2018_fespos.jpg

2015年11月24日

秘技魚市場の猫だまし

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 600キロ、サバ 360キロ
       アカカマス 300キロ、
「石橋」定置:マルアジ 430キロ、アジ 400キロ
       サバ 680キロ、アカカマス 340キロ
「 岩 」定置:アカカマス 430キロ、アジ 190キロ
       メアジ 160キロ、サバ 260キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:サバ、ヤマトカマス ほか
「二宮」定置:アジ 110キロ、サバ 270キロ
       アカカマス 160キロ、小サバ 100キロ
「福浦」定置:メアジ 1.2トン、メジ 70キロ
「大磯」定置:アカカマス 220キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:メジ 100キロ、サバ 80キロ
「川奈杉本」:マルアジ 140キロ、メジナ 100キロ
「沼津釣船」:釣クロシビカマス 50キロ ほか
「沼津底曳」:ムツ 40キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 100キロ
「二宮沖曳」:生シラス 15キロ

市場の岸壁は戦場だ。毎朝、漁師たちが水揚げが終わった後は想像に難くないだろう。網からこぼれた魚や海藻はもちろん、価値の無いとされる雑魚やクラゲ、その他ゴミやら木の枝やらが散らばる有様だ。その後を片付けるのは人間だが、それよりも先に現れ、いいところを拾おうとするのがまず艦上爆撃機カモメたち。一羽が降りれば、どこからともなく一斉に舞い降り、荒らし始める。そのうち、一羽が暴走して箱詰めされた魚にまで手を出し始める。こうなると大変だ。あわてて近くに居たものが追い払う。その後を追うように現れるのが長距離爆撃機アオサギ、次いで艦上戦闘機シラサギ、局地戦闘機ユリカモメ。その上では高高度爆撃機のトンビが上空に円を描いている。その隙を突くのが戦略偵察機ハシブトカラス。とにかく市場上空は賑やかだ。
そして地上に潜む脅威、唯一の陸戦隊と言えるのが野良猫たち。彼らは少数ではあるが、その縄張り意識と鳥たちを鬼畜米英とばかりに敵視する怨恨とも思える闘志は凄まじい。貴重なタンパク源を争う野生の目つきは今の日本人が忘れたそれであるし、行動を決めた刹那の彼らの俊敏さ、正確さ、狡猾さ。毎朝激しい火花が散らされている。
ちなみにこれらの戦場は、市場の鮮魚販売の行われる場内とは離れた場所にあり、商品と彼らが交わることはまずありません。場内は清潔に保たれ、商品の衛生状態は完全に保たれております。ご安心くださいませ。
posted by にゃー at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

憎らしいほど強い魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 590キロ、マルソウダ 430キロ
       イナダ 120キロ、マルアジ 180キロ
       アジ 280キロ、ウルメイワシ 100キロ
       マイワシ 100キロ、小サバ 210キロ
       アカカマス 170キロ、ヒラソウダ 120キロ
       ヤマトカマス 120キロ
「石橋」定置:サバ 350キロ、小サバ 490キロ
       アジ 130キロ、マルソウダ 990キロ
       ヒラソウダ 240キロ、アカカマス 90キロ
       マルアジ 190キロ
「 岩 」定置:サバ 590キロ、小サバ 520キロ
       アジ 100キロ、マルソウダ 150キロ
       アカカマス 60キロ
「原辰」定置:マルソウダ 370キロ、ヒラソウダ 70キロ
       アカカマス 50キロ
「江の安」定:サバ 50キロ、メアジ 50キロ
「二宮」定置:アジ 110キロ、サバ 150キロ
       ウスバハギ 60キロ
「福浦」定置:サバ 120キロ、アカカマス 270キロ
       アジ 80キロ、ヤマトカマス 90キロ
       ヒラソウダ 70キロ
「大磯」定置:アジ、ウルメイワシ ほか

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 20キロ
「川奈杉本」:マルアジ 120キロ ほか

 東方面からは、
「三崎釣船」:釣ムツ 40キロ ほか
「二宮沖曳」:生シラス 15キロ
「湘南地曳」:生シラス 15キロ

秋の行楽シーズン。箱根の警戒レベルもさらに下がって、安心と安全がさらに倍。
麓の相模湾で獲れたばかりの新鮮な地魚が、皆さんのお越しをお待ちかね。
そのタイミングにこれだけの品揃え。冷え込みの増しつつある厳しい環境の中、獲ってきました、集めてきました、この魚たち。人気魚揃いで、あっと言う間の完売に「さすが」の一言。
これだけの魚たちが、どれだけの胃袋に消えていくかと考えただけで、早くもお腹いっぱいになる私でした。
posted by にゃー at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

魚市場アンチドーピング機構

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 410キロ、メアジ 770キロ
       マルアジ 490キロ、アジ 180キロ
       サバ 400キロ、サバフグ 350キロ
       マルソウダ 1.2トン、ウスバハギ 120キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マルソウダ 1.2トン、サバ 320キロ
       ヤマトカマス 130キロ、メアジ 90キロ
       ヒラソウダ 100キロ
「原辰」定置:メジ 90キロ、マルソウダ 350キロ
       ウスバハギ 60キロ、ヒラソウダ 60キロ
「江の安」定:サバ 280キロ、メアジ 150キロ
       ヒラソウダ 80キロ
「二宮」定置:サバ 100キロ、ウルメイワシ 250キロ
       ウスバハギ 150キロ、小サバ 120キロ
       メアジ 120キロ、アジ 70キロ
「福浦」定置:イナダ 120キロ、カワハギ 100キロ
       カゴカキダイ 120キロ、ショウゴ 60キロ
       小イシダイ 40キロ、メジナ 40キロ
「大磯」定置:サバ 100キロ、小サバ 640キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ
「湘南地曳」:生シラス 20キロ

ちなみに、世界アンチドーピング機構は略称「WADA」。
ちなみに国府津で「生シラス」獲ってくるのは「和田丸」。
当然、ドーピングなどいたしません。天然100%、新鮮ピチピチの「シラス」です。
posted by にゃー at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

この魚市場のときめきを

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 420キロ、メアジ 860キロ
       マルソウダ 1.4トン、ウスバハギ 130キロ
       ショウゴ 120キロ、サバ 800キロ
       小サバ 150キロ、ヤマトカマス 160キロ
       ヒラソウダ 200キロ、マルアジ 500キロ
「 岩 」定置:サバ 310キロ、ヤマトカマス 330キロ
       マルソウダ 380キロ、アカカマス 80キロ
       マルアジ 450キロ
「原辰」定置:マルソウダ 1.4トン、メアジ 80キロ
       ヒラソウダ 330キロ
「江の安」定:メアジ 190キロ、ヒラソウダ 70キロ
「二宮」定置:アジ 500キロ、アカカマス 190キロ
       ヤマトカマス 170キロ、サバ 150キロ
       サバフグ 150キロ
「福浦」定置:アカカマス 80キロ、ヒラソウダ 120キロ
「大磯」定置:アジ 120キロ、小サバ 540キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ

「カマス」も減って、絶対安定を誇る「サバ」すらも減ってきた。
この後、一体何が獲れると言うのだろうか。
その答えのヒントは、「アジ」類が獲れ続けているところにある。
posted by にゃー at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

魚市場の魚で打線組んだwww

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 400キロ、メアジ 780キロ
       アカカマス 200キロ、ワラサ 110キロ
       マルソウダ 380キロ、マルアジ 3トン
       ウルメイワシ 110キロ、サバ 1.5トン
       小サバ 3.2トン、サバフグ 150キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マルアジ 1.3トン、小サバ 3.4トン
      サバ 2トン、メアジ 160キロ
      ヒラソウダ 250キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 100キロ、メアジ 60キロ
       ヒラソウダ 80キロ、ウスバハギ 80キロ
「江の安」定:マルアジ 220キロ ほか
「二宮」定置:アジ 360キロ、カワハギ 100キロ
       サバ 1トン、アカカマス 140キロ
       ヤマトカマス 80キロ
「福浦」定置:ヒラソウダ 130キロ ほか
「大磯」定置:小サバ 390キロ ほか

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣イサキ ほか

1(中)アカカマス
2(二)マサバ
3(三)カワハギ
4(一)マアジ
5(遊)ヤマトカマス
6(左)マルソウダ
7(右)ゴマサバ
8(捕)マルアジ
9(投)クロタチカマス(ナガスミヤキ)
この季節の隠れたエース、今朝も一本獲れていた(米神定置)が、値段暴騰で投手向きではないとの声もあり。
posted by にゃー at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

魚市場にある腐ったミカン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 930キロ、サバ 1.7トン
       マルソウダ 220キロ、ムロアジ 180キロ
       ウスバハギ 150キロ、小サバ 980キロ
       アカカマス 400キロ、ヒラソウダ 150キロ
       ヤマトカマス 770キロ、マルアジ 1トン
「 岩 」定置:サバ 720キロ、アカカマス 240キロ
       アジ 170キロ、マルソウダ 210キロ
       ヤマトカマス 130キロ
「原辰」定置:アカカマス 210キロ、メアジ 150キロ
       マルソウダ 200キロ、ウスバハギ 110キロ
       サバ 110キロ、ヤマトカマス 350キロ
       ヒラソウダ 180キロ
「江の安」定:サバ 450キロ、小サバ 100キロ
「二宮」定置:ムロアジ 310キロ、マルアジ 540キロ
       アジ 860キロ、ウスバハギ 150キロ
       サバ 160キロ、アカカマス 330キロ
       ヤマトカマス 150キロ、サバフグ 70キロ
       イボダイ 100キロ
「福浦」定置:ウルメ 120キロ、ヒラソウダ 140キロ
「大磯」定置:アジ、アカカマス ほか

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣クロシビカマス 40キロ
「川奈杉本」:マルアジ 120キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 140キロ
「江ノ島網」:イナダ 120キロ ほか

今朝の市場、岸壁に多くの魚が並ぶ中、「アカカマス(ネイラカマス)」、「シロウマ(ウスバハギ)」、「アオアジ(マルアジ)」の三種が並んで売り場に三色旗を配らった。
黄金色に輝く「マアジ」の様な明るい未来。オーロラのような美しい碧色が「ムロアジ(アカゼモロ)」のように眩しく光る平和な世界。新賞金女王イ・ボミのようにキラキラした「イボダイ」。
一見新鮮且つ上等な魚が整然と並ぶ中、その中にあって必ず集団の中には「クロシビカマス」の様に黒い装束に身を包み、内に鋭い牙を秘めた反乱分子はいるものだ。これは確率的に言って仕方がない。そして中には「外側は栄光に光り輝いているが、内側は真っ黒に腐っている」いわゆる金環食の様な輩も居るから恐ろしい。それを市場業界では「サヨリ」と呼ぶ。
そんな人を見かけた時、思わず口にするだろう「なんだかなあ」と。
posted by にゃー at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする