2018_fespos.jpg

2015年10月05日

魚市場にあさが来た

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 1.1トン、アジ 300キロ
       サバ 280キロ、マイワシ 1トン
       小サバ 130キロ、ウルメイワシ 60キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1.3トン、小イサキ 1トン
「 岩 」定置:ヤマトカマス 2トン、サバ 220キロ
       マイワシ 500キロ、小サバ 160キロ
       ウルメイワシ 70キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 210キロ ほか
「江の安」定:サバ 240キロ、小イサキ 160キロ
「二宮」定置:サバ 340キロ、ウルメイワシ 60キロ
       小サバ 290キロ、小イサキ 240キロ
       ヤマトカマス 200キロ、アジ 110キロ
       メアジ 230キロ、マイワシ 60キロ
       イナダ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 310キロ、シイラ 150キロ
「大磯」定置:サバ 110キロ、ウルメイワシ 100キロ
       小サバ 240キロ

20151005_garrr.jpgいや、朝は毎日来ています。今朝来たのは「アラ」です。
しかも6本。ア〜ラララララ・・って北野広大ではありません。
一番大きいサイズでも1キロですから、なかなか大きいところが釣れないと言うことがお判りいただけるでしょうか。でも、まだこれだけ釣れると言うことは、資源的にも残っていると判断できると思いますし、これを産んだ大物もどこかにいると考えられると思います。
20151003_iso.jpg一方、土曜日の網に現れたのは「ソウダガツオ」?、いえいえ、これは「イソマグロ」。
余りに地味すぎて誰にも気付いてもらえませんでした。ギラリと光るキバが特徴。
そして、定置網には「アジ」「イワシ」「カマス」の大衆魚揃い踏み。と言っても「アジ」は、今の取れ高の少なさでは高級魚にカテゴライズされるが。

今日のイセエビ・・・ 70キロ
posted by にゃー at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする