2016年03月31日

魚市場 HOPE PAGE

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 110キロ、イナダ 50キロ
「石橋」定置:サバ、イナダ ほか
「 岩 」定置:サバ 350キロ、ボラ 50キロ
       小サバ 120キロ
「原辰」定置:メジナ、マルアジ ほか
「江の安」定:イシダイ 40キロ ほか
「二宮」定置:ブリ・ワラサ 500キロ、サバ 190キロ
       タチウオ 70キロ
「福浦」定置:ブリ・ワラサ 170キロ、イナダ 60キロ
       ウマヅラハギ 50キロ、スズキ 45キロ
       イシダイ 120キロ、ヒラメ 40キロ
「大磯」定置:アカカマス 170キロ、イシダイ 75キロ
       小サバ 200キロ、サバ 160キロ
       マルアジ 60キロ、イナダ 40キロ
       ワラサ 50キロ、カタクチイワシ 160キロ

 伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ・ワラサ 1.9トン
「真鶴定置」:ブリ・ワラサ 1.4トン
「川奈杉本」:クロダイ 230キロ ほか
「山下丸網」:サバ 130キロ ほか
「西伊豆釣」:釣アジ、釣マダイ ほか
「福浦沖曳」:生シラス 35キロ
「熱海丸網」:アカカマス 800キロ

 東方面からは、
「二宮沖曳」:生シラス 100キロ
「江ノ島網」:サワラ 40キロ ほか

ズラズラッと並ぶ行列、魚が並んで、人が並ぶ。青物に混じって白身もズラズラ。
この増殖が順調に続き、4月の好調へつながることを期待して。

今日のヒラメ ・・・ 173枚
posted by にゃー at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

時の流れに魚を任せた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワラサ 50キロ、イシダイ 70キロ
「石橋」定置:ワラサ 35キロ ほか
「 岩 」定置:スルメイカ 80キロ、イシダイ 100キロ
「原辰」定置:スズキ、メジナ ほか
「江の安」定:イシダイ 110キロ ほか
「二宮」定置:サバ 290キロ、ブリ・ワラサ 80キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 500キロ、アカカマス 110キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:サバ 440キロ、ブリ・ワラサ 70キロ
「網代定置」:ブリ・ワラサ 2トン
「真鶴定置」:ブリ・ワラサ 970キロ
「福浦沖曳」:生シラス 20キロ

今年は何かがおかしい。「ブリ・ワラサ」が獲れても続かないし、量も少ないようだ。獲れはじめは大型も混じり期待されたが、ここへ来て全体に萎み気味。「ワラサ」サイズになっても獲れてはいるが、量は昨年ほどではない。ま、昨年は異常とも言えるほどに獲れた年なので、これが普通なのかもしれないが。いや、天然の魚を相手に普通などと言うのもおかしいが。
いずれにしても春先に「チダイ(ハナダイ)」や「ホウボウ」が獲れても量が少ないし、「サバ」ですら急減する日がある。まして「マアジ」など、3月からが旬などと言うのも憚られるほどだ。これが一時の異常ならともかく、このところこんな印象が続くのだから否定のしようがない。
釣り人に、釣りをするなら魚がいるところへ糸を垂れろと言うが、今の相模湾は果たして糸を垂らすに足りうるのだろうか・・。確認しに行かねばなるまい。って、自分が釣りに行きたいだけじゃないのか?

今日のヒラメ ・・・ 79枚
posted by にゃー at 12:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

これぞ魚市場の地魚徴兵制

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ブリ・ワラサ 110キロ(16本) ほか
「 岩 」定置:スルメイカ 90キロ、サバ 150キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 50キロ、メジナ 35キロ
「江の安」定:イシダイ 90キロ ほか
「二宮」定置:カタクチイワシ 210キロ、サバ 130キロ
       ブリ 75キロ、ウマヅラハギ 50キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 140キロ、アカカマス 170キロ
       サバ 50キロ

 伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ 900キロ(139本) ほか
「山下丸網」:ブリ 80キロ、スルメイカ 230キロ
       イサキ 120キロ
「真鶴定置」:サワラ 400キロ(68本) ほか
「熱海丸網」:アカカマス 580キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:コノシロ 60キロ

開花宣言から一週間、小田原の桜はまだまだお堀端でチラホラという所だが、市場の「サワラ」は相変わらずの花びら回転満開状態。目廻り5キロの極上サイズがずらりと並ぶ、まるでプチ軍事パレード。
「ブリ」、「ワラサ」の精鋭が前線に揃えば、脇を固める春の魚たる「マダイ」や「チダイ」にしても層が厚くなる一方で、「マアジ」の主力戦隊は相変わらずの安定感。今日も小田原の地魚戦隊は強力な団結を持って、広く市民の健康の専守防衛に努めているのである。

今日のヒラメ ・・・ 272枚
posted by にゃー at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

レンタルの魚市場で商売

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ 280キロ、サバ 130キロ
       イシダイ 80キロ、スズキ 80キロ
       チダイ 50キロ、ホウボウ 50キロ
「石橋」定置:ブリ 420キロ、イシダイ 80キロ
       スズキ 60キロ、サバ 50キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 180キロ、ワラサ 60キロ
      サバ 50キロ 
「原辰」定置:メジナ、スズキ ほか
「江の安」定:イシダイ、スルメイカ ほか
「二宮」定置:ブリ・ワラサ 1.6トン、サバ 530キロ
       アジ 60キロ、ウマヅラハギ 60キロ
「福浦」定置:サバ 340キロ ほか
「大磯」定置:アジ 460キロ、アカカマス 300キロ
       サバ 120キロ、小サバ 180キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:スルメイカ 270キロ、ブリ 80キロ
       イサキ 100キロ、ヒラマサ 3本
「真鶴定置」:サワラ 980キロ(210本) ほか
「網代定置」:ブリ 960キロ(139本)
「西伊豆釣」:釣アジ、釣マダイ ほか
「網代釣船」:釣イサキ 30キロ
「川奈杉本」:クロダイ 240キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:コノシロ 50キロ ほか

おっさんレンタルお坊さんレンタル家族もレンタル、なんでもレンタルの時代。
魚がいっぱい獲れた時は、魚市場もレンタルの時代。
必要な時に、必要なだけ。必要とされる市場になることが、存続の条件。

今日のヒラメ ・・・ 187枚
posted by にゃー at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

魚市場職員のくせに何だ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ 1.1トン ほか
「石橋」定置:ブリ 1トン ほか
「 岩 」定置:ブリ 2.6トン、イナダ 140キロ
      スルメイカ 80キロ
「原辰」定置:ヒラマサ、ウルメイワシ ほか
「江の安」定:イシダイ、スルメイカ ほか
「二宮」定置:ブリ 4.3トン、イシダイ 80キロ
「福浦」定置:ブリ・ワラサ 120キロ ほか
「大磯」定置:アジ 300キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 570キロ
「山下丸網」:ブリ・ワラサ ほか
「川奈杉本」:クロダイ 50キロ
「伊東釣船」:釣キンメダイ 25キロ

 東方面からは、
「二宮沖曳」:生シラス 25キロ

20160326_nanda.jpg魚のことだけを考えてれば良いとお思いでしょう。
ところが、そうは問屋も仲卸も卸しません。
勤めているのが人間ならば、世間話も常識も必要になります。
明日の天気から今朝の水揚げ情報、そして新しい新幹線の話、隣の奥さんのホクロの位置までも。

今日のヒラメ・・・ 283枚
posted by にゃー at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

この素晴しい魚市場に祝福を

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ 2.4トン、サワラ 560キロ
       イナダ 100キロ、スズキ 100キロ
       サバ 130キロ、スルメイカ 100キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ブリ 550キロ、サバ 240キロ
       スルメイカ 80キロ、小サバ 660キロ
「原辰」定置:ブリ 60キロ ほか
「江の安」定:ブリ 550キロ ほか
「二宮」定置:ブリ 4.6トン、サバ 100キロ
「福浦」定置:カタクチイワシ ほか
「大磯」定置:アジ 260キロ、ブリ 80キロ
       アカカマス 50キロ、マルアジ 40キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 470キロ、サワラ 150キロ
「網代定置」:サワラ 500キロ

「ブリ」と「サワラ」の共演。そこへ混じる湘南の「マアジ」。相模湾の恵みで構成された、まさに異世界のパーティ。春の準備はこれでオッケー。
「ブリ」の目廻りは6キロ台にまで落ちては来たが、身質はむしろ向上の傾向。使いやすいと評判で、まだまだ寒い今なら美味い脂も堪能の充実度。この存在感は無双。
「サワラ」は3〜5キロの通常サイズ主体にして、5〜7キロの極上サイズまで混じりながらの天国状態。身に入る差しの見事さは、舌の上に載せてこその至上の一品。妄想だけなら最強の魚。
この冬を越えた魚たちの持つポテンシャルやスキルが合わされば、今こそ料理にして最大のパフォーマンスを発揮することが期待されることだろう。

今日のヒラメ・・・ 284枚
posted by にゃー at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする