魚体中骨抜き器販売中

2015年09月26日

暴刀が魚市場からはみ出そう

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:キハダ 340キロ、ヤマトカマス 100キロ
       サバ 400キロ、マルソウダ 530キロ
       小サバ 180キロ 
「石橋」定置:ヤマトカマス 300キロ、サバ 160キロ
       マルソウダ 140キロ
「 岩 」定置:マイワシ 400キロ、マルソウダ 240キロ
       ヤマトカマス 90キロ
「原辰」定置:サバ 280キロ、ヤマトカマス 130キロ
       マルソウダ 140キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:キハダ 25キロ(1本)、サバ 60キロ
「福浦」定置:ワカシ 500キロ ほか
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ヤマトカマス 130キロ ほか
「川奈杉本」:ヤマトカマス 100キロ ほか
「沼津釣船」:釣タチウオ 60キロ
「真鶴定置」:シイラ 240キロ

風が吹いたり、雨が降ったり、潮が早かったりで休漁相次ぐ中、なんとか魚を集めていただきました。
「ヤマトカマス」も減りましたが、よく見ると全体に魚が減り気味で、これはどうも天候の影響が最も大きいと考えられます。
明日以降の天候の回復が魚回復の鍵になりそうです。
そんな中でも希望の光は有るもので、沼津から来た駿河湾の一本釣りの「タチウオ」。相変わらずのビカビカで、銃刀法違反スレスレの存在感を示しておりました。
20150926_monmon.JPGさて、こちらは約4何ぶりに登場した「オキハギ」という魚。以前獲れたのも湯河原沖にある「福浦」定置網。分布域は駿河湾以南とされ、相模湾の小田原では滅多に獲れないマイナー魚であるが、先日発売された「美味しいマイナー魚介図鑑」に載ってないのでどうやら南の方ではメジャーな魚種なのであろうと思われる。この種は仲間が珊瑚礁周辺に生息するのに対して、沖合を遊泳するのが好きなようで、そのために黒潮に乗ってここまで運ばれてきたと考えられる。さらに生息域が異なると言うことは食性も異なっており、この種の属するモンガラカワハギ科の中では美味しい魚とされる。

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする