魚体中骨抜き器販売中

2015年08月06日

こんな日は引きこもり魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1.1トン、カタクチイワシ 180キロ
       ヤマトカマス 180キロ、ウルメ 160キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 130キロ ほか
「原辰」定置:マイワシ 2.5トン ほか
「江の安」定:マイワシ 720キロ、サバ 220キロ
「二宮」定置:サバ 140キロ、マイワシ 150キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 240キロ、ウルメイワシ 110キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 120キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 120キロ ほか

暑いの暑くないのって、「マサバ」の腹が厚さを増してきた夏。解禁の「イセエビ」も順調に漁が続いております。
定置網は水温の上昇を受けて全体に低調、魚も人もこの暑さに些か参っているようです。
人はクーラーの効いた部屋なり、薄着になるなど対処法がありますが、魚はこうは参りません。じっとしているか、涼しい場所に身を隠すか、下へ潜るかと言うことになります。しかし、逆に人の場合は薄着に理性を失くす方もおられるようで、上へ上がるエスカレーターあたりで破廉恥な行動を取ってしまうこともあり、その為、網に掛からず、お縄になる人もいるようです。何とかして欲しいものだ。と言っておこう。

今日のイセエビ・・・ 90キロ
posted by にゃー at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする