2018_fespos.jpg

2015年09月12日

アクロス・ザ・魚市場ース

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小イサキ 3.8トン、ヘダイ 270キロ
       ヤマトカマス 150キロ、小サバ 120キロ
       イサキ 100キロ、マルソウダ 200キロ
「 岩 」定置:ヘダイ 420キロ、ヤマトカマス 150キロ
       小イサキ 300キロ、マルソウダ 100キロ
       キハダ 130キロ(3本)、小サバ 210キロ
「原辰」定置:ヘダイ 70キロ、ウルメイワシ 50キロ
「江の安」定:イサキ 300キロ、小イサキ 270キロ
       マイワシ 120キロ、サバ 90キロ
「二宮」定置:小イサキ 1.6トン、マイワシ 70キロ
「福浦」定置:メアジ 2.5トン、カマスサワラ 90キロ
       サバフグ 100キロ、ヘダイ 80キロ
       イサキ 90キロ、ショウゴ 60キロ
「大磯」定置:ニベ 50キロ、小サバ 50キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 280キロ、サバ 150キロ
       アジ 50キロ、小ムツ 100キロ
       小イサキ 120キロ、マイワシ 300キロ
       メアジ 50キロ
「沼津底曳」:アジ、マダイ ほか
「川奈杉本」:ヤマトカマス 340キロ、ヘダイ 70キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ ほか
「土肥釣船」:トビウオ 130キロ

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 700キロ、釣キメジ 85キロ
「平塚定置」:小イサキ 700キロ、アジ 50キロ
       タチウオ 40キロ

やったね。今日も大漁だい。このバラエティに富んだ魚種とその水揚げ量を見よ。
魚屋という商売を営んでいる以上、魚がなくては勝負にならない。素手で武士が戦うようなもの。
大太刀もあれば、脇差し、短刀もある。一方で薙刀が欲しい人や鎧通し、または槍を所望する向きもあるだろう。中には妖刀までもが並んでおり、まさしく選り取り見取り。こんな品揃えは全国規模で見回しても見劣りしません。築地と比べても鮮度的には圧勝だし、首都圏に近い立地も魅力。おまけに値段も手頃で、迫力のセリで欲しいものが手に入る便利さと活気は特筆もの。しかも魚種の増えるこの時期は、楽しさ倍増で注目が集まります。週明けも伊豆方面の「イセエビ」解禁を控え、シルバーウイーク目指して突っ走るのみ。

今日のイセエビ・・・ 80キロ
posted by にゃー at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリエビス

20150912_tericco.jpg
テリっこにしてリッコ


テリーと言えば、ドリーか卵焼き。

そんな時代に「エビスダイ」のお友達。「キンメダイ目イットウダイ科イットウダイ属」に属する仲間。
アーモンドのような、ほっそりとした体型に白い直線が美しいコントラストを描くセンス。
時に金色、輝き銀色。一瞬、桃色。その美しさに吐息が漏れる。高橋真梨子もビックリだ。

20130918_akamatukasa.jpgそういえば一昨年前のちょうどこの時期、やはり台風後の定置網に入ったのがこれ、沿岸では珍しい「アカマツカサ」。似てるけど、こちらは「キンメダイ目イットウダイ科アカマツカサ属」の一種類。近似種ではあるが、別種。
見た目ほど大きくはないが、その宝石の様な深みのある紅色は見るものを惹き付けます。コイツもこれっきり見掛けない魚。大きな目玉は、まるで漫画キャラの様にも見える。
posted by にゃー at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする