2015年12月07日

魚市場は人海戦術なり

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 550キロ、アカカマス 160キロ
       小サバ 150キロ、ウスバハギ 60キロ
       カワハギ 70キロ
「石橋」定置:サバ 960キロ、小サバ 150キロ
       サバフグ 100キロ、ヒラソウダ 100キロ
       アカカマス 90キロ
「 岩 」定置:ヒラソウダ 60キロ ほか
「原辰」定置:ウスバハギ 50キロ、サバ 50キロ
「江の安」定:ヒラソウダ 60キロ ほか
「二宮」定置:イナダ 610キロ、アカカマス 200キロ
       マルアジ 250キロ、サバ 90キロ
       カワハギ 90キロ、ウスバハギ 70キロ
       イボダイ 40キロ
「福浦」定置:サバ 550キロ ほか
「大磯」定置:ウスバハギ 90キロ、アカカマス 110キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 85キロ ほか
「網代定置」:活チャイロマルハタ 1本

今年も「ヒラメ」は大漁が約束された。
そして、新たに小田原の刺網漁師の注目は「マコガレイ」へと移っている。
というのも、今年の春先に本格放流され、その成果が試される最初のシーズンがやって来るのだ。
定着や成長、そしてマーケットの成熟に至るまで新たな小田原の名物にまでなるかどうか、見届けたいと思う。ちなみに今月はすでに2枚獲れている。
もし、西湘の浜からの投げ釣りで釣れちゃったと言う人は、気軽に教えてね。

今日のヒラメ・・・ 303枚
posted by にゃー at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする