2018_fespos.jpg

2015年12月29日

背番号市の凄い魚市場が相手

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 330キロ、マルソウダ 50キロ
「石橋」定置:サバ 320キロ、メアジ 120キロ
       マルソウダ 50キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 90キロ、サバ 160キロ
       メアジ 60キロ
「原辰」定置:メアジ 40キロ、サバ 60キロ
       ヒラソウダ 40キロ
「江の安」定:メアジ 40キロ、サバ 40キロ
「二宮」定置:ウスバハギ、イシダイ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 50キロ、サバ 80キロ

「メアジ」と「サバ」の一騎打ち。そこへ大磯の「マアジ」が突如現れ、大逆転。
今年は日本海の王様「氷見のブリ」が全く入荷しないという異常な年末で、「ナマコ」も少なくきりきり舞い。「ヒラメ」も暮れに来て漁獲減少で、一気に価格高騰。
そんな魚が少ない季節でも、全国からの県名の荷引き。毎度ご苦労様です。そして今年もお世話になりました。

今日のヒラメ・・・ 68枚
posted by にゃー at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする