2018_fespos.jpg

2015年09月14日

コケティッシュ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ワカシ 2.2トン、小イサキ 2.4トン
       イナダ 1.5トン、マルソウダ 1.1トン
       ヘダイ 350キロ、小サバ 350キロ
       ヒラソウダ 90キロ、サバ 60キロ
       ヤマトカマス 60キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 410キロ、小サバ 680キロ
       ヘダイ 120キロ、マルソウダ 280キロ
       ワカシ 70キロ、イナダ 50キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:マルソウダ 1.9トン、イサキ 130キロ
       ワカシ 100キロ、小イサキ 110キロ
       ヒラソウダ 110キロ、イナダ 80キロ
       サバ 90キロ
「二宮」定置:小イサキ 2.4トン、ヤマトカマス 80キロ
       イサキ 60キロ、サバ 50キロ
「福浦」定置:ワラサ 70キロ、ヘダイ 50キロ
「大磯」定置:ヤマトカマス 100キロ、小サバ 600キロ
       ニベ 80キロ、ワカシ 80キロ
       アカカマス 60キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 420キロ、小ムツ 480キロ
       ワカシ 220キロ、サバ 220キロ
       マイワシ 900キロ、イサキ 80キロ
「沼津底曳」:小ムツ、ワカシ ほか
「川奈杉本」:ヤマトカマス 100キロ ほか
「西伊豆釣」:釣アカムツ 20キロ、釣イサキ 100キロ
       トビウオ 30キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 290キロ ほか
「江ノ島網」:ワカシ 60キロ ほか

かわいいけどチクリと危ない「小イサキ」の群れ、まだまだ健在。
そして魚屋がそそられるほどの相変わらずの品揃え。
さすがに「サクラエビ」は無かったが、「カゴカマス」や「ツノナガチヒロエビ」、さらに2キロ級の巨大「イセエビ」までものマニアックな魚種の数々。買いたいと思う魚が無いとは言わせない。据え膳食わぬは男の恥とは良く言うが、据えたこれだけ揃えた地魚を買い付けないは、まさに魚屋の恥。そのことを肝に銘じて、小田原に来るべし。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

アクロス・ザ・魚市場ース

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小イサキ 3.8トン、ヘダイ 270キロ
       ヤマトカマス 150キロ、小サバ 120キロ
       イサキ 100キロ、マルソウダ 200キロ
「 岩 」定置:ヘダイ 420キロ、ヤマトカマス 150キロ
       小イサキ 300キロ、マルソウダ 100キロ
       キハダ 130キロ(3本)、小サバ 210キロ
「原辰」定置:ヘダイ 70キロ、ウルメイワシ 50キロ
「江の安」定:イサキ 300キロ、小イサキ 270キロ
       マイワシ 120キロ、サバ 90キロ
「二宮」定置:小イサキ 1.6トン、マイワシ 70キロ
「福浦」定置:メアジ 2.5トン、カマスサワラ 90キロ
       サバフグ 100キロ、ヘダイ 80キロ
       イサキ 90キロ、ショウゴ 60キロ
「大磯」定置:ニベ 50キロ、小サバ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 280キロ、サバ 150キロ
       アジ 50キロ、小ムツ 100キロ
       小イサキ 120キロ、マイワシ 300キロ
       メアジ 50キロ
「沼津底曳」:アジ、マダイ ほか
「川奈杉本」:ヤマトカマス 340キロ、ヘダイ 70キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ ほか
「土肥釣船」:トビウオ 130キロ

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 700キロ、釣キメジ 85キロ
「平塚定置」:小イサキ 700キロ、アジ 50キロ
       タチウオ 40キロ

やったね。今日も大漁だい。このバラエティに富んだ魚種とその水揚げ量を見よ。
魚屋という商売を営んでいる以上、魚がなくては勝負にならない。素手で武士が戦うようなもの。
大太刀もあれば、脇差し、短刀もある。一方で薙刀が欲しい人や鎧通し、または槍を所望する向きもあるだろう。中には妖刀までもが並んでおり、まさしく選り取り見取り。こんな品揃えは全国規模で見回しても見劣りしません。築地と比べても鮮度的には圧勝だし、首都圏に近い立地も魅力。おまけに値段も手頃で、迫力のセリで欲しいものが手に入る便利さと活気は特筆もの。しかも魚種の増えるこの時期は、楽しさ倍増で注目が集まります。週明けも伊豆方面の「イセエビ」解禁を控え、シルバーウイーク目指して突っ走るのみ。

今日のイセエビ・・・ 80キロ
posted by にゃー at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリエビス

20150912_tericco.jpg
テリっこにしてリッコ


テリーと言えば、ドリーか卵焼き。

そんな時代に「エビスダイ」のお友達。「キンメダイ目イットウダイ科イットウダイ属」に属する仲間。
アーモンドのような、ほっそりとした体型に白い直線が美しいコントラストを描くセンス。
時に金色、輝き銀色。一瞬、桃色。その美しさに吐息が漏れる。高橋真梨子もビックリだ。

20130918_akamatukasa.jpgそういえば一昨年前のちょうどこの時期、やはり台風後の定置網に入ったのがこれ、沿岸では珍しい「アカマツカサ」。似てるけど、こちらは「キンメダイ目イットウダイ科アカマツカサ属」の一種類。近似種ではあるが、別種。
見た目ほど大きくはないが、その宝石の様な深みのある紅色は見るものを惹き付けます。コイツもこれっきり見掛けない魚。大きな目玉は、まるで漫画キャラの様にも見える。
posted by にゃー at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

職業としての魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小イサキ 1.2トン、ヘダイ 840キロ
       ヤマトカマス 1.7トン
「 岩 」定置:ヘダイ 690キロ、ヤマトカマス 350キロ
       小イサキ 860キロ
「原辰」定置:ヘダイ、小イサキ ほか
「江の安」定:ヘダイ 450キロ、小イサキ 650キロ
「二宮」定置:小イサキ 1.5トン、小サバ 120キロ
「福浦」定置:ヘダイ 100キロ ほか
「大磯」定置:ニベ 180キロ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 150キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ、アジ ほか
「真鶴定置」:キハダ 1.2トン(41本)

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ ほか

海に濁り有れば、濁りの魚有り。一方で「マグロ」揚がれば、北方で「サンマ」上がる。
嵐が去れば気温は上がり、雑魚多し「ネンブツダイ」に「スズメダイ」が混じる。
そして、魚が多いときも少ないときも雀百まで踊り忘れず、これが仕事なのである。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

気分は魚市場一直線

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ヤマトカマス 6.6トン、イナダ 70キロ
       ヘダイ 150キロ、小イサキ 90キロ
       メイチダイ 50キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 320キロ、ワカシ 80キロ
       マイワシ 100キロ、アカカマス 140キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 50キロ ほか
「江の安」定:サバ 170キロ、ヤマトカマス 50キロ
       ショウゴ 60キロ、小イサキ 60キロ
「二宮」定置:サバ 150キロ、アジ 80キロ
       小サバ 100キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ワカシ 100キロ、アカカマス 100キロ
       コノシロ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 150キロ、メアジ 100キロ
       アジ 50キロ、ワラサ 70キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ、タチウオ ほか
「江ノ島網」:ワカシ 100キロ、シイラ 90キロ

20150910_tumeato.jpg大雨の影響は港の中にまで。早川から流れ込んだ木くずやらゴミやらを片付ける作業は昼間で行われ、その量は岸壁に山積みになった様子からもうかがわれる。
同じく、今朝も安定の大漁で水揚げられた魚と言えば「ミズカマス(ヤマトカマス)」。「石橋」定置だけでも6トン超えと今年の一番漁を記録。まだまだ勢いは衰えないと安堵しつつ、その量にしばし呆然。
それにしてもこういう大雨の後は、海も荒れ、魚も動くことから思わぬ漁獲が有ったりするもの。魚好きとしてはそれが楽しみだったりするのだが、その中で目を引いたのは「湘南」定置で獲れた「コノシロ」「コハダ」「シンコ」という「コノシロ」三兄弟そろい踏み。さすがに「シンコ」と呼ぶには大きい気もしたが、この大きさのバラエティで揃うのは珍しい。その他「サクラエビ」や「アンコウ」、「イセエビ」なども定置網に入ったりして、いろいろ魚が動いた様子は伝わってきた。明日もその余韻を楽しむこととしよう。

今日のイセエビ・・・ 25キロ
posted by にゃー at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

踏み込め魚市場の弱虫ペダル

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 910キロ、イナダ 150キロ
       ワカシ 200キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 840キロ、イナダ 100キロ
       ワカシ 190キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.9トン、サバ 170キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 230キロ ほか
「江の安」定:サバ 110キロ ほか
「二宮」定置:ヤマトカマス 730キロ、サバ 280キロ
「福浦」定置:メアジ 1.6トン、シイラ 90キロ
「大磯」定置:ヤマトカマス 100キロ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 90キロ、イナダ 130キロ
       サバ 420キロ、小ムツ 370キロ
「網代定置」:ワカシ 890キロ
「沼津底曳」:マダイ、アジ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 90キロ

「カマス」だけ獲れている流れに割り込む「ワカシ(イナダ)」と「メアジ」。
ここ数日「シイラ」が見えたり、「タチウオ」があったり。伊豆方面の「ムツ」や「イサキ」、そして今朝は「アコウダイ」までも。ますます魚市場に並ぶ魚種が増えてきて、魚不足の自転車操業を是正すべく日々回転しております。まさに映画「野良犬」の淡路恵子のように。

今日のイセエビ・・・ 65キロ
posted by にゃー at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする