2015年09月03日

徹底抗戦は魚市場のたくらみ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.4トン、ヤマトカマス 450キロ
       マルソウダ 320キロ、小カマス 130キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 760キロ、ヘダイ 130キロ
       カマスサワラ 90キロ
「 岩 」定置:シロカジキ 130キロ、ヘダイ 270キロ
       ヤマトカマス 1.6トン、サバ 110キロ
       イナダ 80キロ
「原辰」定置:サバ 220キロ、ヤマトカマス 210キロ
「江の安」定:サバ 460キロ、ヤマトカマス 320キロ
       ヘダイ 90キロ
「二宮」定置:ヤマトカマス 150キロ ほか
「福浦」定置:メアジ 430キロ、サバ 210キロ
       イナダ 160キロ、シイラ 140キロ
       サバフグ 90キロ、ヤマトカマス 50キロ
「大磯」定置:マイワシ 140キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 60キロ
「山下丸網」:イナダ 310キロ、小ムツ 120キロ
「川奈杉本」:ヒラソウダ 60キロ ほか
「網代釣船」:釣メダイ 30キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:シイラ 300キロ、小シイラ 940キロ

あれ?「ミズカマス(ヤマトカマス)」が減った?何故かな〜?
20150903_image.jpgと思いながらテレビを観ていたらきれいに整列した「カマス」が行進をしていた。
まさか、ここ数年の「カマス」の大漁は、謀略的に仕組まれた大陸からの刺客なのか・・?

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする