2015年08月18日

朝凪の青魚喚魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 750キロ、ヤマトカマス 230キロ
       マイワシ 100キロ、小サバ 2.2トン
「石橋」定置:アジ 80キロ、サバ 330キロ
       ヤマトカマス 260キロ、小サバ 960キロ
「 岩 」定置:サバ 100キロ ほか
「原辰」定置:サバ 160キロ、マイワシ 220キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 70キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 230キロ、マイワシ 80キロ
       ワカシ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 100キロ、小ムツ 100キロ
       メアジ 60キロ、ワラサ 50キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス、活メイチダイ ほか
「西伊豆釣」:釣アカムツ、釣イサキ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 400キロ
「江ノ島網」:小アジ 70キロ、小シイラ 95キロ
       ヤマトカマス 50キロ

昨日の藤沢の突風に驚きつつ、小田原でも夜には「いきものがかり」から「三浦しをん」になって、定置網は一部休漁も出ました。
そして魚は増えてこないままに、むしろ減る傾向にあり、揚がってくるのは「ゴマサバ」や「小サバ」の類ばかり。ついこの間までは「イワシ」類などの青魚が市場を支えていたが、ここへ来て期待できそうなのは「ヤマトカマス(ミズカマス)」くらいなものと言う状況。それでも今年は「カマス」の出現が遅く、量が増えてくるかどうか心配する人もいるものの、大方いずれ増えてくると楽観するのが、変な心配をしなくて済むとして心的ストレスの面からも常套手段となっています。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラウツボ

トラ トラ トラ
20150818_swimingtigers.jpg
ワレ奇襲ニ成功セリ。といったドヤ顔です。

ということで、びっくりしたなあ、もう。


まさかの「トラウツボ」登場に興奮を禁じ得ない。

甲子園のベスト8が揃って試合も一試合ごとに面白さを増して来ている中で、ノーマル「ウツボ」が最早、定番となりつつある「山下丸」定置に現れた変化球と言えます。

utsu2.jpg普通の「ウツボ」が全体に黄色っぽいのに対し、「トラウツボ」はいかにも危険な雰囲気を漂わせる赤黒い体色と強烈なインパクトを与える水玉模様が、まさに磯魚界のアルマーニ的なファッションセンスを醸し出していると言えるだろう。チョイワル「ウツボ」である。
かといって普通の「ウツボ」が危険じゃないと言う事ではない。黄色に黒は普通、警戒色として知られており、踏切やトラ縄ロープにも見られるとおりであり、自ら危険をアピールしていると言う事である。

20150818_torautu.jpgどちらも地方名で「蛇鰻(ジャウナギ)」と呼ばれるとおり、一般に蛇のように非常に危険な存在として言い伝えられています。しかし、中でもこの「トラウツボ」は配色と言い、湾曲したアゴから見える牙の鋭さと言い、いかにもな迫力を備えていると思います。

もし、磯遊びや潜りの最中などで見掛けたら、間違っても手など出さないようにお気をつけ下さい。

ちなみに味については、普通の「ウツボ」と同じだと考えて間違い無いと思います。タタキや干物がオススメとされます。
posted by にゃー at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする