2018_fespos.jpg

2015年09月10日

気分は魚市場一直線

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ヤマトカマス 6.6トン、イナダ 70キロ
       ヘダイ 150キロ、小イサキ 90キロ
       メイチダイ 50キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 320キロ、ワカシ 80キロ
       マイワシ 100キロ、アカカマス 140キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 50キロ ほか
「江の安」定:サバ 170キロ、ヤマトカマス 50キロ
       ショウゴ 60キロ、小イサキ 60キロ
「二宮」定置:サバ 150キロ、アジ 80キロ
       小サバ 100キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ワカシ 100キロ、アカカマス 100キロ
       コノシロ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 150キロ、メアジ 100キロ
       アジ 50キロ、ワラサ 70キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ、タチウオ ほか
「江ノ島網」:ワカシ 100キロ、シイラ 90キロ

20150910_tumeato.jpg大雨の影響は港の中にまで。早川から流れ込んだ木くずやらゴミやらを片付ける作業は昼間で行われ、その量は岸壁に山積みになった様子からもうかがわれる。
同じく、今朝も安定の大漁で水揚げられた魚と言えば「ミズカマス(ヤマトカマス)」。「石橋」定置だけでも6トン超えと今年の一番漁を記録。まだまだ勢いは衰えないと安堵しつつ、その量にしばし呆然。
それにしてもこういう大雨の後は、海も荒れ、魚も動くことから思わぬ漁獲が有ったりするもの。魚好きとしてはそれが楽しみだったりするのだが、その中で目を引いたのは「湘南」定置で獲れた「コノシロ」「コハダ」「シンコ」という「コノシロ」三兄弟そろい踏み。さすがに「シンコ」と呼ぶには大きい気もしたが、この大きさのバラエティで揃うのは珍しい。その他「サクラエビ」や「アンコウ」、「イセエビ」なども定置網に入ったりして、いろいろ魚が動いた様子は伝わってきた。明日もその余韻を楽しむこととしよう。

今日のイセエビ・・・ 25キロ
posted by にゃー at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする