2018_fespos.jpg

2015年10月27日

コロコロ魚市場は猫の目

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マルアジ 3.4トン、ヤマトカマス 2.7トン
       カタボシイワシ 130キロ、サバ 760キロ
       アカカマス 330キロ、ウスバハギ 120キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.6トン、メアジ 120キロ
       サバ 150キロ、アカカマス 170キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 270キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 300キロ、ウルメイワシ 1トン
       ワラサ 200キロ、イナダ 100キロ
       マイワシ 300キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 260キロ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ボラ 150キロ
「沼津釣船」:釣タチウオ 15キロ
「西伊豆釣」:イセエビ、釣イサキ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 250キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 100キロ
「湘南地引」:生シラス 30キロ

それにしても目まぐるしく変わる漁獲。獲れたと思った魚が消えたり、増えたり、また消えてしまったり。
獲れるべき魚が獲れなくて、久々に現れた魚も出たり引っ込んだり。群れも小さいのか、なかなか続かないし、小型魚が多いのも今年の特徴。木枯らし吹いて冬の気配。これから市場は枯れていくのか、もう一花なのか。それとも枯れ木も山の賑わいなのか。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする