2015年12月26日

とにかく明るい魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:メアジ 50キロ、サバ 280キロ
「石橋」定置:メアジ 50キロ、サバ 100キロ
「 岩 」定置:サバ 150キロ ほか
「原辰」定置:カワハギ 75キロ ほか
「江の安」定:メアジ、サバ ほか
「二宮」定置:アジ、ウスバハギ ほか
「福浦」定置:ワラサ 100キロ、イナダ 850キロ
       カワハギ 230キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 270キロ
「川奈杉本」:メジナ、メアジ ほか

クリスマス休暇の影響か、市況は低調、購買欲も高まらず。
いつでもメタリックに輝く「メアジ」は「マアジ」の代替として人気を集めていたが、主役の「ゴマサバ」は量的にも少ないものの、さほど需要も伸びず、完全に消費は年末モード。「福浦」定置も久々の水揚げで本年最後。「イナダ」や「ワラサ」が「真鶴」定置も含めて姿を見せていたが、こちらも「サバ」同様に惣菜魚としての需要収束の流れ。今年はこのまま尻すぼみなのか、明日からまた一段と寒くなるようで、魚の増える見込みも少ない中、残り四日の営業日(ただし最終30日はほとんどの定置網は休漁の予定)を力一杯乗り越えていきたい。
その励みとするべく、明日の宿題、今のうちに答えを出しておく。

今年こその意気。
◎ キタサンブラック
○ ヒットザターゲット
▲ リアファル

皆さんに幸運を!


今日のヒラメ・・・ 119枚
posted by にゃー at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする