魚体中骨抜き器販売中

2016年02月26日

魚市場成功の鍵は名前にあり

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 80キロ、スズキ 40キロ
       活イシダイ 50キロ
「石橋」定置:サバ 90キロ、活イシダイ 50キロ
       スズキ 45キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:活イシダイ ほか
「二宮」定置:マルアジ、さば ほか
「福浦」定置:ブリ・ワラサ 50キロ、イナダ 30キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:活イシダイ 90キロ ほか
「沼津底曳」:ムツ 80キロ、ニギス 50キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 85キロ

北海道で君臨するコンビニの王者が、社名を縮めて「セコマ」になるとな?
道民にとって馴染みの店の、馴染みの相性が社名になれば、その親しみやすさは計り知れない。
2016_uochba.png「小田原魚市場」もそれに倣って、言いやすく馴染みやすい社名に変わるのも良いかも知れない。
来月には創設109年を迎える長寿企業に相応しい名前とは・・・ズバリ「おちば」であろう。

今日のヒラメ・・・ 194枚
posted by にゃー at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニギス

20160226_2giss.jpg

おいしい魚は相模湾。と散々言い続けては来たが、駿河湾でも美味い魚は獲れる。
その代表が「ニギス」、と私は思う。

天ぷらやフライも良いし、水っぽい身は干物にすれば美味さ100倍。

地方によっては煮付けや塩焼き、すり身にも良いらしい。

名前の由来は「シロギス」に似ている為ということだが、なかなかどうして「シロギス」にも負けない魅力を持つ魚だ。
20160226_2giss2.jpgそれなのに市場評価は「シロギス」の2割程度と低く見られているのは、なんとも可哀想。

量獲れることもその理由であろうが、相模湾ではまだまだ知名度が低いのも否めない。
小田原では「メギス」と呼ぶのが一般的らしいが、これはおそらく同じく深海性のエソ類である「メヒカリ(アオメエソ)」と区別しているのかも知れない。

ちなみにこれも獲れたのは駿河湾の深海(底曳き網)であり、「メヒカリ(アオメエソ)」も漁獲される海域で獲っている。

入荷のタイミングとしては、今回2日続けて入荷はしたものの、相模湾の魚市場では珍しいと言えるだろう。
これからも市場で見掛けたら、是が非でも購入をお奨めしたい魚である。
ラベル:グルメ 深海魚
posted by にゃー at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザラガレイ

20160226_zara03.jpg
グワーと開く大きな口。ギョロリと見つめる大きな目。

深海の底に這いつくばる「殺人インソール」
「ザラガレイ」である。


20160226_zara01.jpg20160226_zara02.jpg薄っぺらく、肉も少ない事からあまり食用には向かないようだが、16文くらいにまでなれば、少しは味わう事ができるかもしれない。

獲れたのは、やはり珍しく変わった魚が獲れる事で有名な駿河湾の底曳き網。

結局、これからも相模湾とは異なる深海魚の顔ぶれを紹介できる事を楽しみにしていると言う事だ。
ラベル:珍魚 深海魚
posted by にゃー at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベニカワムキ

20160226_beni.jpg

燃える男の赤い「カワハギ」のミニチュア、その名は「ベニカワムキ」。

「皮剥(は)ぎ」でなくて「紅皮剥(む)き」になるってのは、どう考えても人為的なミスか作為的な意味を感じるのは私だけだろうか。

普段棲んでいる海域は深海であり、その事は個体の色からも推察できる。
10センチくらいまでになるらしいが、この個体は3センチ程の小型であった。

生息域は駿河湾以南とされており、獲れたのはお察しのとおり駿河湾の底曳き網である。

これからも相模湾とは異なる深海魚の顔ぶれを紹介できる事を楽しみにしたいと思う。
ラベル:珍魚 深海魚
posted by にゃー at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボウズイカ

20160226_bozuika.jpg

ボウズが上手に庄司に入ってジョーズみたいに怖い社長の絵を描いた。
ということで、たびたび沿岸の定置網に入るミッキーマウスは「ミミイカ」とお知らせしてから早7年半。同じく耳付きのイカの仲間である「ボウズイカ」が獲れた。

獲れたのは、珍しく変わった魚が獲れる事で有名な駿河湾の底曳き網。

これからも相模湾とは異なる深海魚の顔ぶれを紹介できる事を楽しみにしている。
posted by にゃー at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする