2018_fespos.jpg

2015年10月24日

次の魚市場はガチでいく

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 580キロ、小サバ 490キロ
       サバ 280キロ、アカカマス 340キロ
       ヒラソウダ 180キロ、マイワシ 100キロ
       小イサキ 70キロ、イナダ 100キロ
       ウスバハギ 60キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 660キロ、小イサキ 130キロ
       ヒラソウダ 190キロ、アカカマス 140キロ
       ウスバハギ 70キロ、小サバ 730キロ
       イナダ 50キロ、マルアジ 50キロ
       マルソウダ 50キロ
「 岩 」定置:マルアジ 400キロ、ヤマトカマス 670キロ
       サバ 50キロ
「原辰」定置:マルアジ 510キロ、ヤマトカマス 240キロ
       ヒラソウダ 150キロ
「江の安」定:マルアジ 180キロ、サバ 60キロ
「二宮」定置:ウルメ 130キロ、ヤマトカマス 80キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 140キロ、イナダ 50キロ
       カマスサワラ 50キロ
「大磯」定置:アジ 100キロ、サバ 200キロ
       マルアジ 50キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 20キロ
「真鶴定置」:イナダ 140キロ、シイラ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 45キロ
「江ノ島網」:マルアジ、イナダ ほか
「湘南地引」:生シラス 若干

今朝は中心となる魚の欠けた、玉石混淆、バラエティに富んだ魚が揃った日。「サバ」や「ソウダガツオ」の仲間も意外に少なく、小型「マルアジ」も機能をピークに減り始めた(?)。
そんな中、今朝は「アカカマス(ネイラカマス)」の大型が目立った。太くて長くて逞しく、って大きい「カマス」が獲れる度に言ってる気がするが、量で上回る「ヤマトカマス(ミズカマス)」が今年は大きくならないのに対して、こちらは順調に成長し群れを大きくしている印象がある。来週も続くか、今年の継続性に欠けた淀み気味の相模湾に期待するのは酷かもしれないが、是非とも待ちたい魚である。一時の覚醒が嘘のように通常モードに戻った「ウスバハギ(シロウマ)」にしてもそうだが、今年の海はピークが短い。
さらに「カマス」つながりで獲れたか知らないが、「カマスサワラ(ハザワラ)」や三浦から「クロシビカマス(スミヤキ)」も入荷して、品揃えは良し。伊豆からの日戻り釣りの「キンメダイ」も続いており、そろそろ冬の空気感。そして今朝の「特別出演 丹波哲郎」的存在は、「米神」で獲れた「ギンガメアジ」か。1キロの手頃サイズがまとまっていた。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

イセゴイ

20151023_carp.jpg

日本名「イセゴイ(伊勢鯉)」、別名を「海菴(ハイレン)」


「伊勢」とは「イセエビ」のように「磯」という言葉が転じた物とされ、つまりは「磯に泳ぐ鯉」という意味か。
また関西のとある地方では「ボラ」や「メナダ」のことも指し、いずれも大きな銀色の鱗を特徴とする魚であり、ざっくりと見た目に似た魚。しかし別の種。

ちなみに北朝鮮には「海菴島」という島がある。
ひょっとすると、背びれから糸状に伸びたヒレはアンテナで、そこで電波を受信し泳いでいるのかもしれない(嘘)。海のドローン。

仲間である「ターポン」はアメリカや大西洋に生息しており、ゲームフィッシュとして釣り好きに知られる。

20151023_carpface.jpg「イセゴイ」は「ターポン(タイセイヨウイセゴイ)」と共にカライワシ目イセゴイ科に属しており、他にはいないとされる。またカライワシ目カライワシ科にはかつて漁獲された「カライワシ」が属している。カライワシ目はこの2科のみで構成されると言われるが、一部には研究が進んでいないこともあり諸説あるようだ。
基本的にこの仲間は、昔の魚の姿をとどめた古代魚の一種として知られる。

食味や料理の研究も進んでいないと思われるが、サイトによると小骨が多く、金属臭がするなど料理向きではないようだ。

数年に一度取獲れるか獲れないという魚であり、非常に珍しい。
前回見たのは10年近く前、「赤沢定置」で獲れたことを今でも覚えている。
ラベル:珍魚 定置網漁業
posted by にゃー at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原始、魚市場は大洋だった

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルアジ 100キロ、イナダ 200キロ
       小サバ 1トン、サバ 500キロ
       ヤマトカマス 390キロ、ウルメ 200キロ
       ウスバハギ 200キロ、アカカマス 120キロ
       マイワシ 200キロ、小イサキ 250キロ
       マルソウダ 180キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 490キロ、サバ 150キロ
       小サバ 670キロ、小イサキ 170キロ
       マルソウダ 120キロ、マルアジ 70キロ
       ウスバハギ 340キロ
「 岩 」定置:マルアジ 900キロ、ヤマトカマス 560キロ
       ヒラソウダ 120キロ
「原辰」定置:マルアジ 170キロ ほか
「江の安」定:マルアジ 60キロ ほか
「二宮」定置:マルアジ 100キロ、小サバ 130キロ
       サバ 120キロ、ウルメイワシ 80キロ
「福浦」定置:イナダ 270キロ、ショウゴ 190キロ
       ヘダイ 100キロ
「大磯」定置:マルアジ 370キロ、アジ 140キロ

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 20キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 85キロ ほか
「西伊豆釣」:釣スルメイカ 80キロ、釣イサキ 60キロ

20151023_ppo.jpg「ナガッポ(クロタチカマス)」キター!通称「ナガスミヤキ」。
駿河湾の方ではチラホラと見られていたようですが、相模湾にもやって来ました・・のか?
今年は何本を見ることが出来るでしょうか。数年ぶりの大漁はあるのか。興味は尽きませんが、本当の興味は食べる食味の方だったりもするのです。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

朝は○○思いっきり魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルアジ 190キロ、イナダ 570キロ
       イボダイ 130キロ、ヒラソウダ 370キロ
       ウルメイワシ 190キロ、サバ 220キロ
       アカカマス 180キロ、ウスバハギ 260キロ
       マイワシ 280キロ、ヤマトカマス 220キロ
「石橋」定置:小サバ 310キロ、ヤマトカマス 170キロ
       ウスバハギ 170キロ、アカカマス 130キロ
「 岩 」定置:マルアジ 160キロ、アジ 180キロ
       サバ 130キロ、アカカマス 140キロ
       ヤマトカマス 920キロ
「原辰」定置:マルアジ 180キロ、ヤマトカマス 110キロ
       マルソウダ 120キロ、ヒラソウダ 270キロ
「江の安」定:マルアジ 470キロ、ウスバハギ 120キロ
「二宮」定置:マルアジ 130キロ、ウルメイワシ 220キロ
       ウスバハギ 100キロ、サバ 140キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 100キロ ほか
「大磯」定置:マルアジ 200キロ、ニベ 100キロ
       サバ 140キロ、小サバ 360キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 100キロ、サバ 190キロ

って、こんなに「マルアジ(アオアジ)」が獲れた年ってあるかしら?
しかも、ほとんど10センチ弱の所謂「アオアジンダ」=「マルアジ」の通称「アオアジ」と小アジの呼称「ジンダ」を足した名称。南蛮漬けにはちょっと大きいサイズで、使い道としては、お刺身か干物が良いところ。
「マアジ」が少ない分、今年は「マルアジ」でと言う流れ。このまま大きくなるとすれば、来年の春は・・まさかの「マルアジ」大漁なんてことが・・・。アジえない。
いや、ありえない。

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

魚市場魚ーズ〜ホースの覚醒

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小イサキ 1.2トン、ヒラソウダ 1.2トン
       ウスバハギ 450キロ、マルソウダ 280キロ
       ヘダイ 120キロ、サバ 140キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 710キロ、小サバ 240キロ
       サバ 110キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 190キロ、マルアジ 120キロ
       ヒラソウダ 280キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小イサキ 470キロ、ウスバハギ 180キロ
「福浦」定置:メジ 110キロ ほか
「大磯」定置:アジ、ヒラソウダ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 130キロ、サバ 460キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:ウスバハギ ほか

20151021_forces.jpg「ウスバハギ(シロウマ)」の覚醒が止まらない。今朝も今朝とて芦毛の乱舞のいい予感。
大きいものは羽子板飾りくらいのどっしり感。小さいものは卓球ラケットのふんわり感。そして食べれば、綺麗な白身のあっさり感。さらに肝と和えれば、濃厚なこってり感。
ガッツリ市場に並んだ所で競りが始まり、暇な水曜日に高値を言えば総スカン。
フォースを使って全量完結。そんなこんなで、ちょうど時間となりました。

今日のイセエビ・・・ 95キロ
posted by にゃー at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

魚市場は春画より旬が大事

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イボダイ 520キロ、ヤマトカマス 150キロ
       イナダ 180キロ、ウスバハギ 350キロ
       アカカマス 450キロ、小イサキ 170キロ
       アジ 130キロ、小サバ 1.2トン
       サバ 400キロ、サバフグ 110キロ
       マルソウダ 400キロ、ヒラソウダ 1.9トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 1.3トン、アカカマス 250キロ
       ウスバハギ 120キロ、マルソウダ 70キロ
       ヤマトカマス 540キロ、サバ 240キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ 800キロ、マルソウダ 140キロ
       ウスバハギ 160キロ
「江の安」定:ウスバハギ 280キロ、ヒラソウダ 80キロ
       小サバ 80キロ、マルアジ 60キロ
「二宮」定置:小イサキ 110キロ、イナダ 100キロ
       イボダイ 90キロ、ウルメイワシ 80キロ
       ウスバハギ 50キロ、サバ 50キロ
「福浦」定置:メジ 330キロ、シイラ 80キロ
       イナダ 90キロ、アカカマス 60キロ
「大磯」定置:マルアジ 70キロ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヤマトカマス 100キロ ほか
「西伊豆釣」:活アカハタ、釣イサキ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 50キロ、ウスバハギ 60キロ

この秋はちょっと「イボダイ」がイイネ。
サイズは平均小さいけど、近年まとまらなくなっているので、ある時が買いの干物屋さんには嬉しい魚。甘い仕上がりは老若男女、誰もが喜ぶ美味しい魚。そんなこと行ってると自分が食べたくなってくる。
あとは福浦で獲れている「メジ」。いわゆる「クロマグロ」の子どもである「マメジ」がチョコチョコ獲れており、これが今、一番のお奨め。鮮度はもちろんのこと、脂も乗っており、味が良い。こちらは食べてみたが、食感も良く、もっちり感がたまらない。やっぱり猫も杓子も、皆狂喜。
やっぱり旬の魚がいちばん美味い。
今年の秋は、昨年定置網で大獲れした「ハガツオ(ホウサン)」が全く獲れない分、この「メジ」でも獲れてくれば良いのだが、とも思うが。そう上手くいかないのが、現実。
誰も彼もが、わかっていながら夢を見ていたいお年頃。

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする