2015年09月05日

朝の魚市場はパーティタイム

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 1.7トン、小サバ 230キロ
       ウルメイワシ 100キロ、カマスサワラ 70キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 670キロ、サバ 170キロ
       カマスサワラ 80キロ、ウルメ 70キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 2.6トン、小サバ 160キロ
       ヘダイ 150キロ、イナダ 90キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:ヤマトカマス 190キロ、サバ 360キロ
「二宮」定置:マイワシ 290キロ、サバ 200キロ
       ウルメイワシ 140キロ、アジ 40キロ
「福浦」定置:ヤマトカマス 130キロ ほか
「大磯」定置:ワカシ、マイワシ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 220キロ ほか
「川奈杉本」:シイラ 100キロ、ショウゴ 60キロ

20150905_image.jpg秋は春同様に魚種が増える季節でもあり、まさに小田原が「地魚天国」である事を満喫できる絶好のチャンスであります。ただ今年は黒潮のパワーが弱小であり、思うように相模湾に魚を運んできてくれていないように思えます。全体的に魚の群れは小さいし、軒並み獲れ始める時期も一ト月ぐらい遅れている。
しかしその中にあって涼しくなり始めた秋の空気を感じたのか、定置網や刺網では「メイチダイ」に「ヘダイ」「マダイ」はもちろん、「チダイ」「クロダイ」「イトヨリダイ」。そして「イシダイ」「コショウダイ」、もちろん「コロダイ」「カゴカキダイ」などなどマニアックな「タイ(あやかりタイも含む)」セレクションが徐々に獲れ始めて参りました。あれもこれもと目移りするような魅力ある地魚が綺羅星のごとくに獲れており、まるでクリス松村の選曲のようなマルチっぷりを実感させてくれます。
美味しい魚を味わえるのは、美味しい魚が獲れている時期のみ。そう、今しかないのです。はやく小田原へ来て、味わっていただきたい。空くじ無しの「地魚」グルメ・ルーレット。

今日のイセエビ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 14:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする