2018_fespos.jpg

2015年10月08日

秋の魚市場は満漢全席

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 4.1トン、小サバ 2.6トン
       ヒラソウダ 630キロ、サバ 390キロ
       小イサキ 450キロ、ウスバハギ 100キロ
       アジ 110キロ、ヤマトカマス 100キロ
       アカカマス 100キロ、ショウゴ 140キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 5.5トン、サバ 630キロ
       マルソウダ 1.6トン、ウスバハギ 220キロ
       アカカマス 90キロ
「原辰」定置:マルソウダ 1.9トン、ウスバハギ 210キロ
       ヤマトカマス 100キロ、ショウゴ 160キロ
「江の安」定:マルソウダ 1トン、ショウゴ 90キロ
「二宮」定置:イナダ 460キロ、小イサキ 570キロ
       小サバ 680キロ、サバ 170キロ
「福浦」定置:イナダ 330キロ、マイワシ 180キロ
       ウルメイワシ 200キロ、シイラ 220キロ
「大磯」定置:アジ 50キロ、マルアジ 60キロ
       サバ 900キロ、小サバ 800キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:クロサバフグ 500キロ、イサキ 130キロ
       メアジ 290キロ、サバ 630キロ
       イナダ 100キロ、小ムツ 150キロ
       アジ 60キロ、ショウゴ 70キロ
       ヤマトカマス 70キロ
「真鶴定置」:イナダ 210キロ、サバ 70キロ
「沼津釣船」:釣タチウオ 40キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 130キロ ほか
「川奈杉本」:アカカマス 60キロ、メジナ 30キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:ヤマトカマス 50キロ ほか

太平洋の沖合を通過した台風23号の影響を明らかに受けた今朝の定置網。
「小イサキ」も混じりながら、多くの魚種が相模湾沿岸へと押し寄せ、定置網に入網した。
だいたいが「マルソウダ」中心の漁獲ではあったが、「カマス」や「サバ」などを軸に、「ウスバハギ(シロウマ)」や「ショウゴ(カンパチ)」、「サバフグ(クロサバフグ)」など秋の魚がまとまった。
この流れは明日以降も続くことが期待され、低迷する秋の網の打開が期待されている。

今日のイセエビ・・・ 25キロ
posted by にゃー at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする