2018_fespos.jpg

2015年11月20日

魚市場アンチドーピング機構

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 410キロ、メアジ 770キロ
       マルアジ 490キロ、アジ 180キロ
       サバ 400キロ、サバフグ 350キロ
       マルソウダ 1.2トン、ウスバハギ 120キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マルソウダ 1.2トン、サバ 320キロ
       ヤマトカマス 130キロ、メアジ 90キロ
       ヒラソウダ 100キロ
「原辰」定置:メジ 90キロ、マルソウダ 350キロ
       ウスバハギ 60キロ、ヒラソウダ 60キロ
「江の安」定:サバ 280キロ、メアジ 150キロ
       ヒラソウダ 80キロ
「二宮」定置:サバ 100キロ、ウルメイワシ 250キロ
       ウスバハギ 150キロ、小サバ 120キロ
       メアジ 120キロ、アジ 70キロ
「福浦」定置:イナダ 120キロ、カワハギ 100キロ
       カゴカキダイ 120キロ、ショウゴ 60キロ
       小イシダイ 40キロ、メジナ 40キロ
「大磯」定置:サバ 100キロ、小サバ 640キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ
「湘南地曳」:生シラス 20キロ

ちなみに、世界アンチドーピング機構は略称「WADA」。
ちなみに国府津で「生シラス」獲ってくるのは「和田丸」。
当然、ドーピングなどいたしません。天然100%、新鮮ピチピチの「シラス」です。
posted by にゃー at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする