシーズンを前に台風接近を避ける意味でも、ここはひとまず入港準備でありがとう。北の便り「新サンマ」も値頃を迎えながら、週末に掛け大量入荷の期待が高まるばかり。来週前後の時化模様を控え、買い込み熱も沸騰寸前・・か?

今日のイセエビ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

朝凪の青魚喚魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 750キロ、ヤマトカマス 230キロ
       マイワシ 100キロ、小サバ 2.2トン
「石橋」定置:アジ 80キロ、サバ 330キロ
       ヤマトカマス 260キロ、小サバ 960キロ
「 岩 」定置:サバ 100キロ ほか
「原辰」定置:サバ 160キロ、マイワシ 220キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 70キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 230キロ、マイワシ 80キロ
       ワカシ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 100キロ、小ムツ 100キロ
       メアジ 60キロ、ワラサ 50キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス、活メイチダイ ほか
「西伊豆釣」:釣アカムツ、釣イサキ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 400キロ
「江ノ島網」:小アジ 70キロ、小シイラ 95キロ
       ヤマトカマス 50キロ

昨日の藤沢の突風に驚きつつ、小田原でも夜には「いきものがかり」から「三浦しをん」になって、定置網は一部休漁も出ました。
そして魚は増えてこないままに、むしろ減る傾向にあり、揚がってくるのは「ゴマサバ」や「小サバ」の類ばかり。ついこの間までは「イワシ」類などの青魚が市場を支えていたが、ここへ来て期待できそうなのは「ヤマトカマス(ミズカマス)」くらいなものと言う状況。それでも今年は「カマス」の出現が遅く、量が増えてくるかどうか心配する人もいるものの、大方いずれ増えてくると楽観するのが、変な心配をしなくて済むとして心的ストレスの面からも常套手段となっています。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラウツボ

トラ トラ トラ
20150818_swimingtigers.jpg
ワレ奇襲ニ成功セリ。といったドヤ顔です。

ということで、びっくりしたなあ、もう。


まさかの「トラウツボ」登場に興奮を禁じ得ない。

甲子園のベスト8が揃って試合も一試合ごとに面白さを増して来ている中で、ノーマル「ウツボ」が最早、定番となりつつある「山下丸」定置に現れた変化球と言えます。

utsu2.jpg普通の「ウツボ」が全体に黄色っぽいのに対し、「トラウツボ」はいかにも危険な雰囲気を漂わせる赤黒い体色と強烈なインパクトを与える水玉模様が、まさに磯魚界のアルマーニ的なファッションセンスを醸し出していると言えるだろう。チョイワル「ウツボ」である。
かといって普通の「ウツボ」が危険じゃないと言う事ではない。黄色に黒は普通、警戒色として知られており、踏切やトラ縄ロープにも見られるとおりであり、自ら危険をアピールしていると言う事である。

20150818_torautu.jpgどちらも地方名で「蛇鰻(ジャウナギ)」と呼ばれるとおり、一般に蛇のように非常に危険な存在として言い伝えられています。しかし、中でもこの「トラウツボ」は配色と言い、湾曲したアゴから見える牙の鋭さと言い、いかにもな迫力を備えていると思います。

もし、磯遊びや潜りの最中などで見掛けたら、間違っても手など出さないようにお気をつけ下さい。

ちなみに味については、普通の「ウツボ」と同じだと考えて間違い無いと思います。タタキや干物がオススメとされます。
posted by にゃー at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

盆明けに魚市場へ帰らず

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 2.6トン、サバ 250キロ
       アジ 70キロ
「石橋」定置:小サバ 1.1トン、サバ 880キロ
       ヤマトカマス 630キロ、アジ 120キロ
       ケンサキイカ 70キロ
「 岩 」定置:サバ 100キロ、イナダ 50キロ
       アジ 40キロ
「原辰」定置:小サバ 640キロ、マイワシ 180キロ
       サバ 170キロ
「江の安」定:マイワシ 520キロ、サバ 140キロ
       ヤマトカマス 110キロ
「二宮」定置:アジ 410キロ、サバ 1.3トン
       マイワシ 360キロ、ヤマトカマス 80キロ
「福浦」定置:イナダ 400キロ、ワラサ 80キロ
       ワカシ 50キロ、メジナ 200キロ
「大磯」定置:小サバ 140キロ、マイワシ 190キロ
       アジ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 1.1トン(218本)、イサキ 110キロ
       ヒラマサ 70キロ、小ムツ 75キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 410キロ

「サメ騒動も収まったし、お魚さん戻っておいで。」と言えば、
「勝手に騒いで何言ってんの。お陰で静かに過ごせたわ。」と。
「連休中はゆっくりお休みになれましたか?」と聞けば、
「お陰様で今日もゆっくりさせてもらってます。」とは、地元の魚の弁。
早く出てこい海の中。今なら道も混まない、スイスイスイ。

今日のイセエビ・・・ 25キロ
posted by にゃー at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

魚市場のハイパーインフレ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 260キロ、ワカシ 220キロ
       ウルメ 110キロ、ヤマトカマス 110キロ
「石橋」定置:アジ 100キロ、ヤマトカマス 120キロ
       サバ 190キロ、小サバ 260キロ
       ウルメ 120キロ、ワカシ 60キロ
「 岩 」定置:ワカシ、ヤマトカマス ほか
「原辰」定置:マイワシ 340キロ、カタクチイワシ 100キロ
       ウルメ 50キロ、ヤマトカマス 60キロ
「江の安」定:カタクチ 310キロ、ヤマトカマス 60キロ
「二宮」定置:アジ 260キロ、小サバ 260キロ
       サバ 360キロ
「福浦」定置:サゴシ 500キロ、サバ 310キロ
       ワカシ 120キロ
「大磯」定置:アジ 60キロ ほか

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣イサキ 70キロ ほか

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 340キロ
「平塚定置」:アジ 170キロ

まさに魂の帰還。迎え火が効いたのか、魚市場には「あの船」が帰ってきていた。
あれから2年になんなんとするこの連休前。計ったように決めた御蔵からのロングシュートは、GPS的正確さをもって、まさに決定的なゴールを決めたと言えるだろう。
獲れ獲れの「カツオ」は活きも良く、身もブリブリ。この連休に待ってましたと値も良し。コレを期待通りと言わずして何と言おう。連休明けも期待。
それにしても今朝は、普段3桁の魚が4桁するのは当たり前として、4桁が5桁、2桁が3桁するなど、軒並みの高値続出で、買受人はその現実を受け入れるまで戸惑いを隠せない状態となっていた。
確かにここ数日の魚不足は深刻で、網の復活もあり船の復活もありと言う中でやっとこの魚の集まりですから、いかに今、魚が獲れていないか、お分かりいただけると思います。
みなさんもこの三日間は、船出して、良い魚釣ってきて、休み明けの市場で勝負してみませんか。おそらく連休明けはダレるでしょうが。

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

魚の積乱雲なら魚市場で歓迎

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 270キロ、ウルメイワシ 80キロ
       小サバ 110キロ、ヤマトカマス 150キロ
「石橋」定置:サバ 210キロ、ウルメイワシ 220キロ
       ヤマトカマス 90キロ、小サバ 170キロ
「 岩 」定置:ワカシ 90キロ、サバ 60キロ
       ヤマトカマス 50キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 60キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 150キロ ほか
「二宮」定置:アジ 330キロ、マイワシ 310キロ
       サバ 230キロ、小サバ 120キロ
「福浦」定置:サワラ 180キロ、サゴシ 750キロ
       サバ 380キロ
「大磯」定置:アジ 190キロ、マイワシ 130キロ
       小サバ 360キロ、サバ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 100キロ、小ムツ 130キロ
       小アジ 110キロ、マルソウダ 100キロ
       メアジ 80キロ
「川奈杉本」:サバ 210キロ ほか
「真鶴定置」:イナダ 360キロ
「沼津底曳」:マダイ、イトヨリ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 440キロ

明日は連休(14,15,16日)前の最後の営業日。漁業者の気合いも相当なもの。
今朝から定置網も久しぶりにオールスターが揃って市場も賑わいを取り戻し・・と言いたい所でしたが、実際は水揚げ多くが低調で、思ったほどの魚が獲れず、期待値に対しての評価とすれば、低い数字とならざるを得ません。しかし、東方面でのみ獲れている「マアジ」や真鶴半島周辺の「イナダ」、そして「サゴシ」といった魚の集荷が行われた事で、地元定置の屋台骨に、それを支える壁と屋根と床とが付いて立派な形が完成しました。明日も同じ作戦で、あちこちからいろいろな魚を集めて、あれやこれやの市場らしい賑わいを完成させたいですね。

今日のイセエビ・・・ 35キロ
posted by にゃー at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

毎日臨海している魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 670キロ、ヤマトカマス 520キロ
       ワカシ 110キロ、ウルメイワシ 85キロ
       小サバ 480キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ワカシ 110キロ ほか
「原辰」定置:ヤマトカマス 250キロ、カタクチ 50キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 220キロ、カタクチ 100キロ
「二宮」定置:アジ 280キロ、サバ 180キロ
       小サバ 480キロ、ワカシ 90キロ
「福浦」定置:イナダ 2.9トン、ワラサ 810キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣イサキ 70キロ ほか

いよいよ再稼働が明日に迫った小田原の「石橋」定置。慢性的な夏枯れという魚不足解消の期待を託された「石橋」定置は、豊富な地魚が居着く良質な磯が周りを囲んでおり、この現状を打破する事の出来る強力な漁獲能力を備えている。規定の休漁期間を満了し、本日、網入れが終了した。
定置網という漁業が、省エネで自然に優しく、資源の乏しい日本に最もふさわしいとして注目されている中、優れた自然環境と満を持して投入された漁網会社の粋を結集した技術の賜である清潔な繊維が紡ぎ出す桃源郷は、多くの魚を招き入れ、水揚げという臨界に達する今晩には、その成果は必ずや港に集う我々商売人に多大な幸福と利益を運んでくれるにちがいない。

今日のイセエビ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

深海警備は魚市場で

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 850キロ、マイワシ 1トン
       ヤマトカマス 130キロ、ワカシ 170キロ
       ウルメ 190キロ、カタクチイワシ 120キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イナダ 800キロ、ワカシ 120キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 120キロ、マイワシ 120キロ
「江の安」定:イナダ 80キロ ほか
「二宮」定置:アジ 350キロ、サバ 320キロ
       ウルメイワシ 260キロ
「福浦」定置:サゴシ 1.6トン、サワラ 270キロ
       サバ 250キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 600キロ、ワラサ 270キロ
       小ムツ 80キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ

突発性の台風が行き過ぎるのを見ながら、影響のにわか雨が街を濡らす昼下がり。
明日も暑い日が続くのかと思うと、魚に成り代わって明日も深海で引きこもりやなあって決めていた。

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

ここはどこの魚市場じゃ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 200キロ、ウルメイワシ 150キロ
       ヤマトカマス 180キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ウルメイワシ 150キロ ほか
「原辰」定置:ウルメイワシ 130キロ ほか
「江の安」定:ウルメイワシ 210キロ、サバ 140キロ
       ヤマトカマス 320キロ
「二宮」定置:アジ 160キロ、アカカマス 210キロ
       サバ 160キロ、カタクチイワシ 120キロ
「福浦」定置:サゴシ 4.8トン、サワラ 170キロ
       サバ 120キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 360キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ

夏休みも真っ只中にあって観光地需要も増してくる中、小田原に「アジ」の水揚げが少ないというのは実に困った出来事であり、それを目当てに来られている人たちの事を考えると申し訳ないやら、次があるさと励ましたいやら。
辛うじて東方面で獲れている「アジ」だが、大磯の「湘南定置」に発生したトラブルのために漁獲はさらに少なくなっている状況にあります。結果、値段は高くなり、ますます我々の口に入らなくなるという悪循環なのですが、ま、ここは無理して食べる必要ないですよと強がりながら、旬の「イワシ」や「サバ」といった夏の魚を物色をお勧めしたい。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

姓は小田原、名は魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 340キロ、サバ 380キロ
       ヤマトカマス 80キロ、ワカシ 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 110キロ、ウルメイワシ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 290キロ、サバ 130キロ
       ヤマトカマス 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ウルメイワシ 140キロ ほか
「福浦」定置:サワラ 140キロ、サゴシ 1トン
       サバ 360キロ
「大磯」定置:アジ 140キロ、ワカシ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 470キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 80キロ、ヤマトカマス 70キロ
「平塚定置」:サバ 70キロ

サメ」の泳ぐ海岸で遊泳禁止が相次ぐ中、「んも〜、うしょでしょ。」と言いたくなるほどの猛暑日続き。
海も市場も完全に夏シフト。定置網も釣船も量少なく、水揚げも手早い、競りも早くて、積み込みもあっと言う間、お陰で市場が片付くのも早い。結果的に第一試合からゆっくり観られる、完全に甲子園シフト。
朝のスッキリした青空に響く試合開始のサイレンのなんと胸のすく事か。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

こんな日は引きこもり魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1.1トン、カタクチイワシ 180キロ
       ヤマトカマス 180キロ、ウルメ 160キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 130キロ ほか
「原辰」定置:マイワシ 2.5トン ほか
「江の安」定:マイワシ 720キロ、サバ 220キロ
「二宮」定置:サバ 140キロ、マイワシ 150キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 240キロ、ウルメイワシ 110キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 120キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 120キロ ほか

暑いの暑くないのって、「マサバ」の腹が厚さを増してきた夏。解禁の「イセエビ」も順調に漁が続いております。
定置網は水温の上昇を受けて全体に低調、魚も人もこの暑さに些か参っているようです。
人はクーラーの効いた部屋なり、薄着になるなど対処法がありますが、魚はこうは参りません。じっとしているか、涼しい場所に身を隠すか、下へ潜るかと言うことになります。しかし、逆に人の場合は薄着に理性を失くす方もおられるようで、上へ上がるエスカレーターあたりで破廉恥な行動を取ってしまうこともあり、その為、網に掛からず、お縄になる人もいるようです。何とかして欲しいものだ。と言っておこう。

今日のイセエビ・・・ 90キロ
posted by にゃー at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

魚市場、海藍色に夏盛り

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 750キロ、ヤマトカマス 70キロ
       小サバ 120キロ、ウルメイワシ 240キロ
       ワカシ 70キロ、マイワシ 60キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ワカシ 170キロ、ヤマトカマス 80キロ
「原辰」定置:マイワシ 140キロ、ウルメイワシ 80キロ
       ヤマトカマス 60キロ、アジ 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 120キロ、ワカシ 100キロ
       ウルメイワシ 100キロ、サバ 140キロ
「福浦」定置:サバ 620キロ ほか
「大磯」定置:アジ 280キロ、ワカシ 270キロ
       小サバ 280キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 120キロ、ワラサ 50キロ

和歌山・・・釣カツオ 800キロ、釣キメジ 180キロ

20150805_samma.jpgいらっしゃいませ「新サンマ」。釧路から来た訪問者。
ここまで現地の水揚げも少ないようで、今年の相場も高いまんま。「サンマ」の高いまんま。
今はすっかり2キロ入れが主流で、ますます高級感アップ。お盆を過ぎれば量も増えて、相場も安くなる・・はずだ。
今朝は久しぶりの一本釣りの「カツオ」船が入船し、賑わいに花を添えてくれた。これからも青物が中心となって市場を支えてくれるだろう。

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

たいようの魚市場オー

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 350キロ、サバ 520キロ
       ワカシ 670キロ、ヤマトカマス 140キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イナダ 100キロ、ワカシ 800キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ、ヤマトカマス ほか
「江の安」定:ウルメ 290キロ、ヤマトカマス 190キロ
「二宮」定置:アジ 300キロ、サバ 190キロ
「福浦」定置:イナダ 5.1トン、ワラサ 2.5トン
「大磯」定置:アジ 120キロ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 290キロ、ワラサ 3.5トン
「西伊豆釣」:釣イサキ 300キロ、釣スルメイカ 120キロ

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 140キロ
「平塚定置」:アカカマス 400キロ

何を間違ったか、今朝は「サワラ」から「ワラサ」へチェンジ。
暑さのせいで間違えたのか、補正されたと言うべきか。
黒潮に乗って「生シラス」もやって来たし、これから相模湾はますます活性化することでしょう。

今日のイセエビ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

幸せの黄色い魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:キハダ 100キロ、キメジ 180キロ
       サバ 490キロ、アジ 180キロ
       ウルメイワシ 600キロ
「石橋」定置:サバ 250キロ、マイワシ 100キロ
「 岩 」定置:イナダ 330キロ、ウルメイワシ 210キロ
       サバ 140キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 150キロ ほか
「江の安」定:サバ 100キロ、マイワシ 220キロ
       ヤマトカマス 100キロ
「二宮」定置:アジ 440キロ、サバ 210キロ
       ワカシ 130キロ
「福浦」定置:サゴシ 520キロ、サワラ 260キロ
       アジ 460キロ、サバ 460キロ
       シイラ 160キロ
「大磯」定置:アジ 440キロ、アカカマス 130キロ
       ワカシ 350キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 800キロ、小ムツ 140キロ
       ウルメイワシ 120キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 170キロ ほか
「川奈杉本」:イナダ 110キロ、シイラ 120キロ
「真鶴定置」:キハダ 200キロ(10本)

 東方面からは、
「江ノ島網」:シイラ 180キロ、ヤマトカマス 110キロ
       アカカマス 90キロ

下田釣船 ・・・ 釣キハダ 710キロ(19本)

今年も「イエローフィン」が幸せを運んで参りました。相模湾に大漁の「キハダ」が到着した模様であります。
先遣隊は先日来、小田原の港を賑わせておりましたが、いよいよ本格的な大物がまとまって来そうな予感がして参ります。40キロものを筆頭に20キロ弱まで揃っていずれも好型揃い。「キハダ」と言えば、トロと言うよりは新鮮な赤身の旨みが主張する通好みな味わいというイメージですが、じっくりと熟成させた赤身の濃い味わいは、知ったら最後、本当の「マグロ」の美味しさを知ったこととなるでしょう。
大型の「キハダ」は、「イルカ」などと一緒に群れを作り、相模湾に回遊してくると言います。そうすると伊豆沖から相模湾に至る一帯には「イルカ」のハーレムも来ているかもしれません。今後は大型魚接近情報にも注意を払いながらの操業となりそうです。

今日のイセエビ・・・ 80キロ
posted by にゃー at 13:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

魚市場でちょいなちょいな

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 2.5トン、サバ 710キロ
       ヤマトカマス 130キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ウルメイワシ 680キロ ほか
「原辰」定置:サバ 210キロ、ウルメイワシ 130キロ
「江の安」定:ウルメ 210キロ、ヤマトカマス 200キロ
「二宮」定置:アジ 1.1トン、サバ 280キロ
       ウルメイワシ 380キロ、ワカシ 120キロ
「福浦」定置:サゴシ 180キロ、サバ 550キロ
       イナダ 100キロ
「大磯」定置:アジ 90キロ、ウルメイワシ 110キロ
       ワカシ 180キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 200キロ、アジ 230キロ
       サバ 260キロ
「真鶴定置」:キメジ 90キロ
「西伊豆釣」:イサキ 240キロ ほか

「アジ」が減ってきたのは気のせいか?気のせいじゃ無い。
「ウルメ」が増えてきたのは気のせいか?気のせいじゃ無い。
「アジ」が減って、「イワシ」が増える・・そして、ここ2,3日、水温が一気に上昇している。
このまま上昇すれば、海が温水プール状態になりかねない。人が泳ぐには良いかもしれないが、魚たちにとってはのぼせかねない一大事。ど根性といった所で、これではデリケートな魚は逃げてしまう。
もはや「夏らしい」という陽気を通り越していることに気がついているのだろうか。
誰だこんな海にしちまったのは・・よし!わかった。犯人は黒潮の蛇行だ。
すぐ岸壁で湯もみしろ。
posted by にゃー at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする