2016年03月25日

この素晴しい魚市場に祝福を

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ 2.4トン、サワラ 560キロ
       イナダ 100キロ、スズキ 100キロ
       サバ 130キロ、スルメイカ 100キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ブリ 550キロ、サバ 240キロ
       スルメイカ 80キロ、小サバ 660キロ
「原辰」定置:ブリ 60キロ ほか
「江の安」定:ブリ 550キロ ほか
「二宮」定置:ブリ 4.6トン、サバ 100キロ
「福浦」定置:カタクチイワシ ほか
「大磯」定置:アジ 260キロ、ブリ 80キロ
       アカカマス 50キロ、マルアジ 40キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 470キロ、サワラ 150キロ
「網代定置」:サワラ 500キロ

「ブリ」と「サワラ」の共演。そこへ混じる湘南の「マアジ」。相模湾の恵みで構成された、まさに異世界のパーティ。春の準備はこれでオッケー。
「ブリ」の目廻りは6キロ台にまで落ちては来たが、身質はむしろ向上の傾向。使いやすいと評判で、まだまだ寒い今なら美味い脂も堪能の充実度。この存在感は無双。
「サワラ」は3〜5キロの通常サイズ主体にして、5〜7キロの極上サイズまで混じりながらの天国状態。身に入る差しの見事さは、舌の上に載せてこその至上の一品。妄想だけなら最強の魚。
この冬を越えた魚たちの持つポテンシャルやスキルが合わされば、今こそ料理にして最大のパフォーマンスを発揮することが期待されることだろう。

今日のヒラメ・・・ 284枚
posted by にゃー at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする