魚体中骨抜き器販売中

2015年10月23日

イセゴイ

20151023_carp.jpg

日本名「イセゴイ(伊勢鯉)」、別名を「海菴(ハイレン)」


「伊勢」とは「イセエビ」のように「磯」という言葉が転じた物とされ、つまりは「磯に泳ぐ鯉」という意味か。
また関西のとある地方では「ボラ」や「メナダ」のことも指し、いずれも大きな銀色の鱗を特徴とする魚であり、ざっくりと見た目に似た魚。しかし別の種。

ちなみに北朝鮮には「海菴島」という島がある。
ひょっとすると、背びれから糸状に伸びたヒレはアンテナで、そこで電波を受信し泳いでいるのかもしれない(嘘)。海のドローン。

仲間である「ターポン」はアメリカや大西洋に生息しており、ゲームフィッシュとして釣り好きに知られる。

20151023_carpface.jpg「イセゴイ」は「ターポン(タイセイヨウイセゴイ)」と共にカライワシ目イセゴイ科に属しており、他にはいないとされる。またカライワシ目カライワシ科にはかつて漁獲された「カライワシ」が属している。カライワシ目はこの2科のみで構成されると言われるが、一部には研究が進んでいないこともあり諸説あるようだ。
基本的にこの仲間は、昔の魚の姿をとどめた古代魚の一種として知られる。

食味や料理の研究も進んでいないと思われるが、サイトによると小骨が多く、金属臭がするなど料理向きではないようだ。

数年に一度取獲れるか獲れないという魚であり、非常に珍しい。
前回見たのは10年近く前、「赤沢定置」で獲れたことを今でも覚えている。
ラベル:珍魚 定置網漁業
posted by にゃー at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原始、魚市場は大洋だった

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルアジ 100キロ、イナダ 200キロ
       小サバ 1トン、サバ 500キロ
       ヤマトカマス 390キロ、ウルメ 200キロ
       ウスバハギ 200キロ、アカカマス 120キロ
       マイワシ 200キロ、小イサキ 250キロ
       マルソウダ 180キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 490キロ、サバ 150キロ
       小サバ 670キロ、小イサキ 170キロ
       マルソウダ 120キロ、マルアジ 70キロ
       ウスバハギ 340キロ
「 岩 」定置:マルアジ 900キロ、ヤマトカマス 560キロ
       ヒラソウダ 120キロ
「原辰」定置:マルアジ 170キロ ほか
「江の安」定:マルアジ 60キロ ほか
「二宮」定置:マルアジ 100キロ、小サバ 130キロ
       サバ 120キロ、ウルメイワシ 80キロ
「福浦」定置:イナダ 270キロ、ショウゴ 190キロ
       ヘダイ 100キロ
「大磯」定置:マルアジ 370キロ、アジ 140キロ

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 20キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 85キロ ほか
「西伊豆釣」:釣スルメイカ 80キロ、釣イサキ 60キロ

20151023_ppo.jpg「ナガッポ(クロタチカマス)」キター!通称「ナガスミヤキ」。
駿河湾の方ではチラホラと見られていたようですが、相模湾にもやって来ました・・のか?
今年は何本を見ることが出来るでしょうか。数年ぶりの大漁はあるのか。興味は尽きませんが、本当の興味は食べる食味の方だったりもするのです。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする