2015年09月30日

新しい魚市場の追加種目

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 700キロ、ウルメ 80キロ
       マルソウダ 1トン、アカカマス 250キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マルソウダ 600キロ、シイラ 130キロ
       ヤマトカマス 220キロ、ウルメ 60キロ
       アカカマス 130キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イボダイ 100キロ、サバ 210キロ
       ヤマトカマス 110キロ、マルアジ 60キロ
       小サバ 1.4トン、マルソウダ 850キロ
「福浦」定置:アジ 400キロ、メジ 230キロ
       オキアジ 280キロ、シイラ 360キロ
「大磯」定置:サバ 740キロ、小サバ 110キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 540キロ、イナダ 80キロ
「網代定置」:アジ 830キロ
「沼津底曳」:アジ 150キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 30キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 560キロ ほか

伊豆方面から「アジ」の便りが届き、さらに「大磯」から良い「サバ」が獲れました。
「ましゃ」いや「マサバ」、「ゴマサバ」ともに獲れ、最近ずっと「小サバ」が続いていた状況を遂に打破。
他に各地の網で少ないが良型の「イボダイ」が散見、さらには「オキアジ(モクアジ)」や「メジ」がまとまるなど、魚種は増える一方。
明日から10月、次々追加漁獲される新しい魚種に注目が集まる。

今日のイセエビ・・・ 若干
posted by にゃー at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホシテンス

20150930_tenss.JPG
80年代初期の漫才ブーム
関東の人気を牽引したのは

「田園調布に家が建つ」でお馴染み(?)

星セント・ルイス


そして、今朝「山下丸」定置に入ったこの魚は「ホシテンス」。

大きさは7〜8センチとまだ幼魚の大きさであり、成長するに従ってこの模様や体色は大きく変化するが、体側に散らばる青い星が美しい。
またテンス類の特徴であるアンテナが太く、また路面電車の様でもあり、凜々しくもある。テンス類はベラ科に属し、その綺麗な白身と意外にもイケル食味で近年人気を増してきている魚の一つである「イラ」や「キュウセン」などの仲間である。

ただテンス類の魚は、それらに比べると漁獲量が少なく、しかも体が薄く、肉(可食部)が少ないと言う特徴があり、畢竟、どうしても雑魚扱いとなり、価格的に過小評価されるという弊害を持ち合わせている。

しかし、体の美しい模様や形態、動きで人間を魅了することが出来れば、そこに新しい価値が生まれるかもしれない。
「ホシテンス」は、あきらめない。
posted by にゃー at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

ひとつ魚市場の屋根の下

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 2.1トン、サバ 130キロ
       アカカマス 200キロ、マルソウダ 640キロ   
「石橋」定置:ヤマトカマス 4.3トン、サバ 190キロ
       アカカマス 1トン、マルソウダ 960キロ       
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.2トン、サバ 300キロ
       アカカマス 400キロ、マルソウダ 140キロ
       小サバ 110キロ、ウルメイワシ 80キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 500キロ、マルソウダ 380キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 950キロ、サバ 80キロ
       アカカマス 250キロ、マルアジ 100キロ
「二宮」定置:サバ 1トン、小サバ 2.3トン
「福浦」定置:ワラサ 180キロ、ワカシ 170キロ
       ヘダイ 110キロ、アジ 50キロ
「大磯」定置:ヒラソウダ 100キロ、サバ 50キロ

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣イサキ 180キロ ほか
「網代定置」:アジ 600キロ、メジ 460キロ
「沼津底曳」:アジ 200キロ、アカカマス 80キロ
「真鶴定置」:シイラ 470キロ、マイワシ 110キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ
「三崎釣船」:釣クロムツ 75キロ
「江ノ島網」:ワカシ 300キロ、タチウオ 50キロ

俄然その存在感を増してきた「アカカマス」の弟分「ミズカマス(ヤマトカマス)」。我々は「チー兄ちゃん」と呼んでかわいがってきた魚だが、友人関係から始まり、数年前より商売を介したお付き合いが続いていく中で、いつしか市場を支え合う存在として意識するようになっていた。
そして、お互いほぼこの世界しか知らず、未熟な所も多々あるかと思われるのであるが、魚屋さんの皆様を始め、仲買人や関係者の皆様にご指導ご鞭撻を頂きながら、ささやかながらも明るい魚市場を築いていければと思っているのか、いないのか・・。
いずれにしても「そこにアジはあるのかい?」とあんちゃんの声が聞こえてきそうな気がする。

今日のイセエビ・・・ 35キロ
posted by にゃー at 14:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

さいざんす魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 580キロ、メジ 100キロ
       マルソウダ 1.3トン、サバ 480キロ
       小サバ 450キロ、アカカマス 90キロ
       ウルメイワシ 60キロ、イナダ 90キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 850キロ、サバ 360キロ
       マルソウダ 890キロ、アカカマス 170キロ
       小サバ 230キロ、ヘダイ 90キロ
       ウルメイワシ 100キロ、イナダ 50キロ
       マイワシ 50キロ
「 岩 」定置:サバ 320キロ、ヤマトカマス 130キロ
       マルソウダ 280キロ、マイワシ 650キロ
「原辰」定置:マルソウダ 470キロ、ヘダイ 60キロ
       ヤマトカマス 70キロ、シイラ 40キロ
「江の安」定:サバ 170キロ、ヤマトカマス 130キロ
       マルソウダ 40キロ、マルアジ 110キロ
「二宮」定置:小サバ 1.2トン、サバ 600キロ
       ヒラソウダ 300キロ
「福浦」定置:イナダ 2.6トン ほか
「大磯」定置:サバ 50キロ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 260キロ、ワカシ 190キロ
       ヤマトカマス 85キロ、メアジ 70キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス、ウルメイワシ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 85キロ、マルアジ 110キロ
「江ノ島網」:タチウオ 70キロ ほか

20150928_tengbox.jpgレディース&ジェントルメン、おとっつあん、おっかさん。市場するのもソロバン勘定。お金が無ければ御破産ざんす。ざんすざんす、さいざんす。願いましては・・。ハロー、おじょさん。オコンチハ。Good Afternoon、オコンニチハ。Good Evening、オコンバンハ。そう言ってるのは約2年ぶり登場の「テングハコフグ」。
ということでスーパームーンの影響か、月と同じく「カマス」も巨大化。ようやくズッシリと大きくなってきたと思ったら、量が激減と来て今後が心配。アリャ。
満月時は大潮となり、しかもスーパー大潮とくれば激流並みの潮流が発生、魚も沖へ行ったり、沿岸に寄ったりとイレギュラーな動きを見せるので、今日明日の水揚げは参考外として、早川港に寄ってきた「アオリイカ」の狙うエギンガーの動向を見守りたいと思う。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

暴刀が魚市場からはみ出そう

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:キハダ 340キロ、ヤマトカマス 100キロ
       サバ 400キロ、マルソウダ 530キロ
       小サバ 180キロ 
「石橋」定置:ヤマトカマス 300キロ、サバ 160キロ
       マルソウダ 140キロ
「 岩 」定置:マイワシ 400キロ、マルソウダ 240キロ
       ヤマトカマス 90キロ
「原辰」定置:サバ 280キロ、ヤマトカマス 130キロ
       マルソウダ 140キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:キハダ 25キロ(1本)、サバ 60キロ
「福浦」定置:ワカシ 500キロ ほか
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ヤマトカマス 130キロ ほか
「川奈杉本」:ヤマトカマス 100キロ ほか
「沼津釣船」:釣タチウオ 60キロ
「真鶴定置」:シイラ 240キロ

風が吹いたり、雨が降ったり、潮が早かったりで休漁相次ぐ中、なんとか魚を集めていただきました。
「ヤマトカマス」も減りましたが、よく見ると全体に魚が減り気味で、これはどうも天候の影響が最も大きいと考えられます。
明日以降の天候の回復が魚回復の鍵になりそうです。
そんな中でも希望の光は有るもので、沼津から来た駿河湾の一本釣りの「タチウオ」。相変わらずのビカビカで、銃刀法違反スレスレの存在感を示しておりました。
20150926_monmon.JPGさて、こちらは約4何ぶりに登場した「オキハギ」という魚。以前獲れたのも湯河原沖にある「福浦」定置網。分布域は駿河湾以南とされ、相模湾の小田原では滅多に獲れないマイナー魚であるが、先日発売された「美味しいマイナー魚介図鑑」に載ってないのでどうやら南の方ではメジャーな魚種なのであろうと思われる。この種は仲間が珊瑚礁周辺に生息するのに対して、沖合を遊泳するのが好きなようで、そのために黒潮に乗ってここまで運ばれてきたと考えられる。さらに生息域が異なると言うことは食性も異なっており、この種の属するモンガラカワハギ科の中では美味しい魚とされる。

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

目標は1億匹総活躍魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 480キロ、サバ 180キロ
       イナダ 290キロ、アジ 70キロ
       サクラエビ 60キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 140キロ、サバ 90キロ
       イナダ 80キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 390キロ ほか
「原辰」定置:ヤマトカマス 100キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 90キロ、ウルメ 70キロ
「二宮」定置:ヤマトカマス 90キロ、サバ 230キロ
       小クロシビカマス 100キロ
「福浦」定置:サワラ 120キロ、イナダ 160キロ
「大磯」定置:サバ 280キロ、マイワシ 600キロ
       小サバ 100キロ、ショウゴ 70キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ヤマトカマス 120キロ ほか
「沼津底曳」:アジ、アカカマス ほか
「網代釣船」:釣イサキ 20キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 50キロ、釣アカハタ 25キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス 120キロ、ショウゴ 40キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:イナダ 100キロ ほか
「佐島釣船」:釣カツオ 120キロ、釣キメジ 70キロ
       釣スマ 50キロ

朝からの雨で、どこも水揚げは低調気味。魚のご機嫌も斜め模様。
「新三本の矢マトカマス」を用意してと思ったら、この漁激減、ワーゲン大変。
今朝の目玉は秋に獲れ出した「サクラエビ」。獲れるとすれば深いところが得意な「米神」定置なのだが、この季節これだけまとまることは珍しい。駿河湾に面した静岡県由比の名物として広く知られる「サクラエビ」だが、今は禁漁期と言うこともあり高値は必至。おそらく今、日本で唯一”生鮮”流通している漁場であろう。
貴重なエビだけに、一匹一匹丁寧に選別して漏らさず集めて計量、上場する漁師の姿は涙ぐましくも頼もしいものであった。
そして、同じ網には僅かだが「ホタルイカ」も獲れており、深海からの湧水がもたらす相模湾の幸の奥深さに改めて脱帽するばかりであった。

今日のイセエビ・・・ 70キロ
posted by にゃー at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

駿河湾の深海魚

駿河湾の底曳網漁師がやってくるとメインの魚よりも、脇に捨てられる所謂「雑魚」に目が行ってしまう。

今朝は何が出たかな?

20150924_shitaita.JPG「シマイタチウオ」〜地味で小型な魚だが、独特の形態と見た目で存在感のあるイタチウオ科の魚。
背びれなどに見える縞模様が名前の由来か。まとまって獲れる地方ではスリミ原料になるらしい。

20150924_mugurahige.JPG「ムグラヒゲ」〜「ムグラ」とは「葎」と書き、生い茂って藪のようになる、つる草の総称。という事らしい。初めて聞く言葉だ。
おそらくはヒョロリと伸びる尾びれを蔓草に例えての命名であろう。それか群生する草の様子に例えて、まとまって獲れることも名前に掛かっているのかもしれない。
近似種の「キュウシュウヒゲ」にもよく似ているが、違いが分らない。

20150924_katahonen.JPG「カタホウネンエソ」〜「ホウネンエソ」と言えば深海魚の中でも「ハダカイワシ」とともに最も一般的な魚種として知られる。その中でもこの種はトップバッター的な存在と言えよう。「ホウネンエソ」の「ホウネン」とは、沢山獲れることから「豊年」の意と思われる。

DSC06511.JPG「チヒロダコ」〜「チヒロ」とは「千尋」と書き、深海のことを表す言葉である。※ツノナガチヒロエビ
その深海に生息し、底曳網漁で獲れる「タコ」の仲間。ご多分に漏れず水っぽい身をしており、料理する際にはコツが要るようだ。「マダコ」が旨みを味わうのなら、こちらは食感を楽しむ「タコ」という所か。

今後も何が獲れるか観察を続ける。
タグ:珍魚 深海魚
posted by にゃー at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場は新国旗よりも新秋味

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 300キロ、ヤマトカマス 1.8トン
       サバ 250キロ、ワカシ 140キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.5トン ほか
「原辰」定置:ヤマトカマス 250キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 280キロ ほか
「二宮」定置:ヤマトカマス 900キロ、アジ 60キロ
       サバ 130キロ
「福浦」定置:ワカシ 300キロ、ヤマトカマス 80キロ
       サバ 60キロ
「大磯」定置:アジ 120キロ、サバ 300キロ
       小サバ 260キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ヤマトカマス 60キロ、イサキ 60キロ
「沼津底曳」:小ムツ 50キロ、ニギス 30キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:タチウオ、イナダ ほか

今年は(も)「サンマ」は不漁。秋の魚の代名詞でもあり「秋刀魚」と書けば誰もが「サンマ」と答えるが、今、小田原では「カマス」の事を「秋懐剣魚」と書くのが流行っている。自分だけかもしれないが。
まさに今、小田原の水産業界を牽引するほどの潜在能力と可能性を秘めた存在として、懐刀としての活躍を期待されて、注目されている魚のひとつである。そして今朝は、その活躍に市の魚としての危機感を募らせたか、嫉妬をしたか、慌てて「マアジ」が「米神」の定置網に突然の登場。200グラム弱の大型主体ではあったが、久々のまとまった漁に周辺の注目は必至。継続的な漁獲を期待する声も挙がったが、実際はこの突発的な出現を冷静に見つめる人が多かった。

今日のイセエビ・・・ 25キロ
posted by にゃー at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

魚市場で見せる大和魂

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ヤマトカマス 1.6トン、ヘダイ 130キロ
       マルソウダ 250キロ、ワカシ 40キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 3.4トン、イナダ 40キロ
       マルソウダ 480キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 400キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 300キロ ほか
「二宮」定置:ヤマトカマス 830キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 150キロ、ヤマトカマス 110キロ
       ワカシ 560キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワカシ 290キロ、小ムツ 180キロ
       イサキ 190キロ、アジ 50キロ
「西伊豆釣」:釣アカムツ 10キロ、釣イサキ 40キロ
「真鶴定置」:キハダ 860キロ(30本)
「川奈杉本」:ヤマトカマス 400キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 60キロ
「江ノ島網」:サバ 100キロ、タチウオ 60キロ
「佐島釣船」:釣シイラ 150キロ、釣キメジ 60キロ
       釣カツオ 40キロ、釣カマスサワラ 80キロ
       釣スマ 50キロ

もちろん休み明けは安定の「ヤマトカマス(ミズカマス)」。お腹いっぱい食べられます。
20150923_sma.JPG目を転ずれば、わ〜今朝も来ました釣りのデカ「スマ」。
先日、秦野でやってましたね。そう、のど自慢。もちろん録画しましたけど・・って、それは「スマップ」。
これは大物は大物でも立派に太った「スマ」の大物。大物といえばこっちの方が大きかったのだが、今は本命「カツオ」がそれほど釣れない中にあって、なんとか「キメジ」とともに姿を見せてその体裁を保つ立派な役割を果たし、しかもその役を負って余りあるほどに美味しいという主役を食わんばかりの存在感を示しております。
魚体に刻まれた黒い五つの丸。その意味を考えるとき、今晩の大一番に備える奇跡の立役者「五郎丸」を思い浮かべるに難くない。それはかつて、早川港に存在した釣り宿「五郎丸」のことではない、今話題の「ラグビー日本代表」である。え?日本代表のチームカラーが見当たらないじゃないかって?
ノンノン。この魚体を下ろせば、見事な赤身と脂身が立派なコントラストを描き、桜のジャージのストライプを成しています。君もチームを、いや魚を応援するならすぐに喰え。

今日のイセエビ・・・ 160キロ
posted by にゃー at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

連休の魚市場はライブ会場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ヤマトカマス 700キロ、キハダ 230キロ
       マルソウダ 650キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.3トン
「原辰」定置:ヤマトカマス 300キロ、アカカマス 130キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 380キロ、サバ 50キロ
「二宮」定置:アジ 200キロ、サバ 420キロ
       マイワシ 90キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 170キロ、マイワシ 80キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ヤマトカマス 240キロ、メジ 70キロ
       小ムツ 90キロ、イナダ 60キロ
「川奈杉本」:ショウゴ、トビウオ ほか
「西伊豆釣」:釣アカムツ、釣イサキ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:サバ 130キロ ほか

今朝の「石橋」定置には「キハダ」が7本。しかも脂でベットリ、超良品。一昨日の伊東港に入った旋網の「キハダ」16トンの残りが廻ってきたのか、あちらの「マグロ」も全身脂の奇跡の良物という噂になっていただけに、今相模湾にいる「キハダ」は当たりしか泳いでいないと言っても良いようです。
20150920_okkk.jpgにしても、今朝の日曜の開市は特殊で、築地魚市場が休みなだけに東京経由の荷物は無し。市場に並ぶのは地元の定置網や刺網で獲れたものオンリーという状況。
そりゃ市場が終われば、岸壁もこうなりますって。今の狙いは「ボラ」だそうです。

今日のイセエビ・・・ 90キロ
posted by にゃー at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

魚市場から手編みのプレゼント

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 630キロ、サバ 130キロ
       マルソウダ 810キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 2.4トン、サバ 110キロ
       マルソウダ 1.9トン
「 岩 」定置:ヤマトカマス 3.1トン、マルソウダ 320キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 1.3トン ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 190キロ、サバ 60キロ
       マルソウダ 80キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 90キロ、ワカシ 160キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 200キロ ほか
「川奈杉本」:ヤマトカマス 130キロ ほか

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 100キロ、釣キメジ 80キロ
       釣シイラ 60キロ
「江ノ島網」:メジ 150キロ

連休前に体がフラつくところへ一気に増える「カマス」たち。
「カマス」の様に「まっすぐにまっすぐに生きてきたのに、まっすぐにまっすぐに愛してたのに」。まさに「青春はわかれ道」。
連休前の隙を突いて一気にやり抜ける荒技。
「裏切る事が男の子なら、信じる事が女の子なの」と唄ったように「家を守るのが女なら、武器を持って立ち上がるのが男」だというまさに「安保」。
畳み掛ける圧倒的な政治力と容赦ない自然の力。
「とまどいながら逃げる私に、ゴメンとポツリつぶやいた。イヤよイヤです、何故あの時に無理にくちづけ奪わなかったの」
「カマス」のキバで、舌が切れちゃいそうなので・・
と言うことで、週末の日曜日(20日=魚市場営業日)は「NHKアーカイブス」観て、「定置網」のお勉強だ。

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

地震・雷・魚市場・カマス

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 2.8トン、イナダ 230キロ
       ヤマトカマス 930キロ、サバ 60キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 7.6トン ほか
「 岩 」定置:ヤマトカマス 3トン、マルソウダ 360キロ
「原辰」定置:マルソウダ 1.2トン、ヤマトカマス 450キロ
「江の安」定:マルソウダ 1.2トン、サバ 130キロ
       ヤマトカマス 180キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 110キロ ほか
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 660キロ、サバ 120キロ
       メアジ 150キロ

これだけ見ると3〜5種類の魚しか獲れていないようだけど、実際はもっと獲れております。
細かい魚種の魚が、まとまらなくなってきました。何しろ「カマス」と「ソウダ」で網の中が一杯になってしまうのでしょう。
ひょっとすると小田原の定置網を国会前か何かと間違えてるのかもしれません。

今日のイセエビ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

魚市場でイエス・カマス

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 840キロ、サバ 140キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 2.3トン、サバ 170キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 2.8トン、サバ 80キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 850キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 600キロ、サバ 160キロ
「福浦」定置:イナダ 1.2トン、アカカマス 60キロ
「大磯」定置:イナダ 150キロ ほか

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣アカムツ 30キロ、釣イサキ 100キロ
「川奈杉本」:ショウゴ 100キロ ほか
「沼津底曳」:ムツ 150キロ、ニギス 50キロ
「真鶴定置」:メジ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ

整形しなくても美しい。
手を加え無くとも帰ってくる。
自然の力は素晴らしい。
これぞ定置網の底力。

今日のイセエビ・・・ 15キロ
posted by にゃー at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

現代に甦った魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:サバ 220キロ、マルソウダ 250キロ
       小サバ 310キロ、小イサキ 160キロ
       ウルメイワシ 110キロ、ワカシ 50キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 680キロ、小サバ 170キロ
「原辰」定置:メジ 110キロ ほか
「江の安」定:小イサキ 50キロ ほか
「二宮」定置:マイワシ 520キロ、サバ 130キロ
       小サバ 220キロ、イサキ 100キロ
「福浦」定置:ヘダイ 90キロ、ワカシ 340キロ
       キハダ 1本(36キロ)
「大磯」定置:マイワシ 240キロ、小サバ 450キロ
       サバ 110キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:小ムツ 180キロ、メアジ 110キロ
       サバ 70キロ
「網代定置」:イナダ 640キロ
「沼津底曳」:マダイ、アジ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 150キロ、サバ 220キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 250キロ、釣スマ 170キロ
       釣キメジ 70キロ、釣シイラ 40キロ

今朝の水揚げ。なんだろう、このコレジャナイ感。
連休前に接近する台風も心配だが、それ以上に心配なのは魚種の減少と量の激減である。
unfixableな魚を捕らえる定置網の悪いところが出てしまっている。頼みの黒潮は遙か沖を行き、望み薄。
残す希望は明日からの「米神」定置の再開と週末の台風接近による湾内の適度な攪拌。その結果、魚は増えるだろうが、おそらくそれは「小イサキ」というオチ。
しかし、その中にあって「スマ」の持つ豊かな脂と清爽な身質が改めて美味と再確認することが出来たのは、今日の収穫。そして月末には新しい収穫が予定されており、それに合わせて魚が増えてくることを期しながら止まない雨は無いと信じたい。

今日のイセエビ・・・ 15キロ
posted by にゃー at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

魚市場をモックモクにして

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:イナダ 650キロ、小イサキ 660キロ
       ワカシ 200キロ、サバ 230キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 3.5トン、小サバ 120キロ
       ヤマトカマス 60キロ
「原辰」定置:マルソウダ 1.7トン、小イサキ 100キロ
「江の安」定:マルソウダ 1.3トン、サバ 100キロ
「二宮」定置:サバ 150キロ、アジ 60キロ
       ウルメイワシ 60キロ
「福浦」定置:ワカシ 1.4トン ほか
「大磯」定置:ワカシ 100キロ、小サバ 60キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:小ムツ 220キロ、サバ 170キロ
       イナダ 50キロ、ヒラソウダ 40キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:ニベ、タチウオ ほか

20150915_mokkn.jpg西之島、御嶽山、大涌谷、口永良部島、浅間山、阿蘇山と来て今朝は「二宮定置」でモクモクッと来てました。ドカンとは行かない小規模爆発でしたが、秋らしく「オキアジ」が獲れていました。小田原で獲れる秋の魚の一種類と言ってよい。
この魚、通称「モクアジ」。誰も市場で「オキアジ」と呼ぶ人を知らない。ちなみに「モクアジ」の「モク」と、海藻の「アカモク」の「モク」は同じ意味である。ちなみに「モク」とは海藻(流れ藻)のこと。
他、「マルソウダ」の勢いは未だ衰えず、しばらくは続くのか。
「そうだ」
「そうなのか?」

今日のイセエビ・・・ 45キロ
posted by にゃー at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珍!マサカリテングハギ

20150915_masaka.jpg
まさかの大鵬連敗。


世の中には「まさか」と思うような事が、ある。

まさか、マサカリ担いだ金太郎が単独、鬼退治に行くとか。
まさか、輪島功一並の打たれ強さを持つ犬が射殺されるとか。
まさか、ゴン中山が現役復帰するとか。
まさか、井村屋のあずきバーよりも固いアイスがある(スジャータ スーパープレミアムアイス)とか。
まさか、愛用の2GBハードディスクが80%使用した状態でバックアップ無しでぶっ壊れるとか。

そしてまさか、2009年11月に東伊豆は「北川定置」で漁獲され、その後、2013年に日本産魚種の新種として登録された魚が、ここ小田原で獲れるとは。

ちなみに獲れたのは同じく東伊豆に位置する「山下丸」の定置網。ほぼ位置的に近く、標本の写真ともうり二つ。

それにしても見慣れない顔だったせいか、「ウマヅラハギ」と「ウスバハギ」と混じって箱に入れられ、売られていました。
その時はこんなに貴重な魚と思わず、今頃、どこぞの鮮魚売り場で刺身の盛り合わせになって並んでいることでしょう。

ガッカリテングハギである。

合掌。
posted by にゃー at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒラニザ

20150915_nizanakama.jpg
平仁座


べつに昔からある映画館の名前じゃございません。

「ヒラニザ」という魚が目に付いた。

ピラニアとラザニアとピザーラが混じったような、こんがらがったかのような名前。

数センチの稚魚が獲れてました。

沖縄では普通に市場に並ぶ、美味しい魚だとか。
ニザダイの仲間の中でも特に美味しいとも書いてある。

「ウキトカジャー」とは沖縄方面での名前らしい。

特にそれ以外の情報も無く、感想も無い。

大きくなったところを見たいというか、味わってみたい気もするが、所詮叶わぬ夢である。

これぞ、いわゆる死滅回遊魚の性。
posted by にゃー at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

ホタルイカモドキ

20150914_hotamodo3.jpg
「ダンダンダーン!」


彼(him)は今朝、そこにいた。
岸壁に静かにたたずむ「謎のイカ」。

正確には2ハイなので、彼らだ。

20150914_hotamodo2.jpg獲れたところが辛うじて「二宮定置」と分るのは、置いてある場所がそのテリトリーだからか。
この無言のアピールが、何を意味するのか。
そもそも彼(him)の名前すら分らないでは無いか・・。

彼(him)と言っても「キャプテン・ケイオス」のことではない。

20150914_hotamodo1.jpgまるで、お稚児行列のような殿上眉を持つ、このイカ。
足には小さいがしっかりとした爪が並んでいる。色はくすんでおり、綺麗では無いが、深いところにいそうな暗い色をしている。この形で、パラソルチョコレートを思い出す私は、歳を取り過ぎたのだろうか。

ほほう。そういえば、この形。
「ホタルイカ」がそのまま大きくなったように見える。

なるほど「ホタルイカモドキ」と言うのだそうだ。

つまり「H」otaru「I」ka「M」odoki。犯人は、彼だったのである。

で、何の?
posted by にゃー at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コケティッシュ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ワカシ 2.2トン、小イサキ 2.4トン
       イナダ 1.5トン、マルソウダ 1.1トン
       ヘダイ 350キロ、小サバ 350キロ
       ヒラソウダ 90キロ、サバ 60キロ
       ヤマトカマス 60キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 410キロ、小サバ 680キロ
       ヘダイ 120キロ、マルソウダ 280キロ
       ワカシ 70キロ、イナダ 50キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:マルソウダ 1.9トン、イサキ 130キロ
       ワカシ 100キロ、小イサキ 110キロ
       ヒラソウダ 110キロ、イナダ 80キロ
       サバ 90キロ
「二宮」定置:小イサキ 2.4トン、ヤマトカマス 80キロ
       イサキ 60キロ、サバ 50キロ
「福浦」定置:ワラサ 70キロ、ヘダイ 50キロ
「大磯」定置:ヤマトカマス 100キロ、小サバ 600キロ
       ニベ 80キロ、ワカシ 80キロ
       アカカマス 60キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 420キロ、小ムツ 480キロ
       ワカシ 220キロ、サバ 220キロ
       マイワシ 900キロ、イサキ 80キロ
「沼津底曳」:小ムツ、ワカシ ほか
「川奈杉本」:ヤマトカマス 100キロ ほか
「西伊豆釣」:釣アカムツ 20キロ、釣イサキ 100キロ
       トビウオ 30キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 290キロ ほか
「江ノ島網」:ワカシ 60キロ ほか

かわいいけどチクリと危ない「小イサキ」の群れ、まだまだ健在。
そして魚屋がそそられるほどの相変わらずの品揃え。
さすがに「サクラエビ」は無かったが、「カゴカマス」や「ツノナガチヒロエビ」、さらに2キロ級の巨大「イセエビ」までものマニアックな魚種の数々。買いたいと思う魚が無いとは言わせない。据え膳食わぬは男の恥とは良く言うが、据えたこれだけ揃えた地魚を買い付けないは、まさに魚屋の恥。そのことを肝に銘じて、小田原に来るべし。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

アクロス・ザ・魚市場ース

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小イサキ 3.8トン、ヘダイ 270キロ
       ヤマトカマス 150キロ、小サバ 120キロ
       イサキ 100キロ、マルソウダ 200キロ
「 岩 」定置:ヘダイ 420キロ、ヤマトカマス 150キロ
       小イサキ 300キロ、マルソウダ 100キロ
       キハダ 130キロ(3本)、小サバ 210キロ
「原辰」定置:ヘダイ 70キロ、ウルメイワシ 50キロ
「江の安」定:イサキ 300キロ、小イサキ 270キロ
       マイワシ 120キロ、サバ 90キロ
「二宮」定置:小イサキ 1.6トン、マイワシ 70キロ
「福浦」定置:メアジ 2.5トン、カマスサワラ 90キロ
       サバフグ 100キロ、ヘダイ 80キロ
       イサキ 90キロ、ショウゴ 60キロ
「大磯」定置:ニベ 50キロ、小サバ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 280キロ、サバ 150キロ
       アジ 50キロ、小ムツ 100キロ
       小イサキ 120キロ、マイワシ 300キロ
       メアジ 50キロ
「沼津底曳」:アジ、マダイ ほか
「川奈杉本」:ヤマトカマス 340キロ、ヘダイ 70キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ ほか
「土肥釣船」:トビウオ 130キロ

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 700キロ、釣キメジ 85キロ
「平塚定置」:小イサキ 700キロ、アジ 50キロ
       タチウオ 40キロ

やったね。今日も大漁だい。このバラエティに富んだ魚種とその水揚げ量を見よ。
魚屋という商売を営んでいる以上、魚がなくては勝負にならない。素手で武士が戦うようなもの。
大太刀もあれば、脇差し、短刀もある。一方で薙刀が欲しい人や鎧通し、または槍を所望する向きもあるだろう。中には妖刀までもが並んでおり、まさしく選り取り見取り。こんな品揃えは全国規模で見回しても見劣りしません。築地と比べても鮮度的には圧勝だし、首都圏に近い立地も魅力。おまけに値段も手頃で、迫力のセリで欲しいものが手に入る便利さと活気は特筆もの。しかも魚種の増えるこの時期は、楽しさ倍増で注目が集まります。週明けも伊豆方面の「イセエビ」解禁を控え、シルバーウイーク目指して突っ走るのみ。

今日のイセエビ・・・ 80キロ
posted by にゃー at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリエビス

20150912_tericco.jpg
テリっこにしてリッコ


テリーと言えば、ドリーか卵焼き。

そんな時代に「エビスダイ」のお友達。「キンメダイ目イットウダイ科イットウダイ属」に属する仲間。
アーモンドのような、ほっそりとした体型に白い直線が美しいコントラストを描くセンス。
時に金色、輝き銀色。一瞬、桃色。その美しさに吐息が漏れる。高橋真梨子もビックリだ。

20130918_akamatukasa.jpgそういえば一昨年前のちょうどこの時期、やはり台風後の定置網に入ったのがこれ、沿岸では珍しい「アカマツカサ」。似てるけど、こちらは「キンメダイ目イットウダイ科アカマツカサ属」の一種類。近似種ではあるが、別種。
見た目ほど大きくはないが、その宝石の様な深みのある紅色は見るものを惹き付けます。コイツもこれっきり見掛けない魚。大きな目玉は、まるで漫画キャラの様にも見える。
posted by にゃー at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

職業としての魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小イサキ 1.2トン、ヘダイ 840キロ
       ヤマトカマス 1.7トン
「 岩 」定置:ヘダイ 690キロ、ヤマトカマス 350キロ
       小イサキ 860キロ
「原辰」定置:ヘダイ、小イサキ ほか
「江の安」定:ヘダイ 450キロ、小イサキ 650キロ
「二宮」定置:小イサキ 1.5トン、小サバ 120キロ
「福浦」定置:ヘダイ 100キロ ほか
「大磯」定置:ニベ 180キロ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 150キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ、アジ ほか
「真鶴定置」:キハダ 1.2トン(41本)

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ ほか

海に濁り有れば、濁りの魚有り。一方で「マグロ」揚がれば、北方で「サンマ」上がる。
嵐が去れば気温は上がり、雑魚多し「ネンブツダイ」に「スズメダイ」が混じる。
そして、魚が多いときも少ないときも雀百まで踊り忘れず、これが仕事なのである。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

気分は魚市場一直線

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ヤマトカマス 6.6トン、イナダ 70キロ
       ヘダイ 150キロ、小イサキ 90キロ
       メイチダイ 50キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 320キロ、ワカシ 80キロ
       マイワシ 100キロ、アカカマス 140キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 50キロ ほか
「江の安」定:サバ 170キロ、ヤマトカマス 50キロ
       ショウゴ 60キロ、小イサキ 60キロ
「二宮」定置:サバ 150キロ、アジ 80キロ
       小サバ 100キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ワカシ 100キロ、アカカマス 100キロ
       コノシロ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 150キロ、メアジ 100キロ
       アジ 50キロ、ワラサ 70キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ、タチウオ ほか
「江ノ島網」:ワカシ 100キロ、シイラ 90キロ

20150910_tumeato.jpg大雨の影響は港の中にまで。早川から流れ込んだ木くずやらゴミやらを片付ける作業は昼間で行われ、その量は岸壁に山積みになった様子からもうかがわれる。
同じく、今朝も安定の大漁で水揚げられた魚と言えば「ミズカマス(ヤマトカマス)」。「石橋」定置だけでも6トン超えと今年の一番漁を記録。まだまだ勢いは衰えないと安堵しつつ、その量にしばし呆然。
それにしてもこういう大雨の後は、海も荒れ、魚も動くことから思わぬ漁獲が有ったりするもの。魚好きとしてはそれが楽しみだったりするのだが、その中で目を引いたのは「湘南」定置で獲れた「コノシロ」「コハダ」「シンコ」という「コノシロ」三兄弟そろい踏み。さすがに「シンコ」と呼ぶには大きい気もしたが、この大きさのバラエティで揃うのは珍しい。その他「サクラエビ」や「アンコウ」、「イセエビ」なども定置網に入ったりして、いろいろ魚が動いた様子は伝わってきた。明日もその余韻を楽しむこととしよう。

今日のイセエビ・・・ 25キロ
posted by にゃー at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

踏み込め魚市場の弱虫ペダル

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 910キロ、イナダ 150キロ
       ワカシ 200キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 840キロ、イナダ 100キロ
       ワカシ 190キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.9トン、サバ 170キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 230キロ ほか
「江の安」定:サバ 110キロ ほか
「二宮」定置:ヤマトカマス 730キロ、サバ 280キロ
「福浦」定置:メアジ 1.6トン、シイラ 90キロ
「大磯」定置:ヤマトカマス 100キロ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 90キロ、イナダ 130キロ
       サバ 420キロ、小ムツ 370キロ
「網代定置」:ワカシ 890キロ
「沼津底曳」:マダイ、アジ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 90キロ

「カマス」だけ獲れている流れに割り込む「ワカシ(イナダ)」と「メアジ」。
ここ数日「シイラ」が見えたり、「タチウオ」があったり。伊豆方面の「ムツ」や「イサキ」、そして今朝は「アコウダイ」までも。ますます魚市場に並ぶ魚種が増えてきて、魚不足の自転車操業を是正すべく日々回転しております。まさに映画「野良犬」の淡路恵子のように。

今日のイセエビ・・・ 65キロ
posted by にゃー at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

魚市場はカマスの代理戦争

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 660キロ、ワカシ 380キロ
       ウルメ 220キロ、ヒラソウダ 100キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 480キロ、サバ 120キロ
       ワカシ 310キロ、小サバ 440キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.3トン、サバ 180キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 140キロ ほか
「江の安」定:サバ 260キロ ほか
「二宮」定置:サバ 210キロ ほか
「福浦」定置:シイラ 150キロ、サバ 130キロ
       カマスサワラ 50キロ
「大磯」定置:ワカシ 280キロ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 50キロ、小ムツ 260キロ
「沼津底曳」:マダイ、アジ ほか
「西伊豆釣」:釣アカムツ 30キロ、釣イサキ 100キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:ワカシ 450キロ

「ヤマトカマス(ミズカマス)」の漁獲は今や完全に真っ二つ。小田原沿岸の勢力図は群れの分裂が進んだ結果「米神」「石橋」の定置連合と「岩」定置の二極化がより顕著に進んでいる。主導権を握るグループが今朝は「岩」の定置網に入った模様であるが、今後は拠点移転や群れの再編等の動きも含めて動向を注視し、最大の試練として警戒の予断は全く許されない。
ただ、絶対大丈夫と思われた高校野球日本代表チームが負けたように、37年ぶりに誕生したアメリカの三冠馬アメリカンフェイロー号が力負けをしたように世の中に絶対はない。相模湾を泳ぐ「カマス」の群れは、徐々に小さくなっているようでもあり、さすがにこのまま消えていくことはないにしても、その勢力の衰えが気に掛かるところである。

今日のイセエビ・・・ 若干
posted by にゃー at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

朝の魚市場はパーティタイム

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 1.7トン、小サバ 230キロ
       ウルメイワシ 100キロ、カマスサワラ 70キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 670キロ、サバ 170キロ
       カマスサワラ 80キロ、ウルメ 70キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 2.6トン、小サバ 160キロ
       ヘダイ 150キロ、イナダ 90キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:ヤマトカマス 190キロ、サバ 360キロ
「二宮」定置:マイワシ 290キロ、サバ 200キロ
       ウルメイワシ 140キロ、アジ 40キロ
「福浦」定置:ヤマトカマス 130キロ ほか
「大磯」定置:ワカシ、マイワシ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 220キロ ほか
「川奈杉本」:シイラ 100キロ、ショウゴ 60キロ

20150905_image.jpg秋は春同様に魚種が増える季節でもあり、まさに小田原が「地魚天国」である事を満喫できる絶好のチャンスであります。ただ今年は黒潮のパワーが弱小であり、思うように相模湾に魚を運んできてくれていないように思えます。全体的に魚の群れは小さいし、軒並み獲れ始める時期も一ト月ぐらい遅れている。
しかしその中にあって涼しくなり始めた秋の空気を感じたのか、定置網や刺網では「メイチダイ」に「ヘダイ」「マダイ」はもちろん、「チダイ」「クロダイ」「イトヨリダイ」。そして「イシダイ」「コショウダイ」、もちろん「コロダイ」「カゴカキダイ」などなどマニアックな「タイ(あやかりタイも含む)」セレクションが徐々に獲れ始めて参りました。あれもこれもと目移りするような魅力ある地魚が綺羅星のごとくに獲れており、まるでクリス松村の選曲のようなマルチっぷりを実感させてくれます。
美味しい魚を味わえるのは、美味しい魚が獲れている時期のみ。そう、今しかないのです。はやく小田原へ来て、味わっていただきたい。空くじ無しの「地魚」グルメ・ルーレット。

今日のイセエビ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 14:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

ど根性カマス魚市場に現る

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメ 210キロ、ヤマトカマス 980キロ
       サバ 110キロ、小サバ 320キロ
       シロカジキ 70キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 270キロ、小サバ 120キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 990キロ ほか
「原辰」定置:ヘダイ 390キロ、サバ 180キロ
「江の安」定:サバ 530キロ、メイチダイ 90キロ
「二宮」定置:サバ 120キロ、ヤマトカマス 120キロ
「福浦」定置:イナダ 100キロ、ヘダイ 100キロ
「大磯」定置:マイワシ 430キロ ほか

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ 60キロ ほか

20150904_image.png「少しくらい減ったって負けないぞ。まだまだ獲れる。ど根性だ!」
って、いい加減この「カマス」ネタ連発に海が飽きたようだ。

今日のイセエビ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

徹底抗戦は魚市場のたくらみ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.4トン、ヤマトカマス 450キロ
       マルソウダ 320キロ、小カマス 130キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 760キロ、ヘダイ 130キロ
       カマスサワラ 90キロ
「 岩 」定置:シロカジキ 130キロ、ヘダイ 270キロ
       ヤマトカマス 1.6トン、サバ 110キロ
       イナダ 80キロ
「原辰」定置:サバ 220キロ、ヤマトカマス 210キロ
「江の安」定:サバ 460キロ、ヤマトカマス 320キロ
       ヘダイ 90キロ
「二宮」定置:ヤマトカマス 150キロ ほか
「福浦」定置:メアジ 430キロ、サバ 210キロ
       イナダ 160キロ、シイラ 140キロ
       サバフグ 90キロ、ヤマトカマス 50キロ
「大磯」定置:マイワシ 140キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 60キロ
「山下丸網」:イナダ 310キロ、小ムツ 120キロ
「川奈杉本」:ヒラソウダ 60キロ ほか
「網代釣船」:釣メダイ 30キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:シイラ 300キロ、小シイラ 940キロ

あれ?「ミズカマス(ヤマトカマス)」が減った?何故かな〜?
20150903_image.jpgと思いながらテレビを観ていたらきれいに整列した「カマス」が行進をしていた。
まさか、ここ数年の「カマス」の大漁は、謀略的に仕組まれた大陸からの刺客なのか・・?

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

終止符を魚市場が打つ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 3.2トン、サバ 250キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 4.8トン ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 160キロ、サバ 170キロ
       ヤマトカマス 120キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ヤマトカマス、マイワシ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:小ムツ 410キロ ほか

20150902_image.jpgできたよ〜今年の「ミズカマス」キャンペーンのエンブレム。
このオリジナリティ溢れるアイデアと斬新なデザインをご覧下さい。
真ん中を通る黒いラインは直線的な「カマス」の形体と鮮度感を表現しており、左の金色は新鮮な「カマス」の鱗の輝きと活きの良さから来る躍動感を具現化、そして右側の銀色の払い部分は「ミズカマス」特有体色を表しております。さらに右の上の赤丸は、絶対のオススメ商品である事を訴えております。
え?どっかのパクリじゃないかって?知らない知らない。見た事も聞いた事もない。

今日のイセエビ・・・ なし
タグ:ネタ
posted by にゃー at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

魚市場は忘災にしない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 1.5トン、サバ 320キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 3トン ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ヤマトカマス 440キロ、ヘダイ 280キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 1トン、サバ 470キロ
「二宮」定置:アジ 90キロ ほか
「福浦」定置:ヒラメ 120キロ、ソコイトヨリ 100キロ
       メイチダイ 90キロ
「大磯」定置:マイワシ 370キロ ほか

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣イサキ 90キロ ほか
「真鶴定置」:サバ 420キロ、シイラ 160キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス 250キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 60キロ

和歌山・・・釣カツオ 660キロ、釣キハダ 400キロ

いかりいかり ・・・ よ〜し、おまえら。この量の「カマス」を前にして顔がデスラー総統になっとるぞ。元気出して行かんか〜。
かとうしむらかとう、しむら ・・・ お〜!
かとうかとう ・・・ って、俺らだけ?
20150901_image.jpg
いかりいかり ・・・ だまらっしゃい。

いかりいかり ・・・ ♪さらば港よ アジ獲る人よ〜
しむらしむら ・・・ 小田原鮮カマス「ヤマト」〜
かとうかとう ・・・ 市場を救う 使命を帯びて
しむらしむら ・・・ 戦う魚 萌えるロマン
いかりいかり ・・・ 誰かがこれを 凍結せやらねばならぬ
かとうかとう ・・・ 手間する人が 俺たちならば
しむらしむら ・・・ 日本をはなれ どっかの国へ
いかりいかり ・・・ はるばるのぞむ
いかりかとうしむらいかり、かとう、しむら・・・小田原鮮カマス「ヤマト」〜

今日のイセエビ・・・ 若干
タグ:ネタ
posted by にゃー at 21:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする