2018_fespos.jpg

2015年10月14日

魚のない魚市場なんて

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マルソウダ 20トン、小イサキ 1.5トン
       ヤマトカマス 750キロ、ムロアジ 200キロ
       サバ 540キロ、ヒラソウダ 790キロ
       アカカマス 290キロ、イサキ 110キロ
       イナダ 600キロ、ウスバハギ 340キロ
       小サバ 880キロ 
「 岩 」定置:ヤマトカマス 510キロ、ウスバハギ 170キロ
       ヒラソウダ 300キロ、マルソウダ 480キロ
       アカカマス 200キロ
「原辰」定置:マルソウダ 700キロ、ヒラソウダ 290キロ
「江の安」定:ウスバハギ 130キロ ほか
「二宮」定置:イサキ 110キロ、マルソウダ 440キロ
       ウスバハギ 120キロ、サバ 110キロ
       ヒラソウダ 300キロ
「福浦」定置:ウルメ 440キロ、マイワシ 360キロ
「大磯」定置:サバ 570キロ ほか

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 500キロ、ヒラソウダ 110キロ
       サバ 110キロ、サバフグ 100キロ
「沼津釣船」:釣タチウオ 100キロ

ヌードのないプレイボーイのようなモノ。
そしてこのボリューム。一気に「マルソウダ」は20トンまで増えて、まだまだ続きそうな勢い。
まだまだ獲れるはずの「ヤマトカマス(ミズカマス)」を追い越して入網した「マルソウダ(ウズワ)」もアウトになりゃせんかのう。ま、走って追いつく車掌も居るくらいだから、「カマス」もあきらめるには早いか。

今日のイセエビ・・・ なし
posted by にゃー at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする