2018_fespos.jpg

2015年12月04日

魚市場少々倶楽部

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 180キロ、サバ 380キロ
       アカカマス 100キロ
「石橋」定置:アジ 100キロ、サバ 270キロ
       メアジ 80キロ、アカカマス 50キロ
「 岩 」定置:メアジ 100キロ、カワハギ 30キロ
「原辰」定置:メアジ、サバ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:活カワハギ 80キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 1.1トン ほか
「福浦釣船」:釣ワラサ 90キロ
「下田釣船」:釣ハチビキ、釣ブダイ ほか

典型的な冬型の気圧配置。こうなると風はビュービュー。
昨日の夕方から吹き始めた強風は、朝になっても止む事はなく、相模湾全域で吹き荒れていました。その為、多くの定置網は出漁できず、運良く出られた網も軒並み魚の少ない状況でした。
一部、伊豆半島の東側だけは強風の弱まる隙を突いて出漁できたようで、ある程度まとまった水揚げがあったようです。
この影響は明日も残りそうで、どうやら今週いっぱい市場的にも厳しい天気が続きそう・・。

今日のヒラメ・・・ 107枚
posted by にゃー at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オキナワクルマダイ

メンソーレ小田原
20151204_kuruma.jpg
国府津の刺網「和田丸」得意の珍魚チューガナビラ

「ちん」と言う言葉がこれだけ似合う男、いや魚も珍しい。


20151204_ryuque.jpg見た目のインパクトが強烈な程な紅白模様の「クルマダイ。20センチ程の大きさに、漫画みたいに大きな目。名前から察するように沖縄方面で獲れる「クルマダイの仲間」と言う事らしい。

2013_kurumadai.jpgオリジナルの「クルマダイ」と比べてみても、その派手さは軽く引く程。大きな目の魚が続くが、この魚こそ英名「Big-eye porgy」と呼ばれる世界的にも認められたビッグ・アイ。そして「Porgy」とは「タイ科の魚」の意。

20151204_ryuquecar.jpgフラッシュ焚くと、この大きな目が金色に反射してまるで「キンメダイ」。堅い鱗に覆われ、その下にある身はとても綺麗な白身をしており、刺身にして美味とか。この10年で初めて見た魚であり、相当に珍しいことは確かだ。今朝は町田のとある寿司屋へと買われていった、興味のある人は食べてみるといいだろう。
posted by にゃー at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオメカマス

でかい「カマス」が獲れたって。
20151202_ohme.jpg
長い、太い、尖ってるの三拍子。


20151202_ohmekao.jpgまるでプリクラを撮ったかのような大きく強調された目玉。でかい。「でかいカマス」=「オニカマス」という感覚の自分にとって、違和感なかったのですが、とある漁師が異変に気が付いて草生えました。

20111008_bigyamato.jpg以前獲れた「ヤマトカマス」の大型個体と比べても、確かにデカイ。

他の「カマス」との区別は、腹鰭の位置とかエラの構造で見分けるのだそう。ところで味覚で分けるって話は聞いた事がないので、チャレンジしてみる事にしました。20151202_ohmeera.jpg干物の完成が待ち遠しい今日この頃。
それにしても「カマス」の干物の美味しさは、すでに周知の事実。果たしてそれを上回る旨さなのか、大きいと言うだけで言われがちな程に大味なのか、その答えはまもなく出る。

参考:「大目」シリーズ 「オオメメダイ」、「オオメハタ
posted by にゃー at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする