2015年12月01日

石を投げれば魚市場に当たる

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 80キロ、サバ 170キロ
       アカカマス 390キロ
「石橋」定置:メアジ 480キロ、サバ 220キロ
       アカカマス 100キロ、アジ 50キロ
「 岩 」定置:アカカマス、メアジ ほか
「原辰」定置:メアジ、ウスバハギ ほか
「江の安」定:マルアジ、サバ ほか
「二宮」定置:アカカマス 400キロ、サバ 220キロ
       イナダ 80キロ、ウスバハギ 90キロ
       アジ 100キロ、サバフグ 80キロ
       イボダイ 50キロ、マルソウダ 60キロ
「福浦」定置:サバ 130キロ ほか
「大磯」定置:カワハギ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「下田釣船」:釣オオクチイシナギ 80キロ(1本)

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 290キロ ほか
「二宮沖曳」:生シラス 若干
「三崎釣船」:メダイ 65キロ、ムツ 40キロ

一部業界・・ごく一部のマニアックな人たちの間では、「イシナギ」と言えば「小田原」、「小田原」と言えば「イシナギ」という声があるそうで、稀に大物が釣れたりすると市場に現れる。今朝も久しぶりに大物が現れた。言わばレアキャラ。
20151201_throw.jpgそして、その一方でほとんど今シーズン最終版となる「生シラス」の入荷もあり、今朝の市場には数グラム単位の魚から80キロ以上の大物まで、大小様々取りそろえる事が出来た。
明日はいよいよ刺網漁師のお待ちかね、「ヒラメ網」がスタートする。今年も大漁が予想はされているものの、網を揚げるまではわからないという。それでも小田原の冬の味覚であり、看板商品として大小の「活ヒラメ」が売り場を賑わせてくれる事だろう。
posted by にゃー at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする