魚体中骨抜き器販売中

2015年10月19日

魚市場に集まるSEALOs

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マルソウダ 1.2トン、小サバ 3.5トン
       ヤマトカマス 470キロ、ヘダイ 120キロ
       ウスバハギ 930キロ、イナダ 320キロ
       アカカマス 310キロ、ショウゴ 180キロ
       イボダイ 110キロ、小イサキ 600キロ
       ヒラソウダ 140キロ
「 岩 」定置:ウスバハギ 290キロ、マルソウダ 1.3トン
       イボダイ 140キロ、ヒラソウダ 650キロ
       ヤマトカマス 800キロ、サバ 180キロ
「原辰」定置:ウスバハギ 320キロ、ヒラソウダ 290キロ
       マルソウダ 100キロ、ショウゴ 90キロ
       ヤマトカマス 110キロ
「江の安」定:ウスバハギ 350キロ ほか
「二宮」定置:ショウゴ 300キロ、イボダイ 310キロ
       マルアジ 120キロ、ウルメイワシ 120キロ
       ウスバハギ 140キロ
「福浦」定置:イナダ 1.2トン、メジ 100キロ
「大磯」定置:サバ 2.3トン、マルアジ 90キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 110キロ、メアジ 90キロ
       マルアジ 90キロ
「沼津底曳」:小ムツ 120キロ ほか
「沼津釣船」:釣タチウオ 40キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ、マルアジ 80キロ

ここのところ市場周辺を賑わせている「SEALOs(シーロズ)」とは、正式名:自由と民主主義のための”白馬”緊急行動という。小田原名「シロウマ」、正式名称「ウスバハギ」の集団のことである。
姿同様、主義や主張は薄っぺらであり、理論的な後ろ盾は何もないが、旬である、時期である、ってだけで直感的に潮に流されて動く特徴を備えており、行動の情熱の部分である核(肝)を添えた身を刺身や煮付けにすると美味しく頂くことが出来る。
なお、「シロウマ」や「ウマヅラハギ」が大漁に獲れた市場のことを通称「牧場」と呼ぶ。

今日のイセエビ・・・ 80キロ
posted by にゃー at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする