2015年11月19日

この魚市場のときめきを

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 420キロ、メアジ 860キロ
       マルソウダ 1.4トン、ウスバハギ 130キロ
       ショウゴ 120キロ、サバ 800キロ
       小サバ 150キロ、ヤマトカマス 160キロ
       ヒラソウダ 200キロ、マルアジ 500キロ
「 岩 」定置:サバ 310キロ、ヤマトカマス 330キロ
       マルソウダ 380キロ、アカカマス 80キロ
       マルアジ 450キロ
「原辰」定置:マルソウダ 1.4トン、メアジ 80キロ
       ヒラソウダ 330キロ
「江の安」定:メアジ 190キロ、ヒラソウダ 70キロ
「二宮」定置:アジ 500キロ、アカカマス 190キロ
       ヤマトカマス 170キロ、サバ 150キロ
       サバフグ 150キロ
「福浦」定置:アカカマス 80キロ、ヒラソウダ 120キロ
「大磯」定置:アジ 120キロ、小サバ 540キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ

「カマス」も減って、絶対安定を誇る「サバ」すらも減ってきた。
この後、一体何が獲れると言うのだろうか。
その答えのヒントは、「アジ」類が獲れ続けているところにある。
posted by にゃー at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする